二の腕に放射状に白い筋!太ももには太いシワのような肉割れができてエステに通った体験談

予期せぬタイミングでできてしまったお腹や太もも、二の腕などの肉割れ・妊娠線。
そんな場合、治療方法として

  • 自宅で地道に専用クリームを用いたセルフケア・マッサージ
  • 美容整形外科でのレーザー治療

などの選択肢があることは、【肉割れ 治し方】ほぼ肉割れが消えた管理人のオススメ対策をまとめて紹介しますッ!!という記事でまとめました。

また肉割れを美容整形外科で治療する場合、費用が高額、クリニック選びが難しいという理由だけでなく、使用するレーザー機器との相性によっては予想したほどの解消効果がでないことがある……という事実も妊娠線をレーザー治療で消す場合の注意点とクリニック選びという記事で書きました。

とはいえ

自己流の肉割れケアで非穏当に綺麗に治るの……!?

という理由から、美容整形外科でしっかり肉割れ・妊娠線ケアをされる方も少なくなく、今回はそんな方から貴重な肉割れ治療の体験談が届きました。

果たして美容整形外科でのレーザー治療の効果は実感できたのでしょうか!? 一緒にみていきましょう。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

二の腕の放射状の白い筋・太ももの太く白い肉割れをレーザー治療された体験談

神奈川県在住の20代女性です。仕事の関係でアメリカに1年間住んでいました。

それで食生活がガラリと変わって、日本に帰国する頃には10キロも太っていました。太っただけでなく、二の腕と太ももに肉割れが出来てしまっていました。

二の腕は白い筋が放射状に走っていて、太ももは白い筋が太く、シワのようにクッキリと肉割れが出来ていました。おまけにセルライトまで出来て、でこぼこする皮膚は我ながら醜く、絶対に肌を露出したくない、と思いました。

日本に帰国してからは、日本食を食べていましたから、緩やかに6キロ体重は落ちましたが、ますます肉割れが気になりました。

インターネットで調べても自己流では肉割れの改善は難しそうでしたから、思い切って美容整形外科に行きました。急激に太り、裂けてしまった肌奥の真皮にレーザーなどの機器を使い、肌の代謝を良くしてもらう方法でした。

マッサージもしてもらい、血流が良くなっていく感じがしました。 同時にダイエットとして、ウォーキングも始め、汗をかいて血行を良くする事を心がけました。

3か月程、美容整形外科に通い、自宅でも肉割れ部分のマッサージをした結果、だいぶ肉割れが目立たなくなりました。

腕の放射線の白い筋が薄くなり、太ももの太い筋も、完全ではありませんが、消えました。セルライトも少し減った気がしました。ダイエットの甲斐があり、体重は元にもどりました。

美容整形外科はお金がかかりますが、肉割れには効果がありますから、悩んでいる方は思い切って美容整形外科に通ってみたら良いと思います。

以上、当ブログに寄せられた体験談となります。貴重な肉割れ治療の体験談、ありがとうございました!

【肉割れの原因】海外生活で食生活も変わり体重が増加

体験談の冒頭にもあるとおり……

日本に帰国する頃には10キロも太っていました。太っただけでなく、二の腕と太ももに肉割れが出来てしまっていました。

今回、彼女の二の腕と太ももにできた肉割れの原因は、海外生活で食生活が変わったことによる短期間での急激な体重増加と体型の変化と推測されます。

そもそも肉割れ・妊娠線のできる条件は

  1. 短期間での急激な体重増加・体型の変化
  2. 真皮や皮下組織の乾燥
  3. 皮下脂肪の量が増える

これらの3つが主な条件で、今回の方は少なくとも①、③は満たしているため、肉割れができる条件としてはバッチリ整ってしまったのでしょう。

初期は赤・赤紫・茶色⇨時間が経過すると赤みが引き白く凸凹した状態に

肉割れの状態については体験談の中でこう表現されています。

二の腕は白い筋が放射状に走っていて、太ももは白い筋が太く、シワのようにクッキリと肉割れが出来ていました。

残念ながら、二の腕と太ももに白い筋のような肉割れ線がくっきりとできてしまったようです。そこで注目すべきは白い筋という部分。

通常、できた当初は菲薄化した表皮の奥の亀裂・断裂が赤・赤紫色に透けてみえるため、肉割れ線はミミズ腫れのような痛々しい状態の方が多く、時間の経過とともに数ヶ月をかけて白く凸凹した肉割れに変わります。

これについては以前にも記事を書いてます。

【赤・赤紫色の肉割れは消える?】じつは肉割れケアを始める絶好のチャンスだった!!
このページを見つけてくれたということは、もしかして…… と、ある日突然あらわれた赤みの強いミミズ腫れのような肉割れ線・妊娠線を発見し、慌ててネットで解消法を検索してましたね! 当記事ではそんな赤・赤紫色の肉割れを解消する...

ここでは

このまま放置していると、時間とともに赤い部分の皮膚が落ち着いてくることで赤みは引いてはきますが、今度は白っぽい傷跡のような状態となってしまいます。多少は目立たなくはなってきますがその反面、キレイに治りづらい肉割れ、治療に時間のかかる肉割れと進んでしまいます。

という具合に、赤みが引くと肉割れ線そのものは目立たなくなるけれども、治療の面では治療に時間を要する治りづらい状態になるとお伝えしました。

できることなら、白い筋となる前の赤・赤紫色の段階で早めの肉割れケアを開始するのが肉割れケアのポイントなのです。

美容整形外科でのレーザー治療の効果は!?

そこで投稿者さまが悩んだ末に選んだ肉割れケアが……

インターネットで調べても自己流では肉割れの改善は難しそうでしたから、思い切って美容整形外科に行きました。裂けてしまった肌奥の真皮にレーザーなどの機器を使い、肌の代謝を良くしてもらう方法でした。

とセルフケアに自身がなかったため、美容整形外科でレーザー施術を選ばれました。

因みに美容整形外科でのレーザー施術については、【肉割れレーザー効果!】肉割れや妊娠線をレーザー治療で消すという記事でも書いたように、

レーザー治療の場合は平均的なレーザー照射の施術費用として25,000円を6回行う場合で、トータルで約15万円かかることになります(実際問題、この回数で解消できるのは非常に軽度の肉割れとなります)

と肉割れが治るかどうか別として施術費用はかなり高額となります。またレーザー機器との相性が悪いと稀に軽度の火傷状態になるリスクもあるため、治療費だけで選ばずカウンセリングを重ねて慎重に選んでください。

ちなみに投稿者さまの肉割れの状態は……

腕の放射線の白い筋が薄くなり、太ももの太い筋も、完全ではありませんが、消えました。セルライトも少し減った気がしました。

同時にダイエット、ウォーキングなど血行促進効果のあるエクササイズも取り入れたこともあり、3ヶ月程度でかなりの効果があったようで何よりです!

まとめ

海外生活で急激に太った結果、二の腕や太ももにできた肉割れ線を、見事クリニックのレーザー治療により解消された体験談でした。

体験談の最後では

美容整形外科はお金がかかりますが、肉割れには効果がありますから悩んでいる方は思い切って美容整形外科に通ってみたら良いと思います。

とアドバイスされていました。

大部分の方は、まず肉割れ・妊娠線クリーム等でセルフケアから始めますが、最終的な肉割れケアの選択肢の1つとしてレーザー治療もあると知っていれば安心してセルフケアも続けていけますよね。

できてしまった肉割れのケアは地道な保湿ケアやマッサージがメインで時間がかかります。焦らず継続するためにも他の治療方法も頭に入れておくといいですよ。レーザー治療の体験談は以上となります!