肉割れしないダイエットとは!肉割れを予防しながら痩せる3つのポイント

肉割れと妊娠線に特化した当サイトを訪れるユーザーさんでけっこう多いのが、『肉割れせずにダイエットしたい!』

こんなダイエットはしたいけど肉割れは防ぎたいというワガママな女性。

 

もしかするとご覧になっているアナタも

ダイエット成功!!でも油断したらお尻や太ももに肉割れ線が……
肉割れや脂肪線をつくらずに、目標体重まで落とす方法が知りたい!

こんな風に、肉割れせずにダイエットしたい、もしくはダイエットしたら肉割れができちゃった!と困ってネットで調べていませんでしたか?

 

当ページでは、そんな肉割れを予防・解消したい女性にむけ、ダイエットやリバウンドを繰り返すことと肉割れの関係。さらに肉割れを徹底的に予防しつつもダイエットするポイントを徹底調査!

 

大切なポイントとしては、短期間での体型の変化こそが肉割れの最大の原因でして、ダイエットよりも、その後に訪れるリバウンドこそが肉割れの原因ということ。

このへんの理由も当ページ内で詳しく解説しています。

 

いずれにせよ、肉割れせずに痩せたいなら、以下のような本気のクリームをひとつ持っていると安心できますよ!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

肉割れしやすいダイエットと肉割れしないダイエット

ダイエットにもいろいろありますが、計画的なダイエット、健康的なダイエットを続けている限り、そうそう肉割れが起こることはありません。

 

ダイエットによって肉割れがおこるのは主に……

  1. 過激な食事制限によるダイエット
  2. 偏った食事内容によるダイエット
  3. それに伴うリバウンド

こういった場合がほとんどといえます。

 

そこで以下で、さらに分かりやすく「肉割れしやすいダイエット」と「肉割れしないダイエット」について順に説明します。一緒にみていきましょう!

肉割れの仕組みと原因を知る

肉割れ発見

まずは肉割れがおこる仕組みを少し知っておくと分かりやすいかもしれません。簡単に肉割れの仕組みや原因について説明しておきます。

肉割れがおこる仕組みはセルライト等に比べても非常にシンプルです。

 

人間の皮膚は大きく分けると

  1. 外側から0.5mmの表皮
  2. 中間のコラーゲン繊維が中心の真皮層
  3. 皮下脂肪等で構成される皮下組織

といった3層からできています。

 

理由はダイエットや妊娠、筋トレと様々ですが、体型が急速に変化して、その張力に真皮層と皮下組織が耐え切れずに裂けてしまったことです。

 

結果として菲薄化した表皮上から赤い線条にみえる状態を肉割れと呼びます。これは医学的な病名ではなく、本来は皮膚伸展線条とか線状皮膚萎縮症といった症状を指します。

肉割れしやすいダイエットとは

そこで肉割れしやすいダイエットに話を戻してみましょう。

肉割れしやすいダイエットとは、ズバリ短期間で劇的に体型が変わるような過激な方法が考えられます。

 

ダイエットにもいろいろありますが食事制限系や断食系のダイエットは長期的にみれば無謀ともいえますがある期間をみれば劇的に痩せることが可能です。

このように2~3ヶ月で見た目が変わるような不自然なダイエット方法は、過剰に皮膚組織にも負担がかかりますので肉割れの可能性が高いといえるでしょう。

 

またこの手のダイエット方法は、例外なくリバウンドが訪れます。食事制限によって基礎代謝が落ちた状態でさらに太る方向に体型が変化することは確実に肉割れの原因となります。もっとも肉割れのできやすい状態ですね。

つまり短期間で結果のでるダイエット、栄養バランスを無視したダイエットはもっとも肉割れのリスクの高いダイエット方法だといえます。

肉割れしないダイエットを具体的に考えてみる

運動量がね・・・

では肉割れしないダイエットとはどんなダイエット方法でしょうか?

