妊娠線のできやすい人・妊娠線のできにくい人とは?

先日、当サイトに

「妊娠線できやすい人」

といった検索フレーズで訪れてくれた方がいたようです。

 

ちょっと「妊娠線できやすい…」だけでは

既に妊娠線ができた方なのか?

または

今後、お腹が大きくなっていくうちに妊娠線ができてしまうのでは?

と心配な方なのかわかりませんけど

『妊娠線のできやすい体質とか肌質ってあるんかなー?』って思ったんだと想像できます。

 

まあ妊娠線や肉割れといった症状は、どこまで予防してもできちゃう時はどうしようもないケースあります。

 

とはいえ、自分が妊娠線のできやすい体質って知っておけばより注意深く予防したり妊娠線ができた場合の準備もしておくことができるもの。

 

ただ結果からいいますと、少しでもヤバイかも!?って思ったら、何かひとつ以下のような専用のケアクリームを用意しておくといいですよ!

参考ページ 1日も早い妊娠線ケアが大切! 定番の妊娠線を専用クリーム3選!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線の仕組みを知ればみえてくる妊娠線のできやすいタイプ

妊娠線ができやすいタイプを考えてみる前に、少しだけ妊娠線の仕組みについて説明しておきます。

というのも、妊娠線の原因やきっかけを知れば自ずと妊娠線のできやすいタイプがみえてくるものです。

つまり妊娠線のできる条件がいくつも当てはまる人は妊娠線のできやすいタイプということです。

妊娠線のできる理由を具体的に考える

コラーゲン再生!

そもそも妊娠線は妊娠期、とくに妊娠中期から後期にかけてお腹が大きく膨れることや皮下脂肪によって体型が変化することで起こる真皮層や皮下組織における断裂や亀裂の状態を指します。

 

大きな意味では肉割れと同義として扱われ、妊娠期に起こった肉割れを妊娠線と呼ぶのが通常です。

つまりお腹周りにできたものだけが妊娠線という意味ではありません。妊娠期にできた肉割れならば太ももでも二の腕でも妊娠線と呼ぶのが一般的なようです。

 

具体的に妊娠線ができるもっとも大きな理由は皮下脂肪によって体型が変化したことと、徐々に大きくなる胎児や子宮によってお腹周りの皮膚が急速に引っ張られることです。

妊娠線の発生するタイミングが妊娠6ヶ月後半~臨月といった時期に集中することからも、原因はハッキリとしています。

でも妊娠線のできない人もい多いのはなぜ?

妊娠線が痒い!
とはいえ、いくら注意して予防を続けていても妊娠線のできちゃう人もいれば、まったく予防もせずに妊娠線のできない人もいます。

 

これはどういった事なんでしょうか?

 

これがつまり「妊娠線のできやすい人」「妊娠線のできにくい人」の違いといってもよいかもしれません。

 

じつは妊娠線が発生するにはお腹が大きくなることや皮下脂肪で体型がふっくらすること以外にもいくつも条件があるといわれています。

参考までに以下に妊娠線ができてしまう条件をご紹介しておきます。

 

つまり以下の条件がいくつも当てはまった場合は妊娠線のできやすいタイプなのは間違いありません。まだできていない方でも十分に注意しておきましょう。

妊娠中の食生活に問題あり

ビタミンたっぷり!
つわりの間は食欲不振となっていた体も安定期に突入した途端、急に食欲が旺盛になるパターンも多いでしょう。

 

また食事の好みも微妙に変わってしまうために栄養バランスも崩れてしまいがちですね。

 

そんな食生活の変化で必要以上に皮下脂肪や内臓脂肪が増加してしまう方は要注意です。

もちろんお腹の赤ちゃんや出産の準備にある程度の皮下脂肪は大切ですが、過剰についた脂肪が原因で妊娠線も起こってしまいます。

 

また妊娠線のできにくい皮膚組織のためには、コラーゲン産生に効果のあるビタミンCがとっても大切です。良質なタンパク質と一緒にビタミンCを意識して摂取しておきましょう。

ホルモンバランスによる乾燥肌

妊娠中は女性ホルモンとよばれるエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンバランスが普段と違うことで体温も違えば肌質も変わってきます。

 

むくみやすいといった妊婦さんが多いのもこのプロゲステロンのようなホルモンのバランスが変わってしまったため。

 

イライラしたりむくみやすいだけでなくお肌の調子も悪くなるために普段はしっとり肌の方でも乾燥してガサガサになるといわれています。

 

潤った真皮層にくらべ乾燥した硬い真皮層は伸びづらく、伸びたら元に戻りづらく亀裂が生じやすいのは想像できますね。つまり皮膚の伸縮性や弾力性の面でも絶対に潤いが大切です。

 

肌質はケアしてすぐに改善される部分ではありません。表皮と違い真皮層や皮下組織まで保湿成分を到達させるには予想以上の時間がかかります。妊娠初期からの保湿を心がけてください。

皮下脂肪の多い体質

体重管理が・・・
妊娠線は体型の変化に真皮層のコラーゲン繊維やエラスチン線維の伸縮が追いつかずに断裂した状態、つまり問題は真皮層や皮下組織のような厚みのある伸びづらい性質なんです。

 

薄くて柔らかい表皮は断裂せずに伸びるのに対し、真皮層や皮下組織は断裂しやすい伸びづらい性質です。なので必要以上に皮下脂肪が多い体質は妊娠線のできやすい体質ということ。

 

最低限の皮下脂肪は必要ですが、必要以上に皮下脂肪を蓄えないように心がけておきましょう。

家族に肉割れや妊娠線のできた人がいる

最近では妊娠線、つまり皮膚伸展線条や線状皮膚萎縮症といった症状を特定する遺伝子マーカーも見つかったといわれていますが、肌質を含めて妊娠線のできやすい体質は遺伝すると考えられています。

 

もちろん家族に肉割れや妊娠線のできた方のいる場合は十分に注意しておくと良いかも…。

 

もちろん家族に妊娠線や肉割れができた方がいても自分にはできない場合も普通にありますからご心配なく。

妊娠線のできやすいタイプとは結局…

と、ここまで妊娠線のできる条件の代表的なものを幾つか紹介してきました。

 

つまり妊娠線のできやすいタイプとは、これらの要素がいくつも当てはまったタイプということ。

 

例えば全ての条件が当てはまった人は妊娠線のできる可能性は相当高いといってもよいかもしれませんね。

しかしここで紹介した妊娠線のできる条件もあくまで一般的な方の経験を元にしたデータのようなものです。

 

なので当てはまったので妊娠線ができちゃうって必要以上に深刻になる必要はありません。

ただし妊娠線を早い時期からしっかりと行った方は、それだけ妊娠線を予防できるともいわれています。

 

少しでも心配だったら精神衛生上、少しでも早い時期から妊娠線予防を始めておきましょう!

Click→管理人が実際に試した妊娠線解消クリームの正直な感想と評価!