お腹に気をとられて胸(おっぱい)に妊娠線ができちゃった!!オイルで妊娠線ケア継続中の体験談

『妊娠線=お腹まわりにできるもの』

こんなイメージをされる方も多いですが、ある一定の条件を満たせば胸、お尻、太もも、二の腕……妊娠線はどこにでもできます。

当ブログでもこれまで、【妊娠線バスト消えない】胸(おっぱい)に肉割れができる理由と消す方法だったり、太ももや二の腕にも妊娠線はできる?お腹以外の妊娠線の予防と解消などで部位別の妊娠線について解説してきました。

そんな中、本日当ブログに届いた妊娠線の体験談は……

嘘!? お腹ばかりに気を取られていたら……いつの間にか!!

と予想外の部位に妊娠線ができてしまい必死で妊娠線ケアを始めたという女性。

今回の女性のように、予想外の場所に妊娠線ができて慌てないためにも、お腹まわりに限定せず広範囲に妊娠線ケアを行っておきましょう!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

まさかの場所に妊娠線! お腹はしっかりケアしていたのに……!!

以下、本日当ブログによせられた妊娠線の体験談です。

神奈川県に住んでいる30代主婦です。

2年前に妊娠が発覚し、日に日にお腹が大きくなっていきました。
元々やせ形だからか周りの同じような月齢のお母さんよりも大きくなるのが早かったようです。

そういったこともあったので、ネットでも見る妊娠線にはずっと気を付けて市販のボディクリーム等を毎日お風呂後にお腹に塗っていました。

結果お腹に妊娠線は全く出来なかったのですが、なんとなく目線を下ろしたところ、胸に立派な妊娠線が出来ていました。

思い返してみれば、妊娠後お腹が大きくなる前から胸は大きくなり張っていました。
しかし胸が大きくなったことに喜びはするものの妊娠線のことなんて考えてもおらず、ボディクリームなどの対処は全くしていませんでした。
完全にお腹に気をとられていた結果だと思います。

いつ出来たのかも今となっては分からないのですから。

とりあえず気付いたからにはどうにかしなければと妊娠線専用のオイルを購入し、その日から毎日お風呂後に胸とお腹に丹念に塗るようにしました。

それから出産し、毎日の育児に追われながらもオイルを塗り続けていたところ、徐々に薄くなってきたように感じます。
妊娠線は一生消えないと言われていたので驚きです。

妊娠線が消えたのがオイルのおかげなのか、単純に子どもにおっぱい吸われ過ぎてしぼんだことが要因なのかは分かりませんが、私は諦めずにオイルを塗り続けて良かったと思います。

効果には関係ないですが、オイル自体がとてもいい香りがするので妊娠中の気分転換になったことも大きかったです。

お腹の妊娠線ばかりに気をとられ胸やお尻、二の腕にできる人は多い!!

じつは今回のような、お腹まわりに気を取られ、結果としてお腹以外の部位に妊娠線ができてしまう方はけっこう多くおられます。

中でも、お腹まわり以外の妊娠線ができやすい部位として必ず上位に登場するのが『胸・おっぱいの妊娠線』。胸の妊娠線については以前にも、【胸(バスト・おっぱい)の肉割れを消す】薄く目立たなくする方法教えます!という記事を書きました。

ここでは

皮下脂肪の多い部分は肉割れのできる可能性が高い部分だといえます。ですので皮下脂肪の多い胸はそもそも肉割れのできやすい部分なわけです。

として、お腹まわりの次に胸やおっぱいは妊娠線デンジャーゾーンだとお伝えしました。そんな危険部位にも関わらず今回の女性は……

思い返してみれば、妊娠後お腹が大きくなる前から胸は大きくなり張っていました。
しかし胸が大きくなったことに喜びはするものの妊娠線のことなんて考えてもおらず、ボディクリームなどの対処は全くしていませんでした。

と恐ろしいことに、お腹まわりに気を取られ、胸(おっぱい)は完全にノーマーク状態だったとのこと。自業自得というと言い過ぎかもしれませんが、当ブログ的にはあまりにも無謀すぎると思います。

妊娠初期なら保湿クリーム。妊娠中期以降は本格的な妊娠線クリームを用いてケアしておけば、少なくとも今の妊娠線の症状より軽い状態で済んだと思います。

とはいえ放置したところで妊娠線は消えません。

できてしまった場合、予防クリームよりも『妊娠線のアフターケア用クリーム』といった専用商品で地道にケアを続けるのが現実的な対策となるため、同じ状況のアナタも諦めずにアフターケアを始めておきましょう。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線商品ならクリームでもオイルでも自分に合った方を選ぶのがベスト!!

また体験談の中盤に……

とりあえず気付いたからにはどうにかしなければと妊娠線専用のオイルを購入し、その日から毎日お風呂後に胸とお腹に丹念に塗るようにしました。

と妊娠線のアフターケア用クリームではなく妊娠線ケアの専用オイルを購入したとありますが、【肉割れにはクリームとオイルどっち?】肉割れケアのオイルとクリーム徹底比較してみたでもお伝えしているように、クリームでもオイルでも自分の肌質に合ったモノならどちらでも構いません。

最低限、ホルモンバランスも崩れ気味な妊娠時期だけに、

  • 刺激の強すぎるクリームやオイル
  • ニオイのきつすぎるクリームやオイル

だけ注意してもらえば基本的にどれでもOK。どれが自分の肌質に合っているのか始めは少量ずつ購入してお肌の様子や妊娠線の変化をみるようにしましょう。

継続できる金額なのか!? 最悪お肌に合わない場合は返金できるのか!? などできるだけノーリスクで試せる商品から始めてみるのをオススメします。

アフターケア用クリーム・オイルなら限界まで薄くできるかも!?

残念ながら胸にしっかりと妊娠線ができてしまった今回の女性ですが、嬉しいことに……

オイルを塗り続けていたところ、徐々に薄くなってきたように感じます。
妊娠線は一生消えないと言われていたので驚きです。私は諦めずにオイルを塗り続けて良かったと思います。

なんと妊娠線オイルの効果なのか、妊娠線が徐々に薄く目立たなくなってきたとのこと。きっと使用したオイルと肌質の相性もピッタリだったのでしょう。

通常、できてしまった妊娠線は、赤いミミズ腫れのような症状⇒赤みが引いて白く凸凹した妊娠線へ変化します。自然治癒力が低い真皮層だけにオイルやクリームで栄養成分をサポートすることでより薄く綺麗に回復できるはずです。

まとめ

以上、お腹まわりに気をとられ胸に妊娠線ができてしまった体験談をご紹介しました。

当ブログでは何度もお伝えしていますが……

肉割れは正式には線状皮膚萎縮症とか皮膚線条とよばれる皮膚の症状で、妊婦さんの妊娠線も同じ線状皮膚萎縮症といえます。
肉割れができる最大の原因は体型や体重が急激に変化すること

妊娠やダイエット、リバウンドと短期間で大きな皮膚の伸びるような変化が起きた時、薄くて伸びやすい表皮はその力に対応できますが、厚く伸びにくい真皮や皮下組織は表皮のように一気に伸びることができません。
その時に真皮や皮下組織の限界を超えて引っ張られた場合に裂けて亀裂が生じます、この状態が肉割れと呼ばれるものです。

というのが妊娠線のできる条件で、

  • 体型や体重が急激
  • 乾燥肌や伸びづらい肌質

上記2つの条件が整えば胸でも二の腕でもかんたんにできます。できてしまった慌てないよう、少しでも早い時期から広範囲に妊娠線ケアを行っておきましょう。