男性にできる妊娠線の3つの原因と消す方法

肉割れ・妊娠線に悩める方の多くは女性ではありますが、当ブログにはけっこう多くの男性ユーザーさんもこられます。

そう、肉割れ・妊娠線に男女は関係なくできるもので、その証拠に「男の肉割れ 消す」「男 妊娠線 解消」といった検索ワードでこられる方も多いです。

そこで今回、男性向けの緊急企画として

  • 気づいたら胸やお尻、太ももに肉割れ線ができた!! その原因とは
  • 女性向けの肉割れ予防ケア商品は売ってるけど、男性向けってあるの?

などなどネット上で見つかりにくい『男性向けの妊娠線(肉割れ線)の解消法』や『男性の肉割れケア商品の有無』をわかりやすく徹底解説!!

ちなみにこちらの記事、「男性でも肉割れに悩んでいる人は多い」のページでもお伝えしてますが、皮膚組織に男性も女性も大きな違いはありません。油断していれば男性だって普通になります。

もし最短で肉割れを消したい場合、体重管理や筋トレ方法の見直し。さらに本格的な専用クリームで肉割れしにくい肌質に変えておきましょう!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

男性に妊娠線は絶対にできません…

まず最初に少しだけ肉割れと妊娠線についておさらいしておきます。

「男性 妊娠線」とか「妊娠線 男 消す」といった検索フレーズが多いようですが、正確には男性に妊娠線はできませんからね。

そもそも妊娠線も肉割れも同じ症状ですが、妊娠線とは女性、それも妊娠期に発症した肉割れの指します。

つまり女性でも妊娠中でなければ妊娠線とは呼ばずに単なる肉割れと呼びます・・・なので男性の場合は肉割れとなります。

まあどちらも皮膚伸展線条とか線状皮膚萎縮症といった症状には変わりありませんが、一応できる時期や性別によっても呼び名が変わることを覚えておくとよいかもしれませんね。

なので今回のテーマであれば「男性の妊娠線」ではなく「男性の肉割れ」と呼ぶべきですね。

男の肉割れは大きく3つのパターン

女性の肉割れに比べ、男性にできる肉割れの原因は非常にシンプル。

稀に例外のケースもありますが、大きく分けて…

  1. 運動不足などの肥満にによる肉割れ
  2. ハードな筋トレ、筋肥大による肉割れ
  3. 成長期など急激に身長に変化がでたことでの肉割れ

といったパターンがほとんどかもしれませんね。ではひとつずつ説明してみたいと思います。

1.運動不足などの肥満にによる肉割れ

もう説明不要だと思いますが、やっぱり肉割れができる一番の原因はこれ。当サイトのユーザーさんにもこのタイプが多いですね。

女性であれば妊娠中にお腹が大きくなったり皮下脂肪が急激に増える時期ってありますよね?ああいったタイミングがもっとも肉割れができやすいわけですよ。(参考ページ 肉割れのできるタイミング

ただ男性には妊娠なんてありませんよね。

なので男性の場合はストレスで過食が続いたり、結婚や転職といったライフスタイルの変化によって短期間で体型が代わりに肉割れができるって方も多いのです。

仕事の都合で飲み会やらお酒の席が増えちゃったり、奥様の手料理が美味しくって食べ過ぎてしまったり…。

そういった食生活の変化によって短期間で皮下脂肪が増えることも十分に肉割れの原因となってしまうので、皮下脂肪が増えたな…と感じたら早めに肉割れケアしておいた方がいいかと思いますね。

で、残念ながらできちゃった場合はですね。女性の場合はすぐに肉割れケアをした方がすべきでしょうが、男性の方だったら…お任せします。

絶対に肉割れ跡を残したくないって男性は早めのケア、あんまり気にされない方は徐々に薄くなっていくかもしれませんから、そのままでも良いかと。

2.ハードな筋トレ、筋肥大による肉割れ

筋肉質なタイプとはほど遠い私には考えられないのですが、筋肉質の男性にはけっこう多いといわれているのが、このハードな筋トレによって肉割れができてしまうってパターン。

