【低刺激な妊娠線クリームのおすすめ!】肌もニオイも過敏な妊婦さんの妊娠線予防!

とくに妊娠初期~中期の妊婦さんはニオイやお肌がとっても敏感になる時期。

これまでは気にならなかったニオイが苦痛に感じたり、感じなかったニオイも敏感に察知するようになります。

またニオイだけでなくお肌も敏感になる時期でもありますよね。

たとえばしっとり肌だった方がガサガサ乾燥肌になってしまう、乾燥肌だった方が反対にギトギト肌になって肌荒れやニキビができて…といった事も。

このようなニオイやお肌が敏感になる状態、どちらも女性ホルモンが大きく関係しているんです。

なのでこの時期だけでも、ニオイをおさえた低刺激の妊娠線クリームを利用してみてもいいかもしれませんね。

妊娠線の予防クリームの中でもニオイの無い低刺激の商品がいい!

敏感肌なので赤みや痒み、発疹の心配のない、肌に刺激の少ない妊娠線クリームだと嬉しい!

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

どうしても妊娠中はニオイも肌質も敏感になりがち・・・海外製の予防クリームだと刺激が強すぎるって人、多いんです。

そんな方のために、国内生産で低刺激の妊娠線クリームを以下にまとめておきますね!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れて敏感に

妊娠初期~中期のニオイやお肌が過敏な状態、どちらも妊娠前とはホルモンバランスが変わってしまった事が原因ですね。

女性ホルモンには大きく分けて卵胞ホルモンとよばれるエストロゲン黄体ホルモンとよばれるプロゲステロンの2つが存在します。

生理後~排卵前までは女性らしい体をつくる働きのあるエストロゲン、排卵後から次の生理までは妊娠をサポートする働きのあるプロゲステロンが優位な状態といった具合です。

この2つの女性ホルモンが入れ替わり分泌されることで、普段なら体と心のバランスを保つことができるわけです。

ですが妊娠することでエストロゲンもプロゲステロンも分泌量が増加し、これまでのバランスが急激に崩れ始めます。

結果、嗅覚が敏感になる働きのあるエストロゲン、お肌の不調につながるプロゲステロンの影響が顕著に現れてしまいニオイやお肌が敏感になってしまう・・・これがニオイや肌質が敏感になってしまう理由なんです。

ニオイ過敏の原因はエストロゲンの増加

妊娠初期~中期の妊婦さんの多くがニオイに敏感になってしまうのはホルモンバランスが変わったことでエストロゲンが強く働いていることが関係しています。

エストロゲンは嗅覚を敏感にする働きのあるホルモン。

一説ではお腹の胎児に悪影響のある物質を、本能的に避けて胎児を守るために過敏にさせているともいわれています。

化粧品等の香料やタバコ、生ごみのニオイといった妊娠してから急激に苦手になったニオイは、もしかしたら胎児に悪影響を及ぼす可能性があると体が判断したのかもしれません。

もちろん普通の食事やキッチンのニオイ、スーパーの生鮮食品のニオイ、湯気や蒸気のニオイが苦手になる妊婦さんも多いといわれています。

基本的に安定期に入る頃には、ほとんどの方のニオイづわりは解消されるようです。

敏感肌はプロゲステロンの増加が影響

コラーゲン再生!

本来はエストロゲンの分泌が増加することで、心も体も健やかで精神的にも安定した状態が続くはずですが、妊娠中はそんなわけではありません。

エストロゲンもプロゲステロンも分泌量が増えているバランスのとれていない状態です。

したがってプロゲステロン優位な状態に転がればお肌の調子は乾燥肌や敏感肌に、そして水分を溜め込み手足もむくみやすい状態になってしまいます。

妊娠前はお肌に自身のあった方も妊娠してから急激にガサガサの乾燥肌に…。

これまでニキビなんて無かった方が妊娠した途端にポツポツとニキビが…といった変化は、こういったプロゲステロンの分泌が大きく関係しています。

ニオイやお肌以外の女性ホルモンが原因の変化

ニオイやお肌の変化だけでなく、妊娠中は女性ホルモンによって様々な体や心の変化がみられます。

これは赤ちゃんを安全に元気に成長させるために仕方のない変化です。もちろん嬉しい変化もありますが、そうでない変化も沢山あります(笑)。

けど赤ちゃんが無事に生まれてくることが最優先ですからね。しっかりと理解して出産まで女性ホルモンと付き合っていきましょう。

まずプロゲステロンの増加によって精神的な不安定状態が頻繁に訪れます。

イライラや不安…感情の起伏が激しくなる一方で体も様々な変化が…女性ホルモン増加によって色素沈着作用がはたらきシミができやすく、内臓の筋肉も変化することで便秘がちになったりと。

先ほどもでてきましたが、プロゲステロンは水分を溜め込む性質があるので、老廃物を含んだ体内の水分が排出されずに溜め込みやすい状態にもなってきます。

これは放置するとむくみやセルライトなんかの原因にもなるので要注意ですね。(参考:セルライトと肉割れの違いを知って解消する

無香料・低刺激な商品、少量やお試し購入のできる商品を!

マッサージで肉割れを!

このように妊娠中は、ニオイに過敏になったり肌質が変化するだけでなく妊娠前とは様々な部分に変化がみられる時期。

妊娠線ケアにおいても、無香料や無添加、そして低刺激な商品が支持されている理由も納得だと思います。

とくに過敏な妊娠初期~中期にスタートしておきたい妊娠線ケアだけに、その部分はもっとも注意して選んでおきたいもの。

妊娠線ケア商品には海外製のオイルや有名ブランドの商品も数多くありますが、ブランドイメージや可愛らしい容器などで選ぶと後悔してしまうかもしれません。

また本格的にニオイに敏感な方だと微香タイプの妊娠線クリームやオイルでも気になってしまう方もいるようです。

そういった方は無香料、そしてニオイや肌に合わない可能性も考えて少量からお試し購入の可能な商品を選んでおくのがいいかと思います。

口コミサイトでも評価の高い商品、定番の肉割れ・妊娠線クリームを以下にピックアップしておきます。参考にしてみて下さい!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...