妊娠線クリームの選び方の考察 もっとも効果のある成分内容とは?

妊娠線をつくらない!

 

だったら1日お早く開始しておきたい妊娠線予防や妊娠線ケア。

中でも妊娠線ができるかどうかを左右する最大のポイントといえるのが『妊娠線クリーム選び』です。ここ、非常に重要です。

 

中には専用クリームを用意しとけば大丈夫っしょ・・・という甘い考えのママさんもいますが、たいていはできちゃって後悔します。

肌質との相性、継続可能な価格、配合成分など徹底的に比較して自分に合ったクリームを選んで欲しいなって思います。

 

妊娠線のできやすい部分を