【妊娠線ができやすい人とできにくい人の違いとは!】肌質や体型で予想して徹底的に予防!

どんなに妊娠線予防をしても、妊娠線ができてしまう人もいます。

その一方で何も予防せずとも妊娠線がまったくできない人も・・・ホント不公平ですよね。

ただ冷静に考えてみれば、単純に妊娠線ができやすい人とできにくい人がいるという事に他なりません。

言い換えれば、妊娠線のできる条件をいくつも備えている人とそうでない人の違いといってもよいかもしれません。

今回はこういった妊娠線のできる条件、妊娠線のできやすい体質をできにくい体質に改善する方法に迫ってみます。

自分は妊娠線のできやすいタイプかも?事前に知っとけば予防したいんだけど・・・

そもそも遺伝的な要因以外で、どういった条件が妊娠線を誘発するの?

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

結果からいいますと、短期間で手っ取り早く妊娠線のできにくい体質に変えてあげるならコラーゲン繊維を強い繊維に変えてあげること。

以下のような妊娠線の専用クリームをひとつ用意しておけば万一の時も安心ですよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線のできる条件を知って解消する

当たり前の話になりますが、妊娠線ができてしまう条件を知って妊娠線のできる時期(妊娠6ヶ月目~臨月)の前にその原因を解消すれば妊娠線などできません。

もちろん遺伝的な部分やもともとの肌質も大きく関係してきますが、改善できる部分も多いものです。

そこでまずは妊娠線のできる条件を知ることが肝心です。妊娠線のできてしまう条件でも代表的なものをいくつかご紹介しておきますの参考にして下さい。

  1. 急速な体型の変化・体重の増加
  2. 皮膚の乾燥
  3. 運動不足
  4. 栄養バランスの悪い食生活

1.急速な体型の変化・体重の増加

体重管理が・・・

妊婦さんであれば体重の増加や体型の変化は避けることができません。

しかしできるだけ急激な変化は避けるように心がけておきましょう。

妊娠中期以降にお腹が大きくなることは自分でコントロールできませんが、体型の変化については自分である程度コントロールできるはずです。

お腹が大きくなることで運動不足にもなり、必要以上に体重が増加していませんか?

必要以上に太ってしまうことは妊娠線だけでなく出産や健康状態にも悪影響です。

2.皮膚の乾燥

妊娠前はしっとり肌の潤った肌質の方でも妊娠してしまうと途端に肌の状態が変化するものです。

妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといった黄体ホルモンのバランスも崩れて、肌質をはじめいろいろと変化が起こる時期です。

とくに肌が乾燥してカサつきや肌荒れが起こりやすい状態です、また、僅か0.2ミリの表皮が乾燥しているということはすぐ奥の真皮層も乾燥しているのは想像がつくでしょう。

乾燥している真皮層や皮下組織は伸びづらく弾力や柔軟性も乏しい状態です。しっかりと保湿してついでにビタミンCなどのコラーゲン産生に効く栄養成分も補っておきましょう。

3.運動不足

どうしても妊娠中は運動不足になりがちです。

初期の不安定な時期は安静が大事ですが、安定期に突入したら適度な運動はお腹の赤ちゃんにとっても妊娠線にとっても重要なこと。

運動不足では基礎代謝がダウンして新陳代謝が下がり始めます。

新陳代謝が下がることは皮膚の代謝も落ちて正常にターンオーバーが繰り返されないといことです。

もちろん真皮層の線維芽細胞やコラーゲン繊維も代謝が減ればいつまでも古く弾力や柔軟性の無い状態です、言いかえれば結合力の低い弱いコラーゲン繊維ということです。

妊娠線だけでなく、健康で元気な赤ちゃんのため、母体のためにも適度な運動は取り入れておきましょう。

4.栄養バランスの悪い食生活

ビタミンたっぷり!

妊娠中はつわりによって好みの食事が変わってしまったり、食生活が偏ってしまう方もけっこう多いものです。

しかしそういった食生活の偏りが妊娠線の原因になっているケースあることを忘れてはいけません。

妊娠線の起こる部分、つまり表皮の奥の真皮層や皮下組織でコラーゲンが不足している場合、正常な方に比べ簡単に妊娠線ができてしまうといわれています。

つまり妊娠線予防としてコラーゲン産生に必要な栄養成分をバランス良く摂取することが大切です。

中でもコラーゲンを生成するために必須なのがビタミンCです。コラーゲンを生成するだけでなく、傷痕を消す効果やメラニン色素を破壊するといった肌に良い栄養成分の代表格ですね。

そしてもちろん皮膚組織そのものを生成するためには、良質なタンパク質も大事な栄養成分です。

タンパク質として摂取された栄養がアミノ酸として吸収されてビタミンCによってコラーゲンとして再編成されるイメージです。

こういった栄養成分を最優先で摂ることがじつは妊娠線予防には非常に効果が大きいのです。

その他の条件と予防対策のまとめ

ここまで紹介してきた妊娠線のできる条件を意識して、生活習慣を見直すことで妊娠線のできる確率はグンと減るはずですが、残念ながらそれだけでもありません。

娠線ができる条件は他にもあって、遺伝的要素や、もともとの体型だったり肌質なんかも関係してきます。

とはいえ、少しでも妊娠線のできる確率を減らすには、まずは生活習慣を見直し、1日も早く妊娠線ケア始めることです。

逆に妊娠線のできやすい肌質や体型といった方でも妊娠線ケアを怠ればあっさりと妊娠線ができるかもしれません。

少しでも妊娠線が不安な方は、結果はどうであれすぐに妊娠線ケアを始めておけば後悔しないはずですね。

以下で肉割れ・妊娠線クリームを徹底的に比較しています。購入予定の方は合せてご覧ください。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...