こんな人は妊娠線に注意!妊娠線や肉割れのできる条件とできやすいタイプ

同じようにお腹が大きくなって赤ちゃんが生まれたのに、不思議と妊娠線がたくさんできる人と全く妊娠線ができない人がいます。

ですがなぜ妊娠線ができる人とできない人がいるのでしょうか?

 

じつは妊娠線ができるには様々な条件があって、データから妊娠線ができやすいタイプとできにくいタイプの人がいることがわかっています。

 

つまり自分ができやすいタイプなのか、できにくいタイプなのか予想を立てることが、ある程度可能なのです。

 

これから妊娠線を予防する人も、すでに妊娠線ができてしまった人も、今後の妊娠線予防のために自分のタイプを知っておくといいですよ!

結果、もし妊娠線のできやすいタイプなら本格的な妊娠線ケアを1日も早く始めておきましょう。以下のような本気度の高い専用クリームもあると安心ですね!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

ワタシって妊娠線ができやすいかも?

出産前に肉割れが!

妊娠線ができるための原因や条件はハッキリしています。

 

つまり妊娠線ができる条件を満たしたタイプの方は確率的に妊娠線ができやすいのは間違いありません。

様々な条件や原因がありますが、代表的な妊娠線ができる条件を踏まえて妊娠線のできやすいタイプをまとめてみました。

 

とはいえ自分が当てはまってしまっても慌てる必要はありません。ほとんどの条件や原因は日々のケアや自己管理で解消できることばかりです。

まずは妊娠線のできやすいタイプを知ることで、具体的な対処法を見つけていきましょう。

1.体重増加が激しいタイプ

体重管理が・・・

言うまでもありませんが妊娠線の一番の原因は体型の変化と体重の増加です。

安定期に入って食欲が戻ってから、食欲にまかせて食べたいものを食べたいだけ食べてしまう方も少くありません。

 

もちろん食欲があることは良い傾向ですが、適正体重を大幅に超えてしまった場合、それだけ体型の変化も大きく、皮下脂肪も増えるというもの。

体重の管理は妊娠線の予防以前に出産に向けてしっかりと行っておきたいところです。

必要以上に体重を増やさないような食事内容や食事量、そしてウォーキングやヨガ等の適度な運動も必要です。快適な出産に向けての準備はじつは妊娠線予防にもなるということです。

 

妊娠してから乾燥肌になったタイプ

もともと乾燥肌の方はもちろんですが、妊娠してからホルモンバランスの関係で急激に乾燥肌になる妊婦さんも多いようです。

とくに妊娠中は普段よりも外出する機会が減ってしまうのでコマメなスキンケアも怠りがちです。

 

妊娠線も肉割れも、お肌の内側の真皮や皮下組織といったコラーゲン繊維の部分に起こる断裂や亀裂です。

妊娠線を防ぐにはそういった真皮や皮下組織のコラーゲン繊維の部分を柔らかく保ち、皮膚が引っ張られた時に裂けずに対応できる状態をキープすることです。

 

そのためには表皮を含めて、内側の真皮や皮下組織を乾燥させないことです。保湿してあげることで伸縮性や弾力性がアップしますので、結果として妊娠線ができにくい状態になるはずです。

運動嫌い・運動不足のタイプ

運動量がね・・・

安定期に入るまで過度の運動は避けるべきですが、安定期になったら最低限の運動は大切です。

もちろん運動不足な状態だと体重増加の原因にもなってきますが、それだけではありません。

 

妊娠中はただでさえママさんになる準備のため、徐々に皮下脂肪の多いふっくらとした体型に変化してきます。

その上、最低限の運動も取り入れていないと、必要以上に皮下脂肪が増えてしまうでしょう。

 

妊娠線は皮下脂肪の多い部分にできやすい性質のため、できるはずのない部分にまで妊娠線ができてしまうかもしれません。

ある程度の運動は妊娠線だけでなく、お腹の赤ちゃんにとっても大切なことです。基礎代謝アップや新陳代謝のためにも積極的に運動を取り入れ、皮下脂肪の増えすぎに注意しておきたいですね。

その他の妊娠線に注意しておくタイプ

その他にも双子を妊娠中の方小柄で皮下脂肪の多い方お腹が前にでてきた方は普通の人よりも妊娠線ができる確率が高いといわれています。

それだけお腹が大きくなって皮膚が引っ張られるために、どうしても妊娠線がでやすいようです。

 

しかしそれほど悲観する必要もありません。

しっかり妊娠線予防をしておけば防ぐことができるはずですし、反対に妊娠線ができにくいはずの方も、全く妊娠線予防をしていなければできてしまうケースもあります。

 

また、できてしまった場合も早期に専用クリームやクリニックでの施術など解消法はいろいろあります。予算と状態にあった治療を行えばそれなりにキレイに消すことだってできるんです。

大切なのはできちゃった・・・とグズグズ悩んで放置すること。時間が経つと治りにくいのでスピーディーに対処できるかが大切なのです。

 

ぜひ当ページを参考に妊娠線のできやすいタイプなのか知り、早めの妊娠線ケアをスタートしておきましょう!