薬局で販売されているクリームで妊娠線予防はできるのか?

きっとこのページをみてくれているということは、

高額な妊娠線クリームまでは必要ない…とりあえず手っ取り早く薬局でお手頃なクリームを購入したい!
近所の薬局で妊娠線クリームが見つからない…薬局で売ってるクリームでも妊娠線予防ってできるんかな?

こんな感じで、手っ取り早く予算をかけずに肉割れ・妊娠線ケアする方法ってないかな~とネットで調べていましたね!

当ページではそんな節約派の堅実な女性にむけ、薬局で購入できる肉割れ・妊娠線ケア商品の有無、もしドラッグストアで用意するならどんなクリームがいいか?

このへんを片っ端から調べてみたのでシェアしておきます。ぜひ参考にしてみてください。

ざっくりと結論からいいますと、薬局やドラッグストアで妊娠線や肉割れに特化したクリームやオイルは販売してません!!管理人もかなり探しましたが無かったです。

初期の予防程度ならドラッグストアのボディクリームでOKですが…

  • 徹底的にケアしたい人!
  • 微妙に妊娠線ができ始めている人!

こんな人は以下のような本気で妊娠線を研究している商品をひとつ用意しておくといいと思います!

まだ間に合う!早期のケアを!

治療について悩んでいる間にも肉割れは進行します。
大切なのは1日も早く正しいケアを開始すること!

片っ端から肉割れクリームを試した管理人の実感、当サイトに届いた口コミ・評判をもとに肉割れクリームを比較しました!
肉割れ消すならコレ!おすすめクリーム比較

そもそも妊娠線クリームの成分とはどんな成分なのか

肉割れクリームって効くの?

薬局で購入できる妊娠線クリームを考える前に、まずは妊娠線クリームとはどういった成分内容なのかを知っておいた方がよいかもしれません。

妊娠線クリームとよばれるクリームですが、今では数多く販売されています。妊娠線クリームの専門メーカー、マタニティブランドの妊娠線クリーム、海外製のストレッチマーククリームといった商品と様々です。

しかし調べてみると、意外なことに妊娠線クリームの成分内容って販売元によってそれぞれ違うんです。同じような成分内容の商品もありますが、中にはまったく違う成分を用いた商品もあるようです。

つまりマタニティクリーム、ストレッチマーククリームも含めて、妊娠線クリームには正確な成分内容についての決まりは無いのかもしれませんね。

とはいえ基本的に目的は同じ。

皮膚組織を柔らかい状態に変えてあげる働きのある成分、表皮の上から真皮層や皮下組織まで浸透して潤いを与える成分、さらには十分に保湿した皮膚組織から大事な水分の蒸発を防ぐための成分…こういった成分が中心となります。

商品によっては他商品と差別化を図るために、ビタミンC誘導体をたっぷりと配合して、線維芽細胞に栄養を与えることができる商品、アルガンオイルの成分を用いることで妊娠線を含めた傷痕全般を解消する効果のある商品といった商品もありますね。

薬局で妊娠線クリームと呼べる商品は見つからない

つまり妊娠線クリームとは、単なる保湿成分だけでなく、保湿プラス真皮層や皮下組織がコラーゲン繊維を生成するための栄養等をしっかり届けることができるクリームといえるかもしれません。

そして妊娠線のできる部位は皮膚組織の厚い浸透しづらい部位です。ですから普通の保湿クリームの何倍も浸透力の高い必要もあるでしょうね。

そこまでの成分や効果を期待してしまうと、なかなか薬局で販売されている保湿クリームでは厳しいかもしれません。

残念ながら多くの妊娠線クリームはマタニティ専門店、もしくはネット通販が中心となってきます。

また口コミサイトで人気の妊娠線クリームとなると、まず薬局やドラッグストアで購入できる商品はひとつも見つかりません。

販売ルートの関係なのか営業形態の違いなのか分かりませんが、多くがネット通販や公式サイトからの購入となってしまうのが現状のようです。

薬局やドラッグストアで妊娠線クリームとして代用できる商品を探す

ただですね、妊娠線クリームは効果があるのは知っているんだけど、ちょっと値段がねぇ…なんて方もいるかと思います。

もしかしたら今回の検索ユーザーさんも、ネット通販や口コミサイトで見つけた妊娠線クリームが高額なので、薬局で代わりの商品を探していたのかもしれませんね。

もちろん妊娠線予防効果、解消効果については、妊娠線専用のクリームには劣るかもしれません。

ですが、とりあえず安く妊娠線ケアを始めたいって方には以下の商品なんかが良いかとおもいます…どこでも購入できるのでお勧めです♪

初期の妊娠線予防ならそこそこ効果のある市販クリーム

  • ジョンソン・アンド・ジョンソン ベビーオイル
  • ニベア(青いパッケージのやつです)
  • ワセリン

もちろん、これらの商品は妊娠線や肉割れを予防・解消するための商品じゃありません。

なので真皮層のコラーゲン繊維を強くするとかできてしまった妊娠線や傷痕を薄く目立たなくする働きはありません。

とはいえ、本当の初期の妊娠線予防には十分に効果があるとおもいますよ。予算が掛からない分、妊娠線のできやすい部位のマッサージは念入りに行なっておきましょうね。

妊娠線中期~後期は薬局の保湿クリームより本格的な商品で!

妊娠線が痒い!

妊娠中期の6ヶ月目後半から、妊娠線のできやすい時期といわれています。

この辺りから急激にお腹まわりは大きくなり、出産に向けて皮下脂肪も増えてきます。バストやお尻のサイズアップもこの時期から急速に進むはずです。

そういった時期になると、これまでより何倍も妊娠線のできるリスクが高まるといわれています。

つまりこの約4ヶ月間はどんなに妊娠線ケアに注意しても、油断してしまうと簡単にできてしまう時期ってこと。

なので後悔無いように、この時期だけは本格的な妊娠線クリームを使ったほうがよいかもしれませんね。

というのも、薬局で購入した保湿クリームで妊娠線ができてしまった場合、後悔してもしきれませんからね(-_-;)

出産までの数カ月後のことです。

無事出産を終えたら妊娠線のリスクも減るかと思うので、そしたらベビーオイルでもニベアでもワセリンでもお好きな商品に戻してしまっても良いんですからね。

私も妊娠線ができた時、「あ~何でもう少し本格的にケアしとかなかっったんだろ~」ってかなり凹みました。なので用心に越したこと無いと思いますよ!

また当サイトでは以下のページでも、肉割れや妊娠線をドラッグストアの商品で対処できるのか解説しています。宜しければ合わせて参考にしてみてくださいね!

薬局で売っているクリームで肉割れを目立たなくすることはできない!?
当ページでは肉割れ・妊娠線に効果のある肉割れ専用クリームと市販の薬局やドラッグストアで購入できるクリーム・オイルの比較と効果の違い、使い道やおすすめの解消方法をわかりやすくまとめています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする