【でき始めの妊娠線】できかけの妊娠線は治療のチャンス!初期の妊娠線ケアが解消のカギ

数あるスキンケア関連のサイトの中から当ページを読んでくれているということは、
もしかすると…

なぬっ!? よく見るとうっすらと妊娠線らしきモノが…!!これ以上濃くなったらヤバいぞ

と、でき始めの妊娠線の進行をどうにか食い止める方法を探していましたね!?

そこで当記事では、そんなアナタのギモンを解消するべく

  • でき始めの妊娠線の特徴やできる前触れ
  • できかけのタイミングで行うべき妊娠線ケア

をどのサイトよりも簡単にわかりやすく徹底解説し、『できかけの肉割れにおすすめのケア』もご紹介!!

表面上は妊娠線が見当たらない場合でも、むず痒い感覚やピリピリとした微細な痛みがあれば、表皮下で妊娠線が進んでいるパターンもあるので要注意です。

できてから後悔しないよう、何か1つ本格的なクリーム用意しておくことを強くおすすめします。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線のきかけの時期、でき始めの時期は治療効果が高い!

  • あれだけ注意していたはずなのに、ちょっと油断したら薄っすらと妊娠線が…
  • お腹のまわりがむず痒いと思ったら、内出血みたいな細い線が!これって妊娠線かも…

しっかりと妊娠線予防や妊娠線ケアを行なっていた方もそうでない方も、誰でも相当なショックを受けるものです。もちろん管理人も随分と落ち込んだものです。

しかし妊娠線ケアの面では、発見された直後の「妊娠線ができかけ・でき始めの時期」は非常に大切な時期。

 

誤解を恐れずにいわせてもらえば

この時期に素早く適切なケアが実践されたかどうかで、その後の妊娠線の回復スピード、数カ月後、数年後の傷跡も大きく左右されます。

 

つまり予防と同じくらいフォローも大切なんですね。なので、できちゃった事を落ち込むよりも、どれだけ早く消せるか?という部分に注力し、あたふたせずに冷静に妊娠線ケアを開始しておきましょう。

 そのできかけの妊娠線、本当に妊娠線なのでしょうか?

で、その前にまず大前提として『できかけ・でき始めの妊娠線が本当に妊娠線なのかどうか?』という部分。

この部分を判断を誤ってしまえば偉い事態になります。とくにセルライトと妊娠線を勘違いしちゃう人も意外といたりするんですよ。

この二つ、医学的にもまったく別物だし、セルライト解消=肉割れ・妊娠線が解消できるってわけでもありません。

まずは本当ーに妊娠線の初期症状なのかを冷静に判断してくださいね。

この場合、ほぼほぼ妊娠線だと思います

基本的に妊娠中期~臨月の方で、お腹まわり太ももお尻バスト、二の腕、膝裏といった部位にできているなら、まず妊娠線と考えて差し支えないかと思います。

 

とはいえ、稀に単なる内出血や他の症例の場合もあります。

妊娠線ケアを開始する前に、できかけの妊娠線が本当に妊娠線なのか…という部分をハッキリさせておきましょう。

ちなみに妊娠線や肉割れに特徴的なのは…

  • 赤紫色・ピンク色・茶色っぽい線条(スジ)が数本以上ある
  • 皮下脂肪の多い部位にできた
  • ぶつけた記憶もなければ、何ら痛みが生じてもいない

上記の症状に当てはまる場合、まず妊娠線や肉割れの疑いが強いのは間違いありません。本格化して治療が困難になる前に適切なセルフケアをスタートしておきましょう!

何故できかけの妊娠線・でき始めの妊娠線は治療に適しているのか?

これについては妊娠線や肉割れのメカニズムを考えてもらえば明らかですね。

そもそも妊娠線や肉割れは、3層構造からなる皮膚組織の2層目、3層目の真皮層や皮下組織で起こったコラーゲン繊維の断裂や亀裂によるヒビ割れ状態なのはご存知かと思います。

このコラーゲン繊維の亀裂や断裂、表皮上には出血は伴っていませんが、表皮で起こった場合は過剰に引っ張られたことによる…いわば裂傷のような傷といえます。

切り傷や擦り傷よりも綺麗に治りづらいといわれる裂傷、さらに自然治癒力の低い真皮層や皮下組織で起こった傷なのです。

なので自然治癒を待っていたらいつになるのか分からない…というのが妊娠線の特徴といえますね。

先ほどの表皮の裂傷はもちろんですが、傷が最終的に綺麗に消えるかどうかは、「受傷後の初期に適切な処置がなされたか?」という部分に左右されるもの。

 

