脂肪割れはなぜできる?脂肪線や脂肪によるひび割れの予防と解消

ネット上に沢山あるスキンケア情報サイトの中から、わざわざこのページを読んでくれているということは、

きっと脂肪割れや脂肪線を発見してしまい……

今後の予防のためにも、脂肪割れ・脂肪線のできる理由とか原因が知りたい!
そもそも脂肪線とか脂肪割れってできちゃった場合、綺麗に消し去ることって無理なの?

こんな風に、突然あらわれた脂肪割れを、手っ取り早く薄く目立たなくなす方法をネットで探していませんでしたか?

 

そんな慌ててネットで情報収集しているアナタにむけ、当ページでは、脂肪割れや脂肪線……いわゆる肉割れ線のできる原因や仕組み、さらに費用を極力おさえた効果のある脂肪線のケアを調べて解説してます。

 

先にざっくりと結論からいいますと、脂肪割れや脂肪線の仕組みを知って、正しいケアを続ければ予防はもちろん、出来た脂肪線も薄く目立たなく改善できますよ。

すぐに脂肪線ケアを開始したいという方、は以下の本格的な専用クリームを備えておけば安心ですね!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

脂肪割れや脂肪線ともよばれる肉割れ、正式には…

今回、脂肪割れ なぜできるのか?と検索された方のように、脂肪割れとか脂肪線(中にはデブ線と呼んでる人もいるようですが)ともよばれる肉割れや妊娠線。

これらは、正式には皮膚伸展線条とか線状皮膚萎縮症とよばれる症状のこと。

つまり線条(スジ状)に皮膚が萎縮した状態。または皮膚が過剰に伸展した結果、スジのように裂傷がおこった状態という意味。

つまりニュアンスは微妙に違うかもしれませんが、肉割れや妊娠線の多くは表皮の奥の真皮層や皮下組織でおこる裂傷といえます。

皮膚の表面のすぐ内側で生じてしまったヒビ割れという言い方が近いかもしれません。

で、皮下組織の多くが皮下脂肪から構成されているため、脂肪割れとか脂肪線と呼ばれるケースが多いんですね。

というわけで今回は脂肪割れと表現しておきます。

じゃ次は「なぜできるのか?」といった部分を中心にお話していこうと思います。

脂肪割れや脂肪線のできる条件を知る

脂肪割れや脂肪線がなぜできるのか?ということはズバリ、脂肪割れ脂肪線のできる条件を知ることに等しいかもしれません。

つまり脂肪割れや脂肪線のできる条件を、徹底的に取り除くことができれば、そもそも脂肪割れなんてできませんからね…まずは脂肪割れの条件を順にご紹介していこうと思います。

1.短期間で体脂肪が増える、体型が一回り大きくなった

体重管理が・・・

他にもいろいろと脂肪割れや脂肪線のできる条件はあるでしょうが、もっとも大きな原因といえばこれに間違いありません。

短期間に体脂肪が増えたり太ったりした場合、伸びづらい皮下脂肪の割合が増えるだけでなく、皮膚組織に過剰な負担がかかってきます。

…つまり脂肪割れや脂肪線のできやすい条件が整った状態ですね。とくにダイエット後のリバウンドなし状態はちょうどこんな状態だと思いませんか??

とくに食事制限や偏った食生活によって減量するタイプのダイエットは注意が必要かもしれません。

ダイエットによって栄養バランスが悪い状態の場合、それに伴って脂肪割れや脂肪線のできる真皮層も栄養不足だと予想されます。皮膚組織の弾力性や伸縮性を大きく左右するコラーゲン繊維も非常に結合力の弱い状態ということ。