肥満とは違い皮下脂肪ではなく筋肉が、短期間に急激に肥大することで表皮の奥の真皮層や皮下組織が、その張力に耐え切れずに断裂を起こしてしまうために肉割れができた状態ですね。

もちろん筋トレの前後にしっかりと筋肥大しやすい部位を保湿、マッサージして伸びやすくしてあげることで、多少は予防効果もあるといわれていますが、それ以前に急激な筋肥大を裂けることが肝心です。

男性の筋トレの場合、見た目に変化を感じやすいように、敢えて高負荷のマシントレーニングでアウターマッスルを鍛えてしまいがちです。アウターマッスルは速筋とよばれる瞬発系の肥大しやすい筋肉です。

見た目の筋肉をつけることは肉割れのリスクをともなう

つまりアウターマッスルを鍛えることは、それだけ肉割れのリスクが高まるということ。

もちろん短期間で急激に筋肥大しなければ肉割れのできるリスクも減るわけです。真皮層や皮下組織の伸びるスピードを考えて、半年~1年かけて徐々に太く大きな筋肉をつくるように心がけましょう。

逆に低負荷で回数やセット数を重視した筋トレ、または有酸素運動中心のトレーニングの場合、太く大きな筋肉よりもインナーマッスルとよばれる細くしなやかな筋肉が作られます。

このインナーマッスルは糖質を燃焼させるアウターマッスルと違い、体脂肪をエネルギーにします。つまり皮下脂肪も減らすことができるため、肉割れが不安であればインナーマッスルを鍛えることをおすすめします。

3.成長期など急激に身長に変化がでたことでの肉割れ

肥満や筋トレだけでなく、単純に成長過程で急激に身長が伸びたことでも肉割れは簡単にできてしまうパターンもあります。

これは男性でも女性でも起こるといわれていますが、他の理由による肉割れに比べても予防することは難しいかもしれませんね。

肥満に関しては食生活や運動によって、ある程度予防や解消できるでしょうが成長期に身長が伸びることは、どうやってもコントロールできません。

できる事があるといえば、肉割れのできやすい部位を徹底的に保湿して伸びやすい状態にしてあげることくらいですね…(泣)

下半身であればお尻太もも膝裏ふくらはぎといった部位、上半身ならお腹や腰まわり、胸部といった部位。この辺りは男女関係なくに肉割れのできやすい部位です。

保湿しておくことで肉割れに強い伸縮性や柔軟性の高い皮膚組織に変えてあげましょう。乾燥状態の皮膚組織に比べ圧倒的に肉割れはできにくくなるはずですよ!

男性で肉割れや妊娠線ができたけど、どうしても消したい方は

女性の場合、普通の方なら肉割れができちゃったら何らかのケアを始めるのが普通ですよね。

けど男性の場合は、大した気にならないって人もけっこう多いのではないでしょうか?

ま、肉割れのできた部位にもよるでしょうが…。

で、男性でも肉割れが気になるって方も一定数はいるかと思います。

その場合、当サイトとしては1日も早いうちに肉割れケアを始めることをおすすめしたいです。

というのも最近の通販等で入手できる肉割れ専用クリームは非常に効果が高いといわれています。

もちろん多くの商品は女性向けの商品ですが、肉割れを消すために必要な成分は男性でも女性でもまったく変わりませんからね。

ビタミンC誘導体人成長ホルモンといった真皮層や皮下組織のターンオーバーを促進させる成分がたっぷり配合されている商品を使うことで、肉割れ跡が薄く目立たなくなるはずですよ。

入浴後の皮膚組織が潤った状態で1日1回塗り込むだけで、じょじょに裂けにくい肌質に生まれ変わります。ぜひ当ブログを参考に肉割れ線の悩みから解放されましょう!