【太っていないのに肉割れが!】要注意!肥満だけが肉割れの原因じゃない!

妊娠中、またはダイエット中の方にとってある程度は『想定の範囲内』といえる肉割れや妊娠線。予想できれば専用クリームや保湿マッサージで防ぐこともじゅうぶんに可能ですよね。

むしろ肉割れ・妊娠線ケアにおいて厄介なのが『まったく想定していなかった!』と予想外のタイミングで肉割れが出現するパターン。

ご覧のアナタも、もしかすると…

ずっと体型には変化ないのに…肉割れの原因とか理由がまったく思い当たらないんだけど!?

と、太ってないのに肉割れができちゃって慌てていませんでしたか?

 

当記事では、そんな肉割れができた理由が見当たらないアナタの不安を解消するべく

  • 太ってないくても肉割れができる理由
  • 今後、これ以上肉割れを増やさない対策

上記の2点を中心に、わかりやすく解説していこうと思います。

結論からいうと、遺伝的な要因やもともとの肌質、さらに食生活も肉割れと関係しているため、痩せている=肉割れとは無縁ということは一切なく普通にできます。

予防はもちろん、発見して早いタイミングで適切な処置をすればそれだけ早期に回復できますよ。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

「太っている」「痩せている」は肉割れには関係無い!

もしかすると、このページをご覧になっている方の中にも

肉割れ・妊娠線って太っているからできるものなんでしょ!!

こう誤解している方も多いと思うので最初にハッキリさせておきます。

 

肉割れは太っている人にできやすい症状には違いありませんが、『太っている=肉割れができる』・・・というわけではありません。痩せていても普通にできる症状ということを覚えておいてください。

当サイトでも何度も繰り返してますが、肉割れは・・・

  • 急速に体型や体重が変化して必要以上に皮膚組織が引っ張られる
  • 真皮層のコラーゲン繊維やエラスチン繊維が乾燥や栄養不足によって弱い状態になっている

この2つの条件によって起こるわけです。肉割れを消すのに効果のある食材と栄養素)

ハッキリいってしまえば、太っているとか痩せているといった体型は大して問題じゃ無いわけです。それよりも短期間で急激に変化することが問題なのです。

 

なので、もともと安定した肥満体型の方に突然の肉割れができることはありえません。

逆に痩せている方が短期間に体型が変化した場合、周りからみて太って見えなくても普通に肉割れができることもあります。

肉割れが発症するには体型、体重、肌質という様々な条件が絡み合っているのです。

確かに肥満気味だと肉割れはできやすいかも

とはいえ、やっぱり痩せている方よりも肥満気味の方の方が幾らか肉割れができやすいのは確かかもしれませんね。

というのも肉割れができやすい肌質と肥満体型が深ーく関係しているからです。

そもそもですね。肉割れができやすい肌質とはどんな肌質なのか?と考えてみれば納得できるはずです。

肉割れができやすい肌質とは真皮層や皮下組織が厚く、伸縮性や柔軟性が乏しい肌質です。あ、それと乾燥しがちな肌質も当然ながら肉割れの可能性高いでしょうね。

肥満気味の方、とくに女性の肥満体型を考えてみますと概ね内蔵脂肪型というよりも皮下脂肪型肥満が多いのは間違いありません。

つまり皮下脂肪が多く、皮下組織が痩せ型の方よりもずーっと厚いわけなんですね。

この「皮下脂肪が厚い」ことは肉割れや妊娠線の視点からみると、非常に危険な状態なんですよね…伸びづらく断裂しやすい状態ということですね。

なので肥満体型、とくに皮下脂肪型肥満に近い女性は肉割れができやすい肌質ということで、肉割れができるリスクは多少高いので注意が必要といっても良いでしょうね。

でも痩せ型だって肉割れはできる…安心できません

しかし今回の検索から訪れてくれた方のように、太っていなくても肉割れができる可能性は十分にあります。

その部分は過信せずにしっかりと肉割れ予防や肉割れケアをしておきたいところですね。

たしかに痩せ型の方は肥満気味の方にくらべ、皮下脂肪も少く薄いはず。皮膚組織だけを考えればそうそう肉割れができることは無いといってもよいかもしれませんね。

しかし逆に痩せ型の方でも筋肉質の女性の場合、状況は変わってきます。

痩せ型で筋肉質の女性の場合、ちょっとしたエクササイズやトレーニングでも予想以上に筋肉が肥大する場合がみられます。

また筋肉質の女性の場合、皮下脂肪は薄く肉割れができにくいといえますが、反面、薄く硬い皮膚組織の方も少くありません。

そういった筋肉が発達すること、そして真皮層や皮下組織が薄いけど硬い…といった条件が重なってしまうことで意外と簡単に肉割れができるといわれていますね。

Click→肉割れの仕組みを知ったら今度はセルフケア!人気の肉割れ解消クリーム詳細

体型の変化の無かった方は逆に肉割れしやすい肌質?

また、ずーっとこれまでの人生で痩せ型をキープしていた方の場合、皮膚組織そのものが体型の変化に慣れていないために、ある意味肉割れに弱い肌質ということは十分に考えられます。

そもそも体型の急激な変化は健康的に良くありませんが、多少の体型や体重の変動は肉割れ予防の面では意外と大切だったりします。

肉割れしない程度に伸びたり縮んだりと繰り返すことで、真皮層や皮下組織が体型の変化に適応できるように変化します。

つまり肉割れや妊娠線のできにくい肌質に変化するわけです。

そういった意味でもずーっと体型をキープしてきた方、体型や体重の制限をストイックに続けてきた方のほうが体型の変化に弱く、あっさりと肉割れができてしまうリスクは高いかなあといえますね。

太ってない人も肉割れができる、だから保湿して栄養成分を与える

もう根本的な肉割れケアになってしまいますが、まずは食生活の栄養バランスを意識することが大事でしょうね。

なんだかんだ言っても、肉割れは皮膚組織の問題です。真皮層のコラーゲン繊維やエラスチン繊維の結合力が弱い状態だと、やっぱり肉割れができやすいんですよね。

なので真皮層や皮下組織を中心に、皮膚組織の栄養を考えた食生活が大事かなあと思います。

肉割れに強い亀裂や断裂に強い皮膚、それは簡単にいえば線維芽細胞が活発に網目状のコラーゲン繊維やコイル状のエラスチン繊維お生成している代謝のよい皮膚組織です。

まずは線維芽細胞を活性化させるためにも必要なビタミンC、良質なタンパク質を十分に摂取しておく必要があります。

逆にジャンクフードやインスタント食品に偏った食生活では、皮膚組織のターンオーバーも活発に行われません。

まずは食生活の見直しが大切というわけですね。

で食生活を見直しつつ、肉割れが心配な部位に関しては直接、皮膚から栄養成分や保湿成分を補給してあげることも非常に効果的。

こんな感じで食生活の見直しとお肌の保湿と栄養補給をバランスよく気長に続けることが、地道ですが肉割れ予防と解消にはもっとも効果があると実感してますね。

もし食生活だけじゃ肉割れケアできる自信が無いって人は、こういった専用クリームとかもひとつ持ってると安心できるかもしれませんね。以下の肉割れクリームの比較ページも合わせてご覧ください!