【妊娠線を消す食材】肉割れ解消効果がある食品と栄養成分まとめ

出産前に肉割れが!

あれだけ注意していたのに、気がついたら妊娠線が…!

と、予想外のタイミングで妊娠線ができてしまうパターン、意外と多いんですよ。

 

そもそも

妊娠線はどんなに注意していてもホルモンバランスや遺伝的要因も大きいので、できる時は簡単にできてしまうものです。

 

とはいえ妊娠線ができてしまっても、慌てず冷静に。

まずは保湿クリームとマッサージで妊娠線のできてしまった部分を柔らかくターンオーバーしやすい状態に変えてあげましょう。

 

その時、もちろん食事内容も見直して、お肌のターンオーバーを促進して皮膚組織が修復しやすい状態にサポートしてあげることも肝心な妊娠線ケアなのです。

また今ならアフターケア・クリームという『できちゃった場合専用!』みたいな妊娠線クリームもあります。そんな商品の力を借りてでもしっかりと対処しておきましょうね!早めが肝心ですよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線を解消するにはターンオーバーを促すことが肝心

ビタミンたっぷり!
では具体的に、

できてしまった妊娠線をケアする食事内容や栄養素は何を意識して摂ればよいのでしょうか?

そのためにまずは現状のできてしまった妊娠線の状態を知ることが大切ですね。

 

既にできてしまった妊娠線は、急速に大きくなったお腹まわりや、出産に向けて皮下脂肪が増えたことで皮膚が引っ張られて真皮を中心に皮下組織や皮下脂肪が断裂して亀裂が生じた状態です。

 

 

表皮の傷と違い、表皮の内側の真皮や皮下組織は自然治癒力が非常に低いので、一度断裂してひび割れてしまうと完治できないといわれています。

 

もちろん時間の経過によって徐々に薄く目立たなくなりますが、完全に消えることはありません。

 

とはいえ、できてしまった妊娠線でも早期に適切なケアを行うことで十分に薄く目立たなくすることは可能です。

 

皮膚を保湿して柔らかい状態に変えてあげることは、これ以上妊娠線が進行することも防ぐでしょう。

 

そして真皮や皮下組織に必要な栄養分を与えることは、ターンオーバーを促進し裂けてしまったコラーゲンファイバーを修復することにつながります。

 

妊娠線を消すための食事内容

美容整形外科でのレーザー治療や妊娠線解消クリームでの保湿やマッサージが一般的な妊娠線ケアといわれていますが、

食事内容を見直すことでも十分に妊娠線を軽減させる効果があるといわれています。

 

 

たしかに妊娠線の部位に直接の刺激を与える治療法も効果があります。しかし長期的にみれば、真皮や皮下組織のコラーゲン生成をサポートするための食生活も同じように大切なことです。

 

言い換えればどんなに効果のある妊娠線ケアを実践してもコラーゲンが不足していれば裂けてしまった真皮や皮下組織は回復できません。

 

そのためには新陳代謝を上げることも大切ですが、効率よく肌のターンオーバーを促し、皮膚組織の修復できるようにコラーゲン生成を意識した食生活も大事なことです。

コラーゲンを生成するために必要な栄養素

妊娠線ができてしまった表皮の内側の真皮や皮下組織、その約7割はコラーゲンでできているといわれています。

 

そもそもコラーゲンは皮膚組織を結合させる役割をもった大切な部分で、このコラーゲンが不足したり乾燥して弾力性が失われてしまうための断裂して妊娠線が生じるのです。

 

つまり真皮や皮下組織のコラーゲンを十分に補ってあげることが妊娠線予防や妊娠線解消にはとても大切なこと。食事内容を意識してコラーゲン生成に効果のある食材を摂るように心がけましょう。

コラーゲンも大切だがビタミンCやタンパク質はもっと大切

肉割れクリームって効くの?
そこで真皮や皮下組織のコラーゲン生成に効果のある食材や食事内容を考えてみましょう。そんな場合、

多くの方はコラーゲンを多量に含んだ食材、コラーゲンサプリメント等を思い浮かべるかもしれません。

 

 

しかしコラーゲン食品やコラーゲンサプリメントは効率よくコラーゲンに必要な成分を摂取できますが、

摂取したコラーゲンがそのまま体内でコラーゲンとして活用されるわけではありません。

 

 

残念ながらコラーゲン食品は全て体内で吸収される時にアミノ酸という分子に分解されてしまいます。

 

したがって、せっかく摂取したコラーゲンの大部分はコラーゲン以外の成分として利用されてしまうのが普通です。

逆にコラーゲン以外の成分でも、アミノ酸として吸収され体内の必要なコラーゲンとして生まれ変わることも一般的です。

 

ビタミンCでコラーゲンを作りやすい体質に

つまりコラーゲンを摂取することも大切ですが、コラーゲンを生成する時に必要な成分であるビタミンCや、それ以前に皮膚の元になるタンパク質を過不足無く摂ることが大切なのです。

 

哺乳類の中でも自分の体内でビタミンCを生成できない人間はとくに意識してビタミンCを摂ることが妊娠線解消には大切になってくるんですね。

 

もちろんコラーゲン食品やコラーゲンサプリメントが無駄というわけではありません。コラーゲン食品の成分は単純にいえばコラーゲン生成に必要な成分です。

一度アミノ酸に分解されてしまうにしても、効率よくコラーゲンに必要な成分を吸収することが可能です。

 

今ではコラーゲンサプリメント等、コンビニやドラッグストアで簡単に安価に入手できますから、日常で摂りきれないコラーゲン成分を補給するには利用する価値が非常に大きいでしょう。

Click→某大手口コミサイトで高評価の妊娠線を解消グッズとは?

 

妊娠線ケアで意識して摂りたい食材一覧

コラーゲンビタミンCタンパク質といった栄養素はとくに妊娠線ケアの面では大切です。

ですが過剰に摂ってしまえば逆効果ですし、結局はバランス良く他の栄養素を摂ることが真皮や皮下組織のコラーゲン繊維の修復には大切です。

参考までに妊娠線ケアで意識して摂るべき栄養素をまとめて紹介しておきます。

コラーゲン

コラーゲン生成に効率のよい成分でもあるコラーゲンはタンパク質の一種です。1日に必要な摂取量は1,000mg~5,000mgといわれています。短期間に過剰に摂取してしまうと逆効果ですので摂り過ぎにも注意しましょう。

●代表的な食材……ゼリー類、うなぎ、豚肉、鶏肉、手羽

ビタミンC

コラーゲンの生成にもっとも必要な栄養素で抗酸化作用があり、メラニン色素の合成を抑えるはたらきがある。

●代表的な食材……赤ピーマン、黄ピーマン、アセロラ、柿、パパイヤ

タンパク質

タンパク質が不足してしまうと肌の新陳代謝が衰え、真皮や皮下組織のコラーゲンの結合力も弱くなり、弾力性、伸縮性も低下します。つまり妊娠線のできやすい皮膚につながってしまいます。

またタンパク質が不足すると基礎代謝も低下し、新陳代謝も下がるので皮膚組織の修復にも大きく影響します。

●代表的な食材……肉類、魚類、卵、乳製品、大豆

その他

この他にもレバー、うなぎ、クリームチーズ、卵黄に含まれるビタミンA、ナッツ類、かぼちゃ、卵に多く含まれるビタミンE、牡蛎、ホタテ、魚介類、牛肉を中心に含まれる亜鉛といった栄養素もバランス良く摂ることで新陳代謝も上がり、皮膚のコラーゲン産生につながります。