「 肉割れの場所 」一覧

肉割れや妊娠線、ストレッチマークのできやすい部位は、皮下脂肪が厚く、表皮や真皮層に皮脂腺の少ない乾燥しやすい部位だといわれています。

お腹まわりやお尻、太もも、バスト(胸)、二の腕、ひざ裏、ふくらはぎといった部分がもっとも肉割れに注意すべき部位といえますね。

十分な保湿と、真皮層や皮下組織を柔らかく伸びやすくするためのマッサージが肉割れ予防の基本ですが、部位によっては対処法も様々・・・以下の各個別ページで自分にできた肉割れの部位に合った解消法を参考にしてくだい。