ダイエットしたら肉割れが!?肉割れと肥満・減量の関係

肉割れのできる原因は人それぞれ。
妊娠~出産というタイミングで肉割れができる人、過度のトレーニングや筋トレによって肉割れになる人も多いです。

 

そんな中、当ページをみてくれているということは、

ダイエット(もしくはリバウンド)したら肉割れができちゃった!!ヤバい……
肉割れせずに痩せる方法、ダイエットのポイントが知りたい!

こんな感じで、ダイエットによって出現した肉割れ・ストレッチマークをどうにか解消しようとネット検索して調べていませんでしたか?

 

当ページでは、そんなダイエット後の肉割れに悩める女子にむけ、ダイエットと肉割れの関係、ダイエットによって現れた肉割れの正しい解消法をアナタに変わって調べてみました。

お急ぎの方にざっくりと結論からいいますと、何らかのダイエットを行った場合、リバウンドによる肉割れができる可能性は少なからずあります。

 

一度できると治りづらい肉割れ線。体重を落とすのと同じくらい肉割れ予防ケアにも注意してダイエットを進めてくださいね。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

ダイエットだけでは肉割れは起きない!?

ここ数日、当サイトに「ダイエットで肉割れができた…」といった検索ワードで訪れたくれた方がいたようです。

おそらくダイエットに一生懸命で、ある程度ダイエットの成果がでてきて、気がついたらお腹まわりやおっぱい、お尻に肉割れができてしまった…といったケースかと思われます。

しかしよく考えてください…肉割れの原因はいくつかありますが「真皮層が必要以上に引っ張られて断裂や亀裂が生じる」。

もしくは「真皮層や皮下組織の乾燥状態がひどく、ちょっとした刺激によって亀裂やヒビ割れが起こる」といったものが中心です。

つまりダイエットで減量したそれ自体では「肉割れの原因」にはなり得ないということです。

単純に肉割れに気がついたのがダイエット中、ダイエット後だったというだけで、実際にはダイエット前に肉割れができ始めていた可能性を疑ってみた方がよいかもしれません。

ダイエットする=肥満気味だった=肉割れが既にできていた

体重管理が・・・

つまりダイエットを始めようと思った時点で、通常の方であれば理想的な体重を大幅に超えてしまった状態と考えることができます。

つまり、その肥満気味になったタイミングで既に肉割れができていた…というのが自然な発想かと思われます。

というのも、妊娠線を考えてもらえば分かりますが、妊娠線や肉割れは線状皮膚萎縮症や皮膚伸展線条とよばれる状態です。

これは皮膚が短期間に必要以上に引っ張られて起こるのが直接の原因だからですね。

またダイエットを行う方の多くはダイエットとリバウンドを繰り返しているタイプが多いようです。

つまり通年で同じ体重というタイプではなく、時期や季節によって何キロも体重が上下するタイプです。

線状皮膚萎縮症や皮膚伸展線条は、こういった体重の増減が激しいタイプにできやすい症状というのは間違いありません。(参考ページ・・・肉割れしないダイエットとは!肉割れを予防しながら痩せるコツ)

ダイエットを目的とした筋トレで肉割れに…

とはいえ、ダイエットが直接的な肉割れの原因ではありませんが、ダイエットのために実践した運動が肉割れの原因となるケースも少なからずあるようです。

例えばダイエット目的で行ったフィットネスジムでのマシントレーニング、痩せることが目的のマシントレーニングでも使い方次第では肉割れが起こることは十分に考えられます。

低めの負荷で回数を増やすといったトレーニング方法ではなく、力いっぱいで行う高負荷でのトレーニングは肉割れになりやすいかもしれません。

高負荷でのマシントレーニングでは一部の筋肉だけを極端に鍛えてしまうため、予想外の部分に肉割れができることがあります。

例えばバタフライを過剰に行うことでおっぱい、バストを中心に大胸筋が鍛えられ、肉割れになることもあるでしょうし、レッグプレスを過剰に高負荷で行うことで太ももに肉割れができる方も多いようです。

ですので肉割れが心配な方は必ず低い負荷で、回数を多めに行うトレーニング方法でダイエットを目指してください。とくに女性の場合は細くてしなやかな筋肉になるので、こちらがおすすめです。

食事制限、栄養不足によるダイエットも肉割れに…

ダイエットを実践した方のほとんどは、なんらかの食事制限や食事量を減らすといった見直しを行ったはずです。

もちろん十分に栄養を摂れた状態であれば、そういったダイエット方法も悪くありません。

しかし肉割れが起こる原因のひとつに「真皮層の乾燥、栄養不足」といった理由もあることを忘れてはいけません。

ダイエットによる食事制限や食生活の見直しで、摂取カロリーが急激に抑えられてしまうと真皮層や皮下組織を始め、皮膚組織を生成するための栄養が極端に不足します。

そうなった場合、新陳代謝も落ち込み真皮層や皮下組織もカサカサの乾燥状態になってしまうわけです。

乾燥状態で済めばよいですが、コラーゲン繊維やエラスチン線維を線維芽細胞がつくる上で大切なビタミンCやタンパク質も不足してしまうと、真皮層に網目に広がるコラーゲン繊維も断裂しやすい弱い状態になってきます。

つまり知らずに痩せるために行った食事制限が、肉割れの起こりやすい肌質を引き起こしているわけです。

もちろんダイエット前の肥満気味になった際に肉割れは起こったわけですが、ダイエットを始めてから目立ち始めたのなら、こういったビタミンCやタンパク質が不足して、正常にコラーゲン繊維を生成できないことが原因かもしれませんね。(参考ページ・・・肉割れを消すのに効果のある食材と栄養素)

リバウンドが起こるようなダイエットは実践しないこと

時系列

では今後、ダイエットやリバウンドによって起こる肉割れを防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

やはりもっとも肝心なことは「リバウンドが起こるようなダイエット方法は実施しない」ということです。

そもそもリバウンドが起こるダイエットというのは、短期間で無理に行う過激なダイエット方法です。数ヶ月で成果がでるようなダイエットということです。

その場合、食事制限によって基礎代謝や新陳代謝が低下することは目に見えてるし、ハードな運動も必要になってきます。

また無理に行うために目標体重を達成したら一気にモチベーションが下がってフェードアウトしがちになります。…そしてリバウンドは必ずやってきます。

つまり1ヶ月に何キロも減量するような過激なダイエットには手を出さないことです。

そしてどうしてもダイエットの必要がある場合も、筋トレ方法にも注意して皮膚組織の栄養を考えた上で食事制限を行ってください。

3大栄養素とよばれるタンパク質、炭水化物、脂質はしっかりと摂取し、とくにコラーゲン繊維の生成に必須なビタミンCはとくに多めに摂取することです。

また、外からとる方法としては、ビタミンC配合などの肉割れクリームなどがお勧めといえます!

Click→肉割れの仕組みを知ったら今度はセルフケア!人気の肉割れ解消クリーム詳細