【薬局のクリームじゃ妊娠線が消えない!】妊娠線クリームと普通のクリームの違いを徹底比較

妊娠線の悩みから解放されたい女性にむけ、肉割れ・妊娠線に特化した当サイトにけっこう多いのが

「妊娠線クリーム 普通のクリーム 違い」

こんな検索ワードでこられる女性。もしかしてアナタも……

妊娠線の予防策として妊娠線ケアを始めたい!でも普通のクリームじゃダメなの?
妊娠線の専用クリームってちょっぴり高い気が・・・普通のクリームとどこが違うの?

こんな風に、ちょっとお高めの妊娠線クリームを敬遠して、市販の薬局のクリームで妊娠線予防・解消できないか、ネットで調べていましたね。

 

当ページでは、そんな堅実派のユーザーさんにむけ、普通の薬局のクリームで妊娠線ケアがどこまで期待できるのか?
このあたりを各方面から情報を集めてまとめてみました。

 

先にざっくりと結論からいうと、普通の保湿クリームでもある程度は代用も可能。
ただ妊娠線の状態によっては、普通の保湿クリームだとまったく歯が立たないことも……。

このへんの注意事項もまとめています。早速みていきましょう!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線予防クリームといっても要は保湿クリームなんです

ではユーザーさんのもっとも気になる部分・・・。

マタニティブランドやネット通販で見つけることができる妊娠線予防クリームと一般の保湿クリームやボディクリーム。

これらは一体どこが違うのでしょうか?

そういった商品の公式ページには、詳しくその特徴や効果が記載されていますが、当サイトの意見(というか自分で使い比べた結果ですが…)としては、結局のところ、妊娠線専用クリームとはいっても保湿クリームの一種なのかなあって感じてます。

というのもですね。

妊娠線のできる条件をよく考えてみれば、基本的には妊娠線の予防だったら保湿クリームがもっとも効果があるためです。

当サイトでは何度も説明していますが、妊娠線は短期間での急激な皮下脂肪の増加、体型の変化、そして表皮の奥の真皮層や皮下組織が乾燥状態になるといった条件が揃うと簡単にできてしまうものです。

中でも皮下脂肪の増加や体型の変化を予防できれば、妊娠線は基本的にできないわけですが妊娠中に限っては、体型の変化も皮下脂肪の増加も避けることはできません。

妊娠中期、およそ6ヶ月目後半~臨月までは出産に向かってお腹は大きくなるものだし、赤ちゃんを保護するために皮下脂肪も急激につきやすくなるものです。

参考:妊娠線予防はいつから始めればいいの?妊娠線クリームを始める時期とタイミング

つまり妊娠線を予防するためには、真皮層や皮下組織の状態をケアすることで、妊娠線のできにくい状態にしてあげる方法しか無いってわけです。

妊娠初期の予防なら普通の保湿クリーム、中期~後期は専用クリームがいい

ニベアで治る?

じゃ、なおさら市販の保湿クリームでも良いのでは??

確かに薬局で購入できる保湿クリームやボディクリームでも、初期の妊娠線予防くらいなら十分かと思います。

理想的な妊娠線ケアは、妊娠線のでき始めるずーっと前、妊娠2~3ヶ月目からスタートするのが良いといわれています。

例えばそういった初期の妊娠線ケアであれば市販の保湿クリームでも十分かなぁとは思います。

肉割れはニベアやワセリンで消えるのか?肉割れ解消クリームの考察
わざわざこのページを読んでくれているアナタはもしかすると…… と、ドラッグストアで販売されてる保湿剤やボディクリームの肉割れや妊娠線解消効果のほどをネットで調べていましたね? 当記事では、そんなニベアやワセリンの肉割れ解消効...

というか費用とかも考えるなら市販の保湿クリームがお勧めかもしれませんね。

ただし本格的に妊娠線ができ始める妊娠6ヶ月目後半~臨月までは、できれば妊娠線専用のクリームやオイルを使っておくべきだと思いますよ。

というのもですね、やっぱり妊娠線クリームと市販の保湿クリームでは、保湿以外の面でけっこうな違いもあるわけです。

なので、この数ヶ月間だけでも予防や解消効果の高い専用クリームを使っておいた方が無難なんじゃないかなあって気もしますね…できてから後悔したくないですもんね。

じゃ具体的に普通のクリームと肉割れや妊娠線の専用クリームだと何がどうやって違うのでしょうか?

