妊娠線予防はいつから始めるべきか?

出産前に肉割れが!

一度できてしまうと完璧に消すことはできないといわれる妊娠線…しっかりと予防することが肝心です。

その時に大切なことは大きな意味で2つだけ。

「正しい方法」で「早い時期」から妊娠線ケアを行うこと。

 

というのも妊娠線ケアは始めてすぐに効果のでるものではありません。

どんなに効果のある保湿クリームや高額なオイルを使用しても、どうしても数ヶ月単位の期間がかかるものなのです。

 

そのためには、妊娠線のでき始める時期を知り、その時期から逆算して妊娠線ケアをスタートすることが大切なんですよ。

 

Click→1日も早い妊娠線をケアが大切!人気の妊娠線を専用クリームとは?

 

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

7ヶ月目~10ヶ月目が妊娠線のピーク

大手マタニティ雑誌のデータでは、

妊娠線ができてしまった経験者の約96%程度の方が、妊娠7ヶ月目~10ヶ月目の間に妊娠線ができてしまったということ。

 

もちろん発見される前から妊娠線ができ始めている事を考えると妊娠線6ヶ月目以降は妊娠線のできるピークに突入しているわけです。

つまり、妊娠6ヶ月目までには何らかの妊娠線予防の効果が出ている必要があるということです。

 

ではどれくらい前から妊娠線ケアをスタートするべきなのでしょうか?最も一般的な妊娠線クリームやオイルを用いた場合の妊娠線ケアで考えてみましょう。

 

最低でも3ヶ月程度の余裕をもった妊娠線予防を!

時系列

最も一般的な妊娠線予防クリームやオイルによって保湿する場合、当然ながら皮膚の奥まで浸透させ柔らかい状態、妊娠線のできづらい状態に変化させるまで時間がかかります。

一般的には、お肌のターンオーバーとか考慮すれば最低でも2~3ヶ月は必要といわれています。

というのも妊娠線が起こる表皮の内側の真皮や皮下組織といった部位、さらには断裂しやすいコラーゲン繊維を強くするには、非常に時間がかかるといわれているからです。

皮膚にはターンオーバーといって皮膚組織を再生するサイクルがあって、しっかりと保湿しつつ、さらにコラーゲン生産に必要なビタミンやプロテインを補った状態で何度か繰り返すことで変化するものです。

 

残念ながら短期間の保湿や、たった一度のターンオーバーでは急激に妊娠線のできにくい弾力性や伸縮性高い真皮や皮下組織に変えることができないのが現状です。

 

そう考えると最低でも妊娠線のピークに突入する妊娠6ヶ月目よりも3ヶ月は前からスタートしておくべきでしょう。

 

つまり、妊娠3ヶ月目あたりの初期から妊娠線ケアを始めても決して早過ぎることはありません。できれば余裕をもって早めにスタートしておきましょう。

 

こんなタイプは早めに妊娠線予防をスタートしておくべき

そもそも妊娠線ができるかどうかは個人差も大きく遺伝的な要因も関係してきます。

しかし妊娠線のできにくいタイプとできやすいタイプの方ということはある程度分かっているものです。

もし自分が妊娠線のできやすいタイプの場合、少しでも早い時期から妊娠線ケアを始めた方ができる確率が減るのは間違いありません。

以下に当てはまる方は妊娠線のできやすいタイプといえるでしょう。もちろん絶対にできるわけではありませんが普通の方よりも入念に予防を行っておいた方がよいかもしれません。

多胎妊娠の方

妊娠線ができる一番の原因はお腹まわりや体が急激に大きくなり皮膚が引っ張られること。

つまり双子ちゃんや三つ子ちゃんを妊娠されている方はそれだけ妊娠線が高いわけです。

 

一般的に多胎妊娠の妊婦さんのお腹は単胎の場合より2倍近くも皮膚の負担が大きいといわれています。それだけに十分な妊娠線ケアが必要でしょう。

細身で筋肉質の方

痩せ型の女性は普通体型やぽっちゃり体型の方よりも、妊娠による急激な体重増加への対応が上手くできないケースが多くダメージを受けやすいともいわれています。

 

さらに筋肉質の方は皮膚が硬く伸びづらいケースが多く、真皮や皮下組織の伸縮性や弾力性が低いと考えられます。それだけに早い時期からの妊娠線ケアが肝心です。

普段から乾燥肌の方

妊娠中は普段ではしっとり肌の方でもホルモンの分泌量の変化で乾燥肌になりがちです。

ですので普段から乾燥肌のタイプはそれ以上に乾燥する可能性もあるわけですね。

 

表皮が乾燥していると、普通に考えると奥の真皮や皮下組織も乾燥して水分が不足しているはずです。

しっかりと保湿して皮脂量が不足しがちな部位はクリーム等も活用して補った水分を閉じ込めてあげましょう。

 

「痒み」と「痛み」は妊娠線ができる合図

妊娠線が痒い!
早くから妊娠線予防を行っていても残念ながら妊娠中期~後期になると、できてしまう人は妊娠線ができるものです。

しかし妊娠線ができる前、ある程度の予兆や前触れを感じる方が多いようです。その代表的な予兆が「痒み」「チリチリした痛み」といわれています

つまり「痒み」「チリチリした痛み」を感じた時は表皮の奥でコラーゲン繊維が断裂している状態。

皮膚の拡張するスピードに真皮や皮下組織の伸びる速度が追いついていないということです。そんな場合は集中的にその部分を保湿して優しくマッサージしてあげましょう。

 

Click→管理人が実際に試した妊娠線解消クリームの正直な感想と評価!

 

妊婦さんにありがちな、表皮の乾燥による湿疹や汗疹のケースもありますが、どちらにしても、保湿してあげることは解消に繋がります。

気がついたらお腹をポリポリ掻いていた…といった場合はすぐに保湿しておきましょう。当ページを参考にがっちり妊娠線予防を実践してみましょう!