太ももや二の腕にも妊娠線はできる?お腹以外の妊娠線の予防と解消

妊娠線といってまずイメージするのがお腹やバストといった部分・・・もちろんこれらは妊娠線のもっともできやすい部位。

しかし妊娠線ができる部位というのはお腹やバストだけではありません。

妊娠線のできる条件を満たしてしまえば、どの部位でも簡単にできるといわれています。

多くの妊婦さんが、お腹やバスト、お尻の妊娠線ばかりをケアしますが、意外と見落としがち部位なのが太ももや二の腕・・・。

今回はそんな太ももや二の腕の妊娠線の症状や予防、原因や対策を徹底的に調べてみました!

結果からいうと、できた妊娠線を解消するより予防の方がはるかに楽ちん・・・なので早めの予防が肝心ですね。

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...

こういった商品を手元に用意しておけば、万一の状況でも慌てずに対処できるはずです。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

太ももや二の腕に妊娠線ができやすい理由とは

肉割れ発見

最初に妊娠線ができる仕組みを簡単にお話したいと思います。

まずそもそも妊娠線ができる原因。

これはイメージできるかと思いますがお腹の赤ちゃんや子宮が大きくなったことで皮膚が急激に引っ張られてしまうため。

もちろんお腹まわりだけではありません。

出産にむけて妊婦さんの体型は徐々に皮下脂肪を蓄えてふっくらと丸みを帯びてきます。

その変化によって、どこの部位にも発生するものです。条件さえ整えばお腹やお尻、太ももやバスト以外でも簡単にできる!という部分を認識しておいてください。

太ももの妊娠線についてはこちら、太ももの肉割れを消すにはでも詳しく解説しています。参考にどうぞ。

ホルモンの影響でも妊娠線ができる

また、皮膚が過剰に引っ張られてしまう他にも原因はあります。

それが真皮層のコラーゲン繊維やエラスチン線維の結合力が弱い状態

妊婦さんは妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンのバランスが崩れ、靭帯は緩み、コラーゲンが減少するといわれています。

つまりホルモンバランスが崩れたことや季節的に皮膚が乾燥しやすい時期といった要素で、より妊娠線の発生に拍車をかけているわけです。

太ももは皮下脂肪が増えることが最大の原因

それでは太ももと二の腕に妊娠線ができてしまう原因と予防法について少し具体的にお話しておきます。

もちろん他にもいろいろな要素が組み合わさることでおこる妊娠線、代表的な原因といえるものを挙げておきます。

太ももの妊娠線は皮下脂肪をコントロール

まず太ももに妊娠線ができやすいもっとも大きな理由のひとつが妊娠中に運動不足等で体重が増加し皮下脂肪が増えることです。

同じように体型に変化が出た場合でも、筋肉と皮下脂肪の場合では妊娠線のでき具合も変わってきます。

そもそも皮下組織の大部分を占める皮下脂肪が増えるということは、皮下組織が厚みを増し、より伸びづらく断裂しやすい状態に向かっています。

とくにお尻から太ももは妊娠中で運動不足になると、もっとも体型に変化がでる部分です。

太ももの妊娠線予防を考えてた場合、保湿やマッサージも有効ですが、まずは下半身をメインとしたウォーキングやマタニティ・ヨガといった運動を取り入れることです。

皮下脂肪のつく前に適度な筋肉をつけることで、皮下脂肪の増加を防ぐことができます。

また基礎代謝アップによって皮膚のターンオーバーも促進されます。

つまり適度な運動によって強靭なコラーゲン繊維弾力に富んだエラスチン線維の生成につながります。

二の腕の妊娠線は皮脂の分泌量と関係している

妊娠線で二の腕というと、少し意外に感じる人もいるかもしれません。

しかし思いの外、二の腕に妊娠線ができる人が多いのが現実。

もちろん皮下脂肪でひと回り太くなった事も原因ですが、皮膚の乾燥状態も大きく関係しているかもしれません。

毎日のスキンケアで表皮は保湿されているかもしれませんが、真皮や皮下組織は見える部分ではありません。

実際には保湿されているのは表皮だけで真皮や皮下組織は水分が不足しているケースも考えられます。

そもそも二の腕は妊娠線ができやすい部位!

そもそも二の腕は他の部分よりも皮脂腺の少ない部位で、体の中でも皮脂の分泌量が不足しがちな部位です。

つまり皮脂量が少ないので、保湿クリームで保湿されても保湿成分を閉じ込めるフタができません。

せっかくの水分を無駄に蒸発させてしまっているのですね。

ですので二の腕の妊娠線を予防するには、保湿の継続を意識してオイルタイプを使ってみてもよいかもしれません。

またはオイルの保湿だけでなく、真皮層や皮下組織に栄養を与えて線維芽細胞を活発化させることもおすすめ。

以下のような肉割れ・妊娠線クリームは配合成分にこだわって製造されているので、十分な効果が期待できるはずですよ!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...