妊娠線クリームにもいろいろとありますが、代表的な商品を参考に、市販の保湿クリームとの違いを順にご説明しておきます。

スキンケアの保湿と妊娠線予防の保湿は目的が違う

まず最初に知っておくべきことは、いわゆる普通の保湿クリームは、スキンケアの面での保湿を目的にしているって部分かもしれません。

つまり、どちらかと言うと皮膚組織の表面の保湿です。

スキンケア商品全般にいえることですが、保湿する目的は表皮が乾燥しないように、潤いを与えて閉じ込めることを目的にするわけです。

つまり僅か0.2mm程度の表皮にしっかりと浸透すればいいわけなので、それほど浸透性にこだわって生産されていません(もちろん浸透性の高い保湿クリームもありますが)

しかし妊娠線専用クリームの場合、その部分にもっともこだわっていたりするわけです。

そもそも妊娠線は真皮や皮下組織で起こる亀裂や断裂です。表皮を乾燥させないことも大切ですが、妊娠線の起こる直接の原因である真皮層のコラーゲン繊維を保湿して伸びやすくしなくてはなりません。

また妊娠線のできやすい部位の多くは、皮膚組織の厚い部位が多いといわれています。

そういった部位でもしっかりと深部まで浸透する必要があるので、非常に浸透性の高い商品が多いのは言うまでもありません。

つまり表皮だけ見れば、同じように保湿されているかもしれませんが、市販の保湿クリームと妊娠線専用クリームでは真皮層や皮下組織の乾燥状態が違っているかもしれないってことです。

保湿以外の成分が妊娠線予防につながる場合も

コラーゲン再生!

また市販の保湿クリームでは、単純に保湿成分の効果しか期待できません。

ですが妊娠線専用クリームの場合は他の成分が予防効果を高める場合もあります。

例えばアルガンオイルの成分を配合している妊娠線クリームも最近では増えてきました。

アルガンオイルの成分は皮膚を柔らかい状態に変えるだけでなく、傷痕を修復させたり目立たなくさせる効果も期待できます。

その他にもビタミンC誘導体を配合した妊娠線専用クリームも販売されています。

妊娠線の原因である真皮層のコラーゲン繊維の断裂を防ぐには、真皮層のコラーゲン繊維やサポートしているエラスチン繊維の結合を強化してあげるのが効果的です。

そのコラーゲン繊維やエラスチン繊維を作りだすのが線維芽細胞と呼ばれる細胞です。線維芽細胞が活発にコラーゲンを生成するためにもっとも必要な栄養素がビタミンCだといわれています。(妊娠線と食生活についてはこちら、肉割れを消すのに効果のある食材と栄養素で詳しくお伝えしています)

妊娠中期~後期は皮膚組織に十分なビタミンCが行き渡らない

食生活では十分に摂取しきれないビタミンCを、皮膚組織から摂取できるビタミンC誘導体を含んだ妊娠線専用クリームであれば、徐々に断裂や亀裂の起きづらい肌質に変わるはずです。

とくにビタミンCは食事やサプリメントから摂取しても、皮膚組織だけでなく脳や各臓器でも活用される万能な西洋成分です。

それだけに十分に摂取しているつもりでも、皮膚組織のコラーゲン生成にとって不足している場合も多いといわれています。

妊娠中期~後期のもっとも妊娠線のリスクが高まる時期だけでも、そういったビタミンC誘導体を含んだ妊娠線専用クリームを選んで利用するのも効果的な方法だと思いますね。

 

いずれにせよ、普段は保湿クリームメインで予防しても専用クリームやオイルを用意しとくと何かと安心です。定番の専用クリームを比較しています。

【妊娠線クリーム比較】肉割れを消すクリームの良いクチコミ、悪いクチコミ全部集めてみた!
肉割れ・妊娠線ケアで1番大切なこと。 それは「発見後、1日も早く効果の高い商品で肉割れケアを始めること!!」というのは当ブログでも何度もお伝えしました。しかしながら と、ネットやSNSに溢れるクチコミ情報を読んでさらに混...

ぜひ当ページを参考に、自分に合った肉割れをみつけて綺麗に消し去ってくださいね!