肉割れはバイオイルで消える?バイオイルのストレッチマーク解消効果!

肉割れや妊娠線を効果的に消し去ろうとあれこれ考えた結果、バイオイルという商品を発見し、

バイオイルって有名だけど、肉割れとか妊娠線にどれだけの効果が期待できるの?

もしかすると、バイオイルの肉割れ予防・解消効果や口コミや評判をネットで探していませんでしたか!?

当ページではそんな肉割れケアにバイオイル検討中のアナタにむけ、

  • バイオイルの成分や効果、
  • じっさいに肉割れにどれだけ効くのか?

を独自に検証してきました。

ここ数年、アルガンオイルやバイオイルといったオイル系の肉割れ解消商品も数多く登場、選択肢も増えた結果、どの肉割れ商品を使えばいいのか迷う人も多いです。

お急ぎの方に結果からいうと、低刺激と豊富な栄養成分という点で、国内生産の肉割れ専用クリームの方が断然におすすめというのが当ブログのスタンス。このへんの理由も詳しくお伝えしてます。早速みていきましょう!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

バイオイルの成分や期待できる効果とは?

バイオイルオイルでありながらベタつかない新感覚のオイルとして世界中で支持されているバイオイル。

主にニキビ跡火傷痕傷痕小じわを目立たなくする効果が大きいとされ、その手の商品の中ではロングセラー商品といってもよいかもしれませんね。

某口コミサイトなどでも口コミ数も多く評判もまずまず高評価なので、肉割れや妊娠線が気になる方は一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

ちなみにバイオイルの成分は…

  • ミネラルオイル
  • トリイソノナノイン
  • エチルヘキサン酸セテアリル
  • ミリスチン酸イソプロピル
  • 酢酸トコフェロール、ビサボロール
  • 香料
  • ラベンダー油
  • ローズマリー油
  • ヒマワリ油
  • パルミチン酸レチノール
  • ダイズ油
  • トウキンセンカ花エキス
  • BHT
  • ローマカミツレ花エキス
  • 赤225

といった感じで表示されています。

たしかにサラッと伸びがよく数滴のオイルで十分に広範囲をカバーできる上、ベタつきが気にならないため、保湿剤としては使い勝手の良い便利なオイルだと実感しています。

バイオイルの傷痕や火傷痕を解消する成分

で問題の傷痕や火傷痕、ニキビ跡を解消する効果について考えてみましょう。

確かにダイズ油、トウキンセンカ花エキスといった成分を含んでいるバイオイルは十分に傷痕や皮膚のダメージを修復する効果は期待できるといってもよいでしょうね。

…こららの成分は傷痕を薄く目立たなくさせる効能をもった成分です。

また成分内容をみるかぎり、ある程度のビタミンAやビタミンEといった成分も含んでいるのがわかります。

つまり皮膚組織の修復に必要なコラーゲン産生にも効果が期待できるのも間違いありません。

つまり傷痕や火傷痕のような皮膚組織の再生効果の高いオイルといった部分では評判通りの成分といえるでしょうね。ただ肉割れやストレッチマークを解消できるかどうかは別問題となってきますが…。

バイオイルの肉割れ解消効果は?

で、問題のバイオイルの肉割れの解消効果といった部分に話を戻しましょう。

某口コミサイトの口コミを確認していただければ分かりますが、バイオイルを肉割れや妊娠線に使用して解消できた!といった口コミは少数派で、残念ながら多くの方は効果を実感できないという感じなんですよね…。

中にはだいぶ薄く目立たなくなってきた…♪といった口コミもありますが、それはあくまで少数派。

きっと本格的に肉割れや妊娠線ができてしまった場合、それらを消すほどの効果はみられないということかもしれません。

もちろんニキビ跡や火傷痕には効果があったという口コミは非常に多いので、傷痕解消の効果は間違いないのでしょうが、やはりオイルということで肉割れを解消するまでの効果を求めること自体が厳しいのかもしれません。

鉱物油、閉塞剤やタール色素が気になる方にはおすすめできない!

また海外で評判のバイオイルだけに、日本人の繊細な方には合わないケースが多いようなので購入前にはご自分の肌質を考えてから購入して方がよいかもしれません。

口コミをみても「保湿効果はあるけど赤く腫れちゃうのでやめました…」とか「肌に合わないし匂いもキツいので継続できない…」といった口コミが目立ちます。

成分内容をみての通り、バイオイルの主成分はミネラルオイルです。

また閉塞剤といえるトリイソノナノインやタール色素の赤225も含んでいるのでとてもナチュラル系の商品とはいえませんからね。

ニキビ跡や火傷痕、肉割れや妊娠線の解消の場合ってある程度の期間塗り続けることが想定されます。

なので個人的にはこういったケミカルな要素は含まれていない商品がいいかなぁと思いますけどね。

とにかくけっこうな確率で肌に合わなく継続できない方がいます、まずは少量のお試しサイズからスタートしておきましょう。

肉割れをバイオイルで消すならば…

肉割れや妊娠線はとっても個人差の大きいものです。二の腕やふくらはぎにできた薄く細い肉割れの方もいれば、バスト太ももに太くて深い肉割れが何本もできてしまった方までいろいろですよね。

なので比較的お肌の敏感じゃない部位、それも薄く軽度の肉割れや妊娠線であればバイオイルでも十分に効果があるはずです。(それ以前に肌に合うかテストしてくださいね)

ただ肉割れや妊娠線は、できてしまってから少しでも早い時期に治療を行った方がキレイになるといわれています。

バイオイルも一つの選択肢ですが、ビタミンC誘導体を含んだコラーゲン産生効果の高い肉割れ専用の保湿クリームといった商品も試して、効果のある方を気長に続けることが肉割れ解消の近道だといえますね。(参考ページ・・・肉割れクリームとオイルを比較)