痒みは妊娠線の前ぶれ?妊娠線のできる予兆・兆候を見逃さないで!

えっ嘘・・・何これ!?

そんな感じで、ある日突然できてしまう妊娠線。ショックで数日間、落ち込んでしまう方も多いとか。

しかしです。残念ながら妊娠線ができてしまった妊婦さんの多くは「妊娠線ができる前ぶれ」を感じていたというデータも。

つまり妊娠線にはできる前になんらかの予兆や前兆があるということ。何らかのサインを見逃していたわけです。

で、そういった前触れや予兆として多かった意見が「むず痒さ」と「軽い痛み」

当記事を読み進めている今・・・無意識にお腹やお尻を掻きむしってはいませんか?そんな場合、妊娠線が表皮下で進行しているかもしれません。

すでに前触れや予兆が出始めている場合、確実に妊娠線が表皮に現れます!

以下のような予防・解消効果の高い商品の力を借りてでも、1日も早くケアを開始しておくことをおすすめします。

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線の前兆は痒みとチリチリする痛み

出産前に肉割れが!

もし妊娠中の人で、妊娠線のできやすい部位であるお腹まわりやバスト、お尻、太ももや二の腕に痒みがある場合、妊娠線を疑った方がよいかもしれません。

というのも、妊娠線のできる予兆や前兆としてもっとも多くの人が痒みとして感じているからです。では妊娠線の予兆として痒みが起こる仕組みを少し説明しておきます。

真皮層の痛みを痒みと錯覚

妊娠線は知っての通り、表皮の内側の真皮層のコラーゲン繊維や線維芽細胞が引っ張られて亀裂やヒビ割れができる状態。

もちろん表皮の内側ということで出血はともないませんが、内部におこった裂傷です。

当然ですが傷の一種ですから多少の痛みも起こるわけです。

表皮の裂傷のような「痛っ!」といった痛みではなく「なんとなく痛い…」といった感じです。じつはそういった小さな痛みが微妙すぎて痒みと感じられるようなのです。

そもそも痛みと痒みは非常に似ている部分の多い感覚といわれ、ごく弱い痛みが痒みなのでは?という説もあるほど微妙な関係といわれています。

つまり表皮の内側で起こった微妙な痛みということもあり、人によっては痒みと感じたり、チリチリとした痛みと感じる人がいるようです。

表皮の痒みと真皮や皮下組織の痒み

妊娠線が痒い!

では妊娠線のできやすい部位に痒みがあれば、すでに妊娠線が表皮の奥で進行しているのか?というとそう決めつけてもいけないようです。

実際に妊娠線が内部で起こり始めている可能性もあれば、単純に表皮が乾燥したことによる湿疹や肌荒れといったケースもあるものです。

まずは表皮の状態をチェックしてみるのがよいかもしれません。

表皮が乾燥もせず湿疹や肌荒れもみられない場合、真皮や皮下組織での妊娠線が進んでいる可能性もあります。

また妊娠線が原因の場合「なんとなく痒い…」といった痒さが特徴ともいわれています。

患部がどこかはっきりしない痒さ、なんだか中が痒いといった場合は早急に妊娠線ケアを始めておきましょう。

どちらの痒みでも保湿が肝心

妊娠線のできやすい部位に痒みがあった場合でも、単純に表皮の乾燥や湿疹が原因の痒みだったという方もいるかもしれません。とはいえ表皮だからと安心してはいけません。

表皮は外部から異物の侵入や水分の蒸発を防ぐバリアの役目を果たす非常に薄い層で、約0.2ミリというとっても薄い層です。

つまり表皮が乾燥している場合、まずその奥の真皮層も乾燥しているはずです。

つまり痒みの原因は表皮の乾燥であろうとも、今後ちょっとした変化で妊娠線のできやすい真皮や皮下組織ということ、妊娠線予備軍というわけです。

また「妊娠線は寂しがり屋さん」といわれるように、1本でも妊娠線が生じた場合、その付近にかならず多くの妊娠線が出現します。ほんとに要注意ですよ。

つまり妊娠線のできやすい部位に痒みが生じた場合、原因がどうであれ直ちに保湿して妊娠線ケアを始めておいた方が良いのは言うまでもありません。

痒みを感じたら始めるべき妊娠線対策

肉割れクリームって効くの?

ではここからは「痒み」を感じた方が始めるべき妊娠線の対策を具体的に説明しておきます。もしかしたらすでに表皮の奥で妊娠線が着々と進行しているかもしれません。

しっかりと正しいケアを続けることで、同じ妊娠線ができた場合でも薄く目立たなに妊娠線におさえるためにも1日も早く妊娠線対策を始めておきましょう。

以下の3つを意識して妊娠線対策を行うと効果が大きいはずですよ!

  1. 保湿成分と栄養成分十分に
  2. 真皮層に柔軟性と弾力性を
  3. 体の中からコラーゲンをサポート

1.保湿成分と栄養成分十分に

まずは妊娠線が起こる発生源でもある真皮層の線維芽細胞やコラーゲン繊維を十分に保湿して柔らかい状態に改善して下さい。

そして妊娠線を進行させないため、今後の妊娠線を増やさないためにもコラーゲン生成を促進してあげることが有効です。

水分の蒸発を防ぐ一方で、ビタミンCや人成長ホルモンといったコラーゲンの合成に必要な成分やターンオーバーを促進するはたらきのある成分を表皮の上から補給することも有効です。

以下のページでビタミンCや人成長ホルモンといった強いコラーゲン生成に効果のある肉割れ・妊娠線クリームを徹底比較しています。ぜひご確認ください。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...

2.マッサージで真皮層に柔軟性と弾力性を

既にできてしまった妊娠線や時間の経過してしまった妊娠線を解消する場合、レーザー治療なども効果が大きいといわれていますが、レーザー照射は真皮層に直接、熱刺激を与えてコラーゲンの産生を促進します。

それに対しマッサージによる妊娠線対策は、手のひらの刺激により真皮層や皮下組織に刺激を与え、ターンオーバーを促進し、コラーゲン繊維を修復させる方法です。マッサージで継続的に優しい刺激を与えることで、皮膚に弾力性や伸縮性を持たせるのが目的です。

3.体の中からコラーゲンをサポート

上記の2つは患部をケアする方法ですが、じつは体の中からコラーゲン繊維をサポートする方法も非常に有効な妊娠線対策です。

そもそもコラーゲンはタンパク質だけでは合成できません。コラーゲンを合成する時にもっとも大切な栄養成分がビタミンCといわれています。

ビタミンCが不足すればコラーゲンを生成できなくなり、結果として結合力の弱いコラーゲン繊維、線維芽細胞につながります。

非常に壊れやすく摂取しても他の用途につかわれてしまいがちなビタミンCだけにたっぷりと摂取しておきましょう。(参考:肉割れを消すのに効果のある食材と栄養素)

結合力の強いコラーゲン繊維は体型の変化にも断裂しにくいはずです。