そんな結合力の弱いコラーゲン繊維の場合、普段では何とも無い刺激や張力でも簡単に亀裂や断裂が生じる可能性が高いわけです。

つまり過激なダイエット→リバウンドというのがもっとも脂肪線のできやすい状態といえますね。

2.皮下脂肪が多い・増えた

3層から構成される皮膚のもっとも奥の部分である皮下組織の大部分を占めるのが皮下脂肪といわれています。

そして0.5mmと薄く伸びやすい表皮にくらべ、厚みがあって伸びづらい部分ともいわれる真皮層や皮下組織は、脂肪が増えれば増えるほど厚くなって裂けやすくなるもの。

なので必要以上に皮下脂肪が増えてしまうことは、脂肪割れや脂肪線のできやすい肌質に近づいていると考えておきましょう。もちろん体にとって最低限の皮下脂肪は大切です。

体を冷やさないため、衝撃を吸収するためにも付けるべきところには残しておきたい皮下脂肪ですが、過剰な皮下脂肪は脂肪割れの原因となるだけ。適度な運動や食生活の見直しで徐々に減らしていきましょう。

3.食生活で栄養バランスがとれていない

ビタミンたっぷり!

いくら皮膚組織への保湿やマッサージを頑張ったところで、根本的に真皮層のコラーゲン繊維を生成するベースとなる線維芽細胞に必要な栄養が行き渡らないと強くて伸びやすいコラーゲン繊維やエラスチン線維は生成されません。

そこで大切なのが毎日の食生活!

コラーゲン繊維を作るために必要不可欠なのがビタミンC、そして良質なタンパク質だといわれています。

もちろんタンパク質だけじゃなく脂質や炭水化物もバランス的には必要ですが、とくにコラーゲン強化といった部分ではビタミンCを意識して多めに摂取しておくと良いでしょうね。

ビタミンCといえばレモンをイメージされる方も多いと思いますが、じつはレモンに含まれるビタミンCは大したことありません(汗)

野菜なら黄ピーマンや赤ピーマン、フルーツならアセロラあたりが効率よくビタミンCを摂取できます。

多めに摂取したところで害もないし排出されるビタミンCだけに通常の摂取量の倍くらいは摂ってもらって良いでしょう。

4.運動不足・血行不良

適度な運動を行わない方は皮下脂肪を溜め込みやすいだけじゃなく、基礎代謝も下がりきった状態、そして新陳代謝も悪い状態なんです。

つまり新陳代謝が活発に行われないと、真皮層のコラーゲン繊維のターンオーバーも思うように活発に繰り返されません。

また血行不良になれば線維芽細胞に必要な栄養分や酸素だって上手に届けられません。

脂肪割れや脂肪線のできにくい肌質にかえる意味でも有酸素運動や全身の筋トレ等はやっておくべきかもしれませんね。

ちなみに負荷の低い筋トレや有酸素運動で鍛えた筋肉の多くはインナーマッスルだったりするので、糖質よりも脂肪を燃焼してエネルギーにかえます。

つまり運動によって基礎代謝を上げることは、結果として皮下脂肪をどんどん燃焼させて、さけにくい肌質に改善することでもあるんです!

もちろん皮膚組織を直接ケアすることも肝心です

肉割れクリームって効くの?

ここまでお話してきた脂肪割れや脂肪線のできる条件や予防法ですが、やっぱり皮膚組織を直接ケアしておくことも大事な脂肪割れや脂肪線の予防や解消につながってきます。

乾燥しがちな皮膚組織は、しっかりと保湿された皮膚組織に比べ、何倍も脂肪割れができやすいといわれています。

そこでまずは保湿、そして保湿と同時に栄養成分も浸透させておけば安心ですね。

脂肪割れや脂肪線を予防…解消する商品にはいろいろあるけど、せっかくなら栄養成分がしっかりと配合されている商品をひとつ用意しておくと安心かなあと思います。

最近じゃアルガンオイル配合とかビタミンC誘導体といったビタミンC成分を配合した保湿クリームやオイルも販売されています。

後で後悔しないように、ここ1番という時期だけは、以下のような本気度の高い商品を使って予防や解消しておくことをおすすめします!

Click→管理人が実際に試した肉割れ・脂肪線の解消クリーム詳細