【妊娠線が痛い!】妊娠線と肉割れのできる前触れと予兆とは?

出産前に肉割れが!

 

妊婦さんの約7割の方にできてしまう妊娠線や肉割れ線…

できてしまうと消し去るのが難しいだけに、徹底的に予防して未然に防いでおきたいところですねぇ。

 

とはいえ、

完璧に妊娠線予防ケアを続けている方でも、条件が整うと残念ながら妊娠線はできてしまうんですよ。逆にケアしなくてもできない人はできない!

 

それだけに、妊娠線のできやすい時期やタイミング、妊娠線のできる仕組みを理解しておくことが、大切!!

この部分を知って万一に備えて準備しておく!

これが最大の妊娠線予防なのです。

 

ちなみに妊娠線のできる前兆とは、チクチクとした痛みやむず痒い感じなどを感じる人が多いですね。

もし知らずにボリボリ掻きむしっていたり、チクチクするなーって場合、以下のような市販では最強とよばれるクリームでケアしておくことをおすすめします!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...

 

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

チクチク痛い、ピリピリ痛い妊娠線は現在進行形!

えーとですね…。

「妊娠線 チクチク痛い」といった検索ユーザーさんの場合、十中八九、現時点でも妊娠線が増え続けている状況だと診断できます。

 

というのもこちらの記事、妊娠線の予兆・兆候・前ぶれは?でも詳しく解説していますが、チクチク痛い、ピリピリ痛い、むず痒い…といった状況は、表皮深部の真皮層で断裂や亀裂が起こっている痛みだと思われます。

 

つまり現在進行形で妊娠線が発生している状況といえます。のんびりせずに1日でも早く妊娠線ケアを開始した方が良いかと思われますね…。

 

チクチク痛い、むず痒くても掻きむしらない!掻きむしることで妊娠線は悪化する

妊娠線が痒い!
そもそも微妙な痛みと痒みは人間の感覚としては非常に近いものだといわれいています。

 

つまり表皮上よりも痛みの鈍い深部の真皮層や皮下組織で起こる亀裂や断裂は、激痛というよりも微細な痛み…、もしくはむず痒さ…と感じる方が大半だといわれています。

 

もちろん更に鈍感な方の場合、何も感じないまま妊娠線が増え続ける場合もあるようです。

そこで痒みに耐えきれず掻きむしる方もいるようですが、妊娠線解消の面では絶対に掻きむしるのは避けておきたいところ。

 

表皮の奥の真皮層や皮下組織とよばれる部分、なんだか皮膚の奥深く…

とイメージされがちですが、実際に表皮が0.5mmという薄さを考えてみれば僅か0.5mm奥が真皮層、さらに皮下組織と続いています。

 

つまり表皮を軽く掻きむしる事で、深部の真皮層や皮下組織にも少なからず刺激やダメージを与えているわけなのですね。

もちろん妊娠線の場合は表皮は伸ばされた状態ですが、菲薄化した状態です。

 

薄く伸ばされた弱い状態の表皮に過剰な刺激を与えることは、後々にも大きく影響するはずです。

基本的に表皮を傷つけない方法…例えば冷却材で冷やす、または軽く叩く…といった方法で表皮を傷めずに痒みや痛みを解消しておきましょう。

 

妊娠線がチクチク痛い場合は本格的な妊娠線ケアを開始するべき

今回の検索ユーザーさんのような「妊娠線がチクチク痛い」といった場合、すでに表皮上に妊娠線が確認できる…または近いうちに妊娠線が確認できるかと思われます。

 

残念ながらすでに痛みやむず痒い状態の場合、何らかの妊娠線ができているのは間違いありません。

 

では手遅れなので妊娠線ケアを行なっても間に合わないのでしょうか?

 

…というとそんな事もありません。

まずは今後新しくできる妊娠線を予防するために、肌質を伸びやすく柔らかい状態に変えてあげるとともに、今できてしまった妊娠線を少しでも薄く目立たなく解消してあげる必要があります。

 

つまり少しでも早い時期の妊娠線ケアが必要というわけです。

当サイトのスタンスとしては、初期の妊娠線予防であれば市販のドラッグストアで購入できる保湿クリームでも充分としていますが、チクチク痛い場合、むず痒い場合はすでに初期の妊娠線予防の時期をとっくに超えています。

 

できれば妊娠線の専用クリームを用いた本格的な妊娠線ケアを開始しておきたいところです。

妊娠線の専用クリームの場合、保湿成分だけでなく皮脂の分泌を促進させる成分、真皮層の線維芽細胞(フィブロブラスト)を活発化させるビタミンCに近い成分も配合されています。

 

妊娠線の進行をおさえ、今後の妊娠線を予防する意味でも、市販のワセリンやニベアよりも、専門成分が豊富な専門クリームをひとつ用意しておきたいところですね。

 

数ある妊娠線専用クリームやオイル、どうやって選ぶの?

ワセリン
妊娠線クリームやオイルの目的は当然ながら妊娠線の予防や解消。

塗り心地や使用感はもちろん、妊娠線を解消させる成分内容にもこだわって選ぶのが後悔しないポイントといえます。

 

基本的に使用感や塗り心地に関しては、実際に使用しなければ分からない部分もあるかもしれませんが、妊娠線解消の成分内容は販売ページや公式サイトである程度の確認は可能です。

 

同じような妊娠線クリームのようでも、よく確認してみると意外と配合成分や製造過程が違う場合も多く、ビタミンC誘導体やシラノール誘導体…それぞれが独自の妊娠線解消成分を配合しているのです。

 

とはいえ、長く継続するにはお肌との相性も肝心。まずは1ヶ月程度の少量から試してみるのことをお勧めします。

参考ページ 1日も早い妊娠線ケアが大切! 定番の妊娠線を専用クリーム3選!