肉割れの原因や肉割れのできる条件を踏まえつつ考えてみましょう。

 

まず大切なのは食事制限等で短期間で体重を落とすといったダイエットではなく、適度な運動によって基礎代謝を維持しつつ徐々に痩せることです。

肉割れができる直接の原因は痩せることや太ることではありません。短期間に痩せたり太ったりすることが原因です。

 

真皮層や皮下組織は時間をかけて伸ばしてあげれば断裂や亀裂を起こさずにしっかりと伸縮するものです。

まずは数ヶ月で結果を出すようなダイエット方法自体を見直してみる方がよいかもしれません。

1.適度な運動で基礎代謝・筋力をアップ

肉割れ予防としては必ず運動を取り入れておきたいところです。

ジョギングやウォーキングといった有酸素運動やヨガ、ピラティスといったインナーマッスルに効く運動は、消費カロリーで痩せる以外にも筋力や基礎代謝を上げる働きがあります。

 

そもそも基礎代謝は1日の消費カロリーの大部分を占めるため、基礎代謝が上がるだけで毎日の消費カロリーが確実に増えて減量につながります。

また肉割れ予防といった視点でも運動は大切です。肉割れのできる真皮層の線維芽細胞とよばれる細胞が真皮層のコラーゲン繊維やそれを支えるエラスチン線維を生成します。

 

運動によって血行が促進され新陳代謝が上がれば、線維芽細胞も活発に働き強いコラーゲン繊維を作ることが可能となります。もちろん皮膚組織のハリや弾力を左右するコイル状のエラスチン線維にも良い影響なのは言うまでもありません。

2.栄養バランスを考えた食生活

ビタミンたっぷり!

ダイエット中は食事量を抑えたり、食事制限によって偏った食事内容に陥りがちです。

しかしそういった食事制限系のダイエットは、長期的にみるとリバウンドしやすいダイエットですので正直おすすめできません。

 

無謀な食事制限によって栄養バランスが崩れた食生活では基礎代謝も下がって脂肪が燃焼しにくい体質になるためです。

20代の基礎代謝が高い状態の方であれば、それほど気にならないかもしれませんが30代、40代で同じような食事制限系のダイエットを行なうことは、太りやすい体質に自ら体質改善しているようなもの。

基礎代謝が下がり、筋肉を燃焼し、脂肪を溜め込む最悪な体質に向かってしまいます。

3.栄養不足による肉割れも…

もちろんその状態は肉割れしやすい状態です。

まずは基礎代謝が低下して血行不良、新陳代謝が悪化します。つまり皮膚組織のターンオーバーが正常に行われないといいうこと。

そうなれば健康的なコラーゲン繊維も生成されずに結合力の弱い真皮層の出来上がりです。

 

ちょっとした刺激や変化でも裂けてしまうリスクの高い状態ですね。

また真皮層の線維芽細胞がコラーゲンを生成するためにもっとも必要としているビタミンCが不足すれば、十分なコラーゲン量を産生することが不可能となります。

 

さらには皮膚組織にタンパク質が不足しても、十分な皮脂も分泌されずに乾燥状態の真皮層や皮下組織になりやすく、伸縮性や柔軟性の低い皮膚組織となってしまうでしょう。

そういった意味ではビタミンCや良質なタンパク質をはじめ、3大栄養素をしっかりと摂取しながら摂取カロリーを調整する方法が肉割れしないダイエットにつながります。

 

そしてもうひとつ予防法として、肉割れクリームでマッサージをすれば血行もよくなるので引き締め効果もアップしますよ!専用のクリーム選びは以下のページも参考にしてみてください。

【妊娠線クリーム比較】肉割れを消すクリームの良いクチコミ、悪いクチコミ全部集めてみた!
肉割れ・妊娠線ケアにおける最重要ポイントは、「発見後、1日も早く効果の高い商品で肉割れケアを始めること!!」というのは当ブログでも何度も申していますが… と、ネットやSNSに溢れるクチコミ情報を読んでさらに混乱される方も少なく...