妊娠線でも同様です。

妊娠線が表皮上に現れてすぐに正しい妊娠線ケアを行なったかどうかが、最終的な傷跡を決めるともいわれています。

一方、放置されて時間の経過した妊娠線はたとえ皮膚科によるレーザー治療を駆使しても綺麗に治りづらいともいわれています。

最終的な傷跡を早く綺麗に目立たなくするならば、早期の妊娠線ケアが大切なのです。

できかけやでき始めの妊娠線に効果のあるセルフケアとは?

では初期のできかけの妊娠線、でき始めの妊娠線の治療に効果のある方法をご紹介します!

妊娠線ができる前の予防をメインとした妊娠線ケアでしたら、管理人の経験上、ドラッグストア等に並んでいる市販の保湿クリームでもそれなりに効果があると感じています。

 

というのも妊娠線予防において大切なのは、表皮を通して保湿成分を真皮層に与え、体型の変化や皮下脂肪の増加といった状態でも裂けずに伸びる肌質に変えてあげること…保湿クリームでも大きな効果が期待できるはず。

まずは保湿力、そして真皮層や皮下組織まで到達するための浸透力で選ぶのが間違いありません。

 

ですが一方、表皮上に現れてしまった妊娠線の場合、保湿成分だけでは改善されません。

すでに裂けてしまった以上、裂けてしまった亀裂や断裂が早く綺麗に回復するために皮膚組織のターンオーバーを促してあげる必要がでてきます。

そこでポイントとなってくるのが、真皮層でコラーゲン繊維を生成する働きのある線維芽細胞に栄養成分を与えること。

初期の妊娠線ケアの場合、どれだけターンオーバー効果があるのか?線維芽細胞を活発化させる成分はたっぷりと含まれているのか?という部分にこだわってクリームやオイルを選ぶと良いでしょう。

 

中にはコスパの面から、市販の保湿クリームでなんとかしようと考える方もいるかもしれませんが、初期の大事な時期を効果の無い保湿クリームで無駄に過ごすことは本当にコスパが良いことなのでしょうか?

管理人としてはできかけの妊娠線・でき始めの妊娠線こそ、以下のようなもっとも効果の高いクリームやオイルを使っておくことをお勧めしたいですね。

妊娠線のできかけ・でき始めの時期を逃すと綺麗に治らない!?

では上記のようなできかけの妊娠線、でき始めの妊娠線のタイミングを逃して、治療が遅れてしまうとどうなるのでしょうか?

 

この部分には諸説あるかもしれませんが、間違いなく初期の妊娠線よりも治療に時間がかかるだけでなく、最終的な傷痕も目立ってしまう可能性が高いと言わざるをえません。

もちろん放置した場合は絶対に消し去ることはできない…とも言いきれませんが、時間の経過とともに菲薄化した表皮も厚みを取り戻し、真皮層の亀裂や断裂もじょじょに埋まってくるでしょう。

ある意味、自然治癒ともいえますが、妊娠線クリームやオイルが浸透しづらくなったともいえます。そういった意味でも、どうせ妊娠線ケアを始めるならば早期にスタートした方がメリットは多いのは間違いありません。

【まとめ】でき始めの妊娠線をみつけたら…

以上、でき始め・できかけの初期の妊娠線の対策をまとめてみました。

ざっくりまとめると……

  1. まずは現状が、でき始めの妊娠線なのかどうかの確認
  2. 妊娠線であれば、妊娠線の症状や予算、妊娠線ケアの本気度に合わせて対策を決める
  3. 妊娠線ケアを絞り込んだら少なくとも1~2ヶ月スパンで継続

こんな3つのステップで進めてもらえば、効率よくでき始めの初期の妊娠線をケアできるはずですよ。

またクリームやオイル選びに悩まれる方もいますが、ネット上の口コミや評判は結局は他人の肌質で感じた1つの意見です。

あまり口コミだけを信用し過ぎず、最終的には自分の肌質で試してみることが大切なポイントです。そんな意味でも、少量から購入できる商品を幾つか試して自分の肌質・妊娠線との相性の良い商品をみつけるのが失敗しないポイントです。

以下の記事も参考に、アナタの肌質にピッタリの肉割れケア商品をみつけて早めに対処しておきましょう!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!