肉割れを消すのに効果のある食材と栄養素

肉割れを予防したい、できてしまった肉割れを薄く目立たなくしたい…そんな場合、まず最初に行うべき肉割れケア。

肉割れの一番の原因である弾力や伸縮性の無い真皮や皮下組織を柔らかくするための保湿やマッサージです。

また、状況に応じて美容整形外科やクリニックで施術されるフラクセルレーザーやクールタッチレーザーといったレーザー照射による肉割れの治療、もしくはサーマクールやYAGレーザーといった効果的な施術も効果があるでしょう。(参考ページ・・・肉割れをレーザー治療で消す)

しかし肉割れ部分に刺激を与える治療だけではなく、食生活を意識して、内面から肉割れを軽減させていく方法も忘れてはいけません。

肌の新陳代謝を上げ、ターンオーバーを促すことで皮膚組織が再生しやすい状態に変えていくことが肉割れ解消につながります。

食生活を見直し内面からたっぷりの栄養を与え、皮膚組織の外側から以下のような浸透性の高い栄養クリームを与えることが解消の近道ですね!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

真皮の7割はコラーゲン繊維

肉割れの発生している表皮の奥の真皮や皮下組織、水分を除くとその7割がコラーゲンでできているといわれています。

そもそも肉割れとは短期間の体重増加や急速な体型の変化によって皮膚が拡張された時、皮膚の伸びるスピードに追いつかず真皮や皮下組織のコラーゲン繊維が裂けてしまって亀裂が入った状態。

ですので肉割れを予防するには、コラーゲン繊維が断裂しにくい弾力性、伸縮性のある状態に保つことが効果的です。もちろんできてしまった肉割れについても同じです。

肉割れがおきた部位の皮膚のターンオーバーを促しコラーゲンが生産されやすい状態に改善することで徐々に薄く目立たなくなります。

そのためにはウォーキングやヨガなどの適度な運動で基礎代謝をアップし、新陳代謝をあげることも非常に大切ですが、コラーゲンを生産しやすい食事内容に気を使うことも同じように大切ですね。

コラーゲンを意識した食生活によってより強く断裂しづらい状態を目指していきましょう。

コラーゲンのためにコラーゲンを食べる?

ビタミンたっぷり!

そこで、コラーゲンを含んだ食品やサプリメントを摂取することで真皮や皮下組織のコラーゲンの生産につながるのか?といった疑問があるかと思います。たしかにスキンケア製品でもコラーゲン配合で肌のハリやツヤをアップさせるという商品が目立ちます。

しかし残念ながら食品として経口摂取されたコラーゲンに関しては、そのままコラーゲンとして体内で利用されることはありません。

食品は胃腸で分解され分子レベルで吸収されます。例えコラーゲンたっぷりの食材であっても結局は体内では一度アミノ酸という分子に変化して吸収されます。

つまりコラーゲンを食べようが何を食べようが、コラーゲンになる時はなるし、ならない時はならないわけですね。

コラーゲンを生成するのに必要な栄養素が大切

販売側はイメージ戦略としてコラーゲンを摂ると体内のコラーゲンがアップするかのように宣伝していますが、そういうわけではありません。(もちろん多少はコラーゲンとして利用されますが…)

コラーゲンを増やす、コラーゲン繊維を強化するには、コラーゲンを意識して摂取するよりも、皮膚そのものを作るためのタンパク質、そしてコラーゲンを作り出すために必要なビタミンCを意識的に摂る方が効果があるといわれています。

その他、皮膚のターンオーバーを促すレバーや人参、海藻といったビタミンAや血行を促進させ皮膚に栄養を与えるナッツ類、卵などののビタミンEなんかもコラーゲンを産生しやすいは皮膚をつくる上で大切な栄養素です。

コラーゲンを増やすにはコラーゲンは意味が無いのか?

では巷のコラーゲン食品やサプリメントは意味が無いのか?というとそんな事はありません。

コラーゲンを含んだ食材の多くはコラーゲンを生成するために必要な成分で構成されています。つまり効率よくコラーゲン生成の成分をまとめて摂ることができます。

たしかに食べたコラーゲンが、そのまま体内でコラーゲンとして利用されることはありませんが、コラーゲンを含んだ食品やサプリメントが無意味ではありません。

そもそもコラーゲンを多く含んだ食材にはコラーゲン以外にも皮膚に栄養を与えたり、ターンオーバーを促す成分が多いので十分に効果はあるでしょう。

またコラーゲンのサプリメント等は、今では市場で安価に販売されています。

実際に同じだけのコラーゲン成分を食材から摂ることを考えたら、はるかに費用も時間もかかりません。真皮や皮下組織のコラーゲンを産生し、肉割れが起きた皮膚組織を修復したい方なら摂っておくべき商品ともいえます。

もちろんコラーゲン製品を摂っているから安心…というわけではありません。コラーゲンを生成するにはビタミンCやタンパク質も同じように必要なことも忘れないでください。

肉割れケアのクリームやオイルにコラーゲンは含まれている場合

マッサージで肉割れを!

肉割れや妊娠線の専用クリームなんかにもコラーゲン成分が含まれているケースが多いかと思われます。確かにコラーゲン配合といわれると肉割れや妊娠線に即効性があるような気がします。

しかし肉割れも妊娠線もおこっているのは表皮の奥の真皮や皮下組織の部分です。

表皮の上から塗り込むクリームのコラーゲンがすべて真皮や皮下組織まで届くわけではありません。

たしかに表皮のハリやツヤはアップするでしょうが、同じように真皮や皮下組織が変化しているわけでは無いことも知っておくべきかもしれません。

もちろん肉割れ専用のクリーム等は浸透力も高い製品が多く、一般のボディクリームよりは表皮の奥まで浸透してコラーゲン成分が届きやすいはずです。しかし薄い表皮に比べ真皮や皮下組織は非常に厚みがあり、そう簡単に状態が変化するものではありません。

それだけに毎日ケアを続けても奥まで浸透して肌質が変わるまでには何ヶ月もかかるのが通常です。もちろん表皮が保湿されて柔らかい状態にはれば、真皮や皮下組織も徐々に保湿されてきます。

もちろん絶対にコラーゲン成分が配合していなければならないわけではありませんが、コラーゲンが含まれている製品の方がいくらか効果が高いのは間違いありません。