【1人目、2人目の出産では妊娠線ができなかったのに…!!】裏もも・膝裏に妊娠線ができちゃった体験談

当ブログでは以前に、妊娠初期・中期・後期でやっておくべき妊娠線予防という記事をアップしたところ、『参考になった』『自己流で妊娠線ケアしないでよかった!』など嬉しいコメントを多数いただきました。

しかしながら医療機関での妊娠線ケア、専用クリームを用いての妊娠線ケアだと予算もかかるため

どうにか自己流でお金のかからない妊娠線ケアないのかな……!?

こんな女性も少なくなく、自己流の妊娠線ケアを続けた結果、取り返しのつかない状況に困る方もおられます。

今回の肉割れ・妊娠線の体験談に登場される方もそんな1人……運よく改善してきたようですが、最悪の状況に陥らないためにも最初から効果のある妊娠線ケアをやっておきたいものです。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線や肉割れを消すクリームじゃなく自己流で対処した結果……

では早速、当ブログによせられた妊娠線の体験談をご覧ください。

東京都在住、30代です。

3人の子供を妊娠出産しました。
始めての妊娠の時にはお腹に妊娠線が出来るのでは、と不安になっていましたしたが、23歳と若かった為か妊娠線は出来ませんでした。

2人目の妊娠出産の時もまだ若かったおかげか、妊娠線は現れませんでした。

ところが30歳を過ぎてからの3人目の妊娠出産時の時に、体重がかなり増えました。
妊娠線はお腹に出来ませんでしたが、太ももの裏側から膝裏にかけて肉割れが出来てしまいました。

私はもともと足は脂肪がつきにくく、足が細めだったので、急激に太くなった為に皮膚が伸び切らず、肉割れが出来てしまったようです。
セルライトまで出来てしまった為、落ち込みました。

インターネットで調べても、エステに行かない限り、治すのは難しそうでした。

ネット通販の高額な妊娠線や肉割れを消すクリームはイマイチ信用できなくて、自己流で対処する事にしました。

エステの妊娠線や肉割れの対処法を見てみると、専用マッサージ器でマッサージする事で血流やリンパの流れを良くし、老廃物を流す、といった方法でした。

専用マッサージ器はありませんが、肩や背中用のマッサージ器を持っていたので、試しに肉割れ部分に当ててみる事にしました。

毎日、お風呂上がりにテレビを見ながらマッサージ器で太もも裏側から膝裏にマッサージをしました。

ダメ元でやっていたのですが、1か月程続けていたら、肉割れが薄くなってきました。
白っぽい肉割れ線が徐々に肌色っぽく変わっていて、前より目立たなくなりました。

完全になくなった訳ではありませんが、面倒臭がらず毎日マッサージしてよかったです。

意外と多い2人目、3人目で初めて妊娠線のできる女性!!

まず注目すべきはこの部分。

ところが30歳を過ぎてからの3人目の妊娠出産時の時に、体重がかなり増えました。
妊娠線はお腹に出来ませんでしたが、太ももの裏側から膝裏にかけて肉割れが出来てしまいました。

1人目と2人目の出産ではまったく妊娠線ができなかったものの、3人目で初めて妊娠線ができたという今回の女性。じつはこんな2人目、3人目で初めて妊娠線ができる女性は意外と多いのです。

  • 前回は大丈夫だったため保湿やマッサージの手を抜いてしまった
  • 前回の出産時とは肌質が大きく変わってしまった

理由は人それぞれですが、体型や体重は変わらずとも妊娠線ができてしまうパターンもあります。もちろん赤ちゃんの成長スピードも違えば生まれてくるときの体重も違うため、

前回はできなかったから今回も大丈夫でしょ!!

という根拠のない甘い考えは捨てておきましょう。

加齢により肌質が硬く伸びづらくなっているのですから、2人目、3人目の出産は前回以上に妊娠線予防ケアを本格的に行うくらいの心構えでいてください。

ネット通販の高額な、妊娠線や肉割れを消すクリームはイマイチ信用できない!!

また彼女ができてしまった妊娠線を改善させるために選んだ方法は……

ネット通販の高額な、妊娠線や肉割れを消すクリームはイマイチ信用できなくて、自己流で対処する事にしました。

と、ネット通販で目にする妊娠線クリームやオイルがイマイチ信用できないため、自己流で対処されたとのこと。これも1つの選択肢ですが、結論からいうと……

妊娠線のアフターケア用クリームを併用すれば、もっと改善できたはず!!

当ブログ管理人の経験上、こう思います。

ネット通販の妊娠線のアフターケア・クリームは妊娠線ケアに特化した成分

そもそもネット通販の妊娠線クリームを信用する・信用しないはどちらでも構いませんが、巷で評判の妊娠線ケアクリームは市販の保湿クリームと違い、

  • 表皮の奥まで保湿する浸透力→伸びやすく断裂しにくい皮膚組織へ
  • 豊富な栄養成分・美容成分→ダメージを受けた真皮層を活発化させ修復を早める

という具合に妊娠線のケアに特化した成分のみ配合しています。

わかりやすく一覧にすると

入手性・手軽さ価格・費用保湿力・浸透力予防・解消効果
薬局の保湿クリーム

肉割れ専用クリーム

このように効果や配合成分がまったく違ってきます。

なぜネット上に妊娠線・肉割れクリーム効果無しという声があるのか!?

とはいえネット掲示板や@コスメ等のクチコミサイトをみると……

妊娠線クリームたっぷり塗ったんだけど、普通にできちゃった……!!

こんな書き込みやレビューも多く、結果、この手の商品を信用できないという方もいます。きっと今回の女性もそんな一人なのでしょう。

しかしながら、そういったクチコミの多くは……

  1. アナタの肌質・肉割れとの相性が合わなかった
  2. 改善するまで継続できなかった
  3. そもそも効果の薄い商品を選んでしまった

そもそも効果の薄い商品を選んでしまったり、地道に継続できなかったために改善できなかった方がほとんど……しっかり選んでコツコツ継続できれば高確率で予防・解消できたはずなのです。

そもそもまったく効果の無い商品だったらこれほど多くの女性が購入するワケもなく、メーカーも販売を続けることはできません。

出産の前後の数か月だけ効果的につかうなら、効果の期待できな市販の保湿クリームより遥かに価値はあるかと思います。

まとめ

以上、3人目の出産で初めてできてしまった妊娠線を、妊娠線クリームが信用できないため自己流で妊娠線ケアを行ったママさんの体験談でした。

本当は妊娠中から地道に妊娠線ケアを続けて予防するのが一番ですが、肌質や体重増加、赤ちゃんの成長スピードなどの理由で、避けられないケースもあります。

そんな場合でも、慌てず冷静にできちゃった妊娠線にベストな対策を選んでおきましょう。