【早い時期に始めた予防ケアの効果で完璧に妊娠線を防げた!!】専用クリーム⇨オイルと切り替えた妊娠線予防体験談

前回、妊娠線専用のものでなくてもいいじゃん!と思った結果……酷いヒビ割れができてしまった体験談では油断した結果、くっきり妊娠線ができてしまった方。

また前々回は、自分には妊娠線は出来ないと根拠のない自信が災いして……1人目の出産で妊娠線が下腹部にできた体験談では、根拠もなく妊娠線ができないと決めつけ、結果、思いっきりできちゃった方。

と立て続けに予防できなかった方が登場しました。

そこで……

やっぱり妊娠線ケアを頑張ったところで、結局できるんじゃないの……!?

という方も多くおられると思うので、今日は先日当ブログに届いた妊娠線をバッチリ予防できた体験談をご紹介!

これから妊娠線を始めようかな……というアナタ、必見の体験談ですので、是非参考にしてみてください。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

半信半疑ながらお風呂上がりにボディクリームをしっかり塗ったところ……

以下、当ブログによせられた体験談を原文のまま掲載します。

東京都に住む30代半ばの主婦です。
昨年、第一子を妊娠し、先日出産しました。比較的若くない年齢での妊娠・出産だったこともあり、妊娠線ができてしまうのではないかと、妊娠直後から怯えていました。

そのため妊娠線予防についてはネットで調べ、早いうちからの対策が大事なようでしたので、まだお腹が大きくならない妊娠2〜3ヶ月頃からケアを始めました。

具体的なケア方法は、保湿が大切ということだったので、まずは半信半疑ながらお風呂上がりにボディクリームをしっかり塗るという対策をしました。

また、急激な体重の変化は妊娠線をできやすくするということだったので、なるべくその点も気をつけました。妊娠初期に少し体重が一気に増えましたが、だいたい毎月1kg程度増加というペースを保ちました。

続けていたところ、そこそこにお腹が大きくなってきても妊娠線ができずにいたので、自分なりに効果を感じていました。

しかしどんどん大きくなるペースが早くなるお腹に不安になり、購入したボディクリームがなくなった頃から、今度はボディオイルに切り替えてケアをすることにしたのです。

オイルは保湿ができている感がクリームよりあり、更に安心感がありました。

このようなケアを続けていた結果、妊娠線はできずに出産を迎えることができました。
ただ、正中線だけはできてしまい、現在それを消せるよう、オイルケアを続けているところです。

正中線はまだ消えていませんが、出産直後に皮膚の伸び縮みがあったせいかシワシワ・カサカサしてしまっていたお尻などの部分は、オイルケアをしたら数日で綺麗になったので、オイルケアはやはり効果的なように思いました。

貴重な妊娠線予防に成功された体験談、ありがとうございました! こういった成功体験談を読むと、なんかモチベーションもアップしますよね。

では次項で今回の投稿者さんの妊娠線予防ケアの何が良かったのかを分析してみたいと思います。

年齢とともにお肌は伸びづらくなるため、妊娠線ケアは重要に!!

体験談の冒頭にも……

比較的若くない年齢での妊娠・出産だったこともあり、妊娠線ができてしまうのではないかと、妊娠直後から怯えていました。
早いうちからの対策が大事なようでしたので、まだお腹が大きくならない妊娠2〜3ヶ月頃からケアを始めました。

と、比較的若くないということを自覚し、妊娠~出産にむけ自ら妊娠線ケアについてリサーチされ、早めの妊娠線ケアをスタート。

 

大正解です!!

そうです、当ブログの体験談でも『妊娠中期~』という方が目立ちますが、妊娠線ケアを始めるなら妊娠線ケアは早ければ早い方が効果的

よって今回の投稿者さんのように妊娠2~3ヶ月目あたりから始めるのがポイントなのです。

また妊娠線のできる3つの条件……

  1. 短期間での急激な体重増加・体型の変化
  2. 真皮や皮下組織の乾燥
  3. 皮下脂肪の量が増える

という部分をしっかりご理解されていたようで、

妊娠初期に少し体重が一気に増えましたが、だいたい毎月1kg程度増加というペースを保ちました。

このように体重管理もしっかりなさっていたようです。

この部分もバッチリです!!

