【お尻の肉割れ消す!】だったら早期のケアを!原因と症状別の治療方法

油断していたらいつの間にか報われや妊娠線が…!

一度できてしまうとなかなか消えない肉割れ線、気になって短いズボンやスカートを履きたくても履けない・・・という方も多いのではないでしょうか?

そこで当ページでは、肉割れのできてしまう原因や仕組み、肉割れができる予兆や前兆、できてしまった肉割れの症状別の対処法をまとめておきます。

ご安心ください。たしかにそう簡単に消し去ることは難しい肉割れ線ですが、しっかりと効果のある治療法を続けることで薄く目立たなくなってきます。

大切なのは1日も早く正しい方法で治療を開始すること!

いろいろ迷走した上に遠回りした管理人でしたが、やっぱり我流じゃダメだなと・・・結局は以下のような本格的なクリームを地道に継続するのが近道でした汗。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

お尻の肉割れを消したい!

お尻に肉割れが!

さて、ここからはお尻にできた肉割れいついて解説します。

肉割れ線にもいろいろあるけど、お尻という場所のため「なかなか発見されづらい肉割れ」ともいえるのが、お尻の肉割れだといわれています。

気がついたらスイカのような縦縞の線が何本も…といったケースもあれば、パートナーに指摘されて初めて気がついた…といった残念なケースもあるようです涙

できればお尻の肉割れができる前にしっかり予防しておくのがベターですが、できてしまっても早い時期ならなんとかなります。

しっかりとお尻の肉割れを知ってケアすれば十分に薄く目立たなくなりますよ。

お尻の肉割れの原因

お尻の場合でも太ももの場合でも、肉割れの仕組みや原因は同じです。

簡単にいえば、伸びにくい皮膚の奥の真皮や皮下組織の限界を超えた体型の変化によって真皮や皮下組織に亀裂が入ってひび割れてしまった状態・・・に他なりません。

ちなみにできて間もない肉割れだと肉割れ線が赤紫色しているケースが多いですが、あれは奥の毛細血管が透けて見えている状態なんです。

つまり表皮は薄く伸びやすいのに対して内側の真皮や皮下組織は伸びにくい性質なわけです。

なので表皮は伸びて対応できたのに真皮や皮下組織が対応できずに割れてしまったということ。言い換えれば真皮や皮下組織の柔軟性、伸縮性が足りなかったために起こったということですね。

このように伸びづらい部分で起こる肉割れは、同じく伸びにくい性質の皮下脂肪でも起こりやすいといわれています。

つまりお尻のようにもともと皮下脂肪の多く皮膚の厚い部分は最も肉割れが起きやすい場所だといえますね。

ですのでお尻の皮下脂肪の少ない女性はお尻の肉割れができづらい一方、お尻の大きな女性は肉割れができやすいといわれています。

お尻の肉割れは気づきにくい

お尻の肉割れは胸(バスト・おっぱい)の肉割れやお腹まわりの肉割れに比べ、場所柄、発見が遅れるケースが多いといわれています。

どうしても目の届きにくい部位ですのでケアも怠ってしまいがちになり、結果として肉割れができてしまった場合も発見が遅れてしまうわけです。

また太ももや二の腕の肉割れあたりに比べると、洋服を着ている限りひと目につく部位ではないので気が緩んでいるのかもしれません。

しかしお尻の肉割れができたということは、肉割れのできやすい肌質ということでもあります。今はお尻だけでも時間と共に太ももひざ裏ふくらはぎの肉割れになってしまう確率が高いといえます。

そう考えると、今後の肉割れ線を予防する意味でもすぐに肉割れケアを始めた方が良いのは間違いありませんね。

Click→1日も早い肉割れケアが大切!人気の肉割れ専用クリームとは?

お尻の肉割れ予防なら

一度できてしまうと消し去るのが本当に大変なお尻の肉割れです。

できればできる前にしっかりケアしてお尻の肉割れをしておきましょう。肉割れ線ケアにはいろいろありますが、まだできていない状態であればそれほど深刻になる必要はありません。

基本はお尻の皮膚の奥まで保湿成分が染みこむように毎日マッサージしながら保湿クリームを塗ること。

余裕があれば肉割れ予防・妊娠線予防のクリームを使った方が効果が高いかもしれませんが、普通の保湿クリームでも十分に予防はできるはずです。

どのタイミングで肉割れが現れるかもしれませんから思いついたらすぐにスタートした方が良いかもしれません。(参考ページ・・・肉割れのできるタイミング)

皮膚の真皮や皮下組織まで保湿成分が浸透するには時間がかかるものです。

なんか最近太った気がする…と感じた時、もしくはこれからダイエットを本気で取り組む!といった肉割れができやすい状況の前に忘れずに肉割れ予防を始めてみましょう。(参考ページ・・・肉割れしないダイエットとは!肉割れを予防しながら痩せるコツ)

本気でお尻の肉割れを消したい人は

マッサージで肉割れを!

そうはいっても肉割れ予防の甲斐なく、気がついたらお尻に肉割れができてしまっていた…という方も多いかもしれません。

そんな場合でも慌ててはいけません。ネット上の口コミや評判では肉割れ線は消えないなんて言われてますが正しい方法で肉割れケアすれば十分に消すことができます。

そういった「肉割れが消えない」「絶対に治らない」といった意見はしっかりと肉割れケアを行わずに放置していた方や、途中で挫折してしまった方かもしれません。

医学的には完璧に消すことはできませんが、他人から見られても大丈夫なくらいキレイには消せるものです。

ただし放置期間が長ければ長いほど治しづらいのは間違いありません。

できれば白く光った状態、皮膚に凸凹感がでている状態になる以前の、治りやすい赤い肉割れ線、赤紫色の細い線(新肉割れ線)の状態で肉割れ線ケアを始めた方が効果的です。

あれこれ解消法を悩んでいる時間が勿体無いかもしれません。どんな方法だとしても1日でも早く肉割れケアをスタートしてみましょう。

※管理人の場合、こんな専用クリームでケアしてけっこう薄くなってきましたよ!