妊娠線を絶対につくらない!妊娠線防止の対策と妊娠線予防のポイント

妊娠線の予防と解消にフォーカスした当サイトに先日、妊娠線を絶対に作らない!といった検索ワードで辿り着かれた方がいました。

おそらく妊娠初期~中期の妊婦さんで「何が何でもぜーったいに妊娠線は作りたくない!!」といった気合の入った方だと推測されます。

たしかに妊娠線はできてしまうと本当に厄介・・・薄く目立たなくなっても完璧に消し去ることはできません。

なので管理人としても、この方のように絶対に作らないと気合を入れて予防するくらいがちょうどいいかなあって思いますよ。

とにかく何が何でも妊娠線は絶対につくらない!綺麗なお腹まわりを維持したい!

そもそも妊娠線て完璧に予防する方法なんてあるの?あったら知りたいわ・・・

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

結果からいいますと、妊娠線は複雑な条件が絡み合ってできちゃうので完璧に予防というのはムリ!残念ながら確立は減らせてもできる時はできちゃうんです。

ただ妊娠線のできるずっと前から効果のあるクリームを塗り込んでおけば、防げる可能性は高まります。

念のため、以下のような本格的な専用クリームをひとつ用意して妊娠線ケアに臨めば安心できますよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

絶対に妊娠線を作らない…確実に妊娠線を予防したい方が実践すべき対策

絶対に妊娠線を作りたくないなら、最低限、妊娠線の原因や条件、詳しい症状くらいは知っておきたいもの。

そこで以下に妊娠線についての基本的な知識をまとめておきます。

妊娠線の原因

妊娠線が痒い!

マタニティ関連の雑誌や書籍、ネットの情報をみても普通に使用されている妊娠線という言葉。

医学的には妊娠線とは呼ばれずに皮膚伸展線条線状皮膚萎縮症といった症状を指します。

ストレッチマークとも呼ばれることがありますね。

この線状皮膚萎縮症とよばれる妊娠線や肉割れですが、原因は簡単にいってしまうと急激に太ったりお腹が大きくなったりという体型の変化。

または体重が増えて皮下脂肪が増えたことで起こります。これ以外にも成長期に短期間に身長が伸びたり、急激な筋トレによって筋肉が肥大したことでも起こるものです。

こういった体型の変化によって、皮膚の表面の表皮は薄く伸びやすいために裂けることはありませんが奥の真皮層や皮下組織は耐え切れずに断裂や亀裂を生じることがあります。

これこそが表皮の上から見える妊娠線というものなのです。

直接的な原因は急速な体型の変化や体重の変化ともいえますが、真皮層が乾燥しがちで弾力性や伸縮性が乏しい状態も妊娠線の原因といえます。

また過剰な皮下脂肪によって皮下組織が厚い状態も裂けやすい状態といえるかもしれません。

妊娠線の予兆

これらの原因によって突然できてしまう妊娠線ですが、じつは突然できるわけではありません。

表皮の見える部分で起こる裂傷と違い伸縮性で起こる妊娠線は皮膚の上から兆候や前ぶれを確認することができません。

しかし妊娠線が起こる前ぶれや予兆として「痒み」「ピリピリした痛み」が感じられるケースが一般的なようです。

これは妊娠線による真皮層小さな亀裂が生じた際に感じる痛みを痒みと錯覚して感じる現象。

表皮の乾燥による湿疹の痒みなどと勘違いされがちなので注意しておきたいところです。

妊娠中になんとなく痒い…、気がついたらお腹やお尻、太ももを掻いていた…なんて場合は妊娠線がすでに始まっている可能性もあります。

とにかく保湿しておきましょう。(参照 痒みは妊娠線の前ぶれ?妊娠線のできる予兆・兆候を見逃さない!

妊娠線の条件

で妊娠線のできる条件について。妊娠線は基本的に以下の条件が整ってしまうと発生しやすいといわれています。

逆に考えれば以下の条件をしっかり取り除くことができれば高確率で妊娠線は予防できたも同然です。

妊娠中期になったら始めよう!と余裕を構えずにすぐに始めておきましょう。早ければ早い妊娠線予防ほど効果的ですよ!

食生活で栄養バランスがとれていない

妊娠線だけの問題でなくお腹の赤ちゃんにとっても栄養バランスの良い食生活は肝心です。

つわり後によって食生活の好みも変わり栄養バランスが保たれていない場合は妊娠線にも影響してきます。

たっぷりのビタミンCと良質なタンパク質は真皮層のコラーゲン繊維やエラスチン線維をつくる線維芽細胞を活発化させます。

また柔らかく弾力性の高い真皮層や皮下組織を生成するために各栄養素をバランス良く摂取する必要があります。

※こちらの記事、妊娠線を予防・解消する食事とは?食生活から妊娠線ケア!もご参考にどうぞ。

妊娠してから運動不足になった

運動量がね・・・

妊婦さんの多くは運動不足になりがちです。

妊娠初期の間は無理な運動は禁物ですが安定期に入った妊婦さんにとっての毎日の適度な運動は赤ちゃんのためにも大切なこと。

もちろん妊娠線や肉割れを予防する意味でも重要な意味があります。

ウォーキングやマタニティ・ヨガなどで基礎代謝をアップさせれば新陳代謝も活発になり皮膚組織のターンオーバーも促進されて裂けにくい理想的な肌質に近づきます。

また過剰な皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させる意味でも運動は取り入れるべき。妊娠線のできる皮下組織の多くは皮下脂肪で構成されています。

皮下脂肪も裂けやすい性質のため、妊娠線予防の面では皮下脂肪は極力減らした方が効果的です。

もともと乾燥肌

僅か0.5mmの表皮の奥はすぐに真皮層や皮下組織です。

したがって表皮が乾燥しがちなタイプは真皮層や皮下組織も乾燥状態の方が多いようです。

乾燥状態の真皮層ではコラーゲン繊維の結合力も弱く、ちょっとした外的な刺激で伸びずに裂けたり切れたりするのは予想できます。

つまり徹底的に保湿して、万が一の体型の変化でも裂けずに伸びるコラーゲン繊維に変えてあげましょう。

そのために保湿力だけでなく浸透性の高いクリームやオイルを用いて毎日塗り込んであげることがポイントとなってきます。

表皮のスキンケアよりも真皮層に保湿成分を届けることが大変なことです。毎日、しっかりと継続しておきたいところですね。

適正体重を超えてしまった

過食や運動不足によって適正体重を大幅に超えてしまった場合、それだけ妊娠線のできる確率が高いということです。

妊娠線はお腹まわりにできる方が多いですが太ももやお尻、バストとどこにでもできるものです。

体重増加にともない、二の腕やふくらはぎと予想外の部位にも妊娠線ができる可能性も高くなってきます。

やはり過剰に体重を増やさないように適度な運動や食事内容の見直しを行った方が安心かもしれません。

やはり絶対に妊娠線を作らないならば妊娠線予防を完璧に…

肉割れクリームって効くの?

以上のような妊娠線のできる条件を知って可能な限り取り除くこと、それがもっとも効果のある妊娠線予防といえます。

しかし残念ながら妊娠線はできる場合はどれだけ予防やケアを行ってもできるもの。

肌質や遺伝的な要素も大きいものですから仕方がありません。

もちろんできてしまっても早期に治療すれば完全に消し去ることが難しいですが、ある程度キレイに薄く目立たなくすることも十分に可能です。

ですのでそれほど深刻に考える必要はありません。

とはいえ、妊娠線ができた場合に「もう少しちゃんと妊娠線ケアしとけば…(泣)」と後悔だけはしたくないものです。

そのために妊娠線予防クリームや柔らかい真皮層のつくるマッサージといった負担のかからないセルフケアは行っておきたいものですね。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...