当ブログ恒例、肉割れ・妊娠線の体験談にもこれまで数多くの体験談が寄せられてきましたが、妊娠線ケアとしてはほぼパーフェクトな対応でしょう。

正直、ここまで徹底的に妊娠線ケアを行われる方はレアですが、ここまで徹底すれば高確率で妊娠線は予防できるハズです。

妊娠線クリーム⇨妊娠線オイルに切り替えたのが功を奏した!!

また具体的な妊娠線ケアについてはこうあります。

しかしどんどん大きくなるペースが早くなるお腹に不安になり、購入したボディクリームがなくなった頃から、今度はボディオイルに切り替えてケアをすることにしたのです。

オイルは保湿ができている感がクリームよりあり、更に安心感がありました。

このあたりも結果として妊娠線ケア成功に一役買っていたのかもしれません。

妊娠線クリームとオイルはどっちがいいの!?

ここでもしかすると……

え!? 妊娠線クリームより妊娠線オイルの方が効果あるの!?

と誤解される方もいるかもしれませんが、それについては以前にも記事を書きました。

【肉割れにはクリームとオイルどっち?】肉割れケアのオイルとクリーム徹底比較してみた
ある日突然、前触れもなくお腹やお尻、太ももにあらわれる肉割れ・妊娠線……発見後、1日でも早いケアが解消のカギを握っていますが、そんな中…… こんな風に、肉割れケア商品選びの段階でつまづき、ネットで情報を集めていませんでしたか?...

ここでは……

よってクリーム状かオイル状かは問題ではありません。

その商品の保湿力、浸透力、どれだけ皮下組織や皮下脂肪の弾力性をサポートできるか…という部分で決めたほうが失敗しないはずです。

とお伝えしました。

そもそも妊娠線クリームも妊娠線オイルも目的は一緒で『妊娠線のできづらい伸びやすく柔らかい潤ったお肌に変えること』です。要はクリーム状かオイル(液体)状かの違いにすぎません。

クリームかオイルか!?ではなく、重要なのは妊娠線を予防・解消する成分がどれだけ含まれているか!?

じっさいアナタのお肌との相性はしばらく塗ってみないとわかりません。

なので妊娠線に効果のある成分をたっぷり含んだ商品がクリームであればクリームもよそい。もしオイルだったらオイルでもぜんぜん構いません。

むしろ出産までコツコツ地道に塗り込むことを考えたら、

  • 香りはどうか!?
  • 伸びやすいか!?
  • コスパはどうか!?

などを気にして選んだ方がいいと思いますよ。

今回の投稿者さまは妊娠線クリームよりもオイルの方が安心感があった……とあったので、その選択は正解だったのでしょう。

結果……妊娠線を完璧に予防できた!!

結果、体験談の後半にあるように……

このようなケアを続けていた結果、妊娠線はできずに出産を迎えることができました。ただ、正中線だけはできてしまい、現在それを消せるよう、オイルケアを続けているところです。

おめでとうございます!!
当ブログに届く肉割れ・妊娠線の体験談の多くが『慌てて妊娠線ケアを始めてみたけど最終的にできちゃった!!』という中、見事に妊娠線を予防できたとのこと。

やはり計画的に妊娠線ケアをスタートし、地道に継続すれば効果はでるのです。こういったご報告、当ブログ的にもかなり嬉しいです。

まとめ

残念ながら正中線はできてしまったようですが、こちらも時間をかけてじっくりとケアしてあげることでしだいに薄く目立たなくなってきます(とはいえ完璧に消し去るのは厳しいです)。

体験談の最後にも……

正中線はまだ消えていませんが、出産直後に皮膚の伸び縮みがあったせいかシワシワ・カサカサしてしまっていたお尻などの部分は、オイルケアをしたら数日で綺麗になったので、オイルケアはやはり効果的なように思いました。

とオイルケアを続けておられるようですが、妊娠~出産後もしばらくはホルモンバランスも崩れがちな上、夜泣きやぐずりなどで睡眠不足やストレスも溜まりがちです。

中には出産後の肉割れを消す!産後にできた肉割れ・妊娠腺の対処法という、産後に妊娠線ができちゃうケースもあるため、しばらくは気を抜かずにケアを続けていきましょう。以上、今回の妊娠線予防に成功された体験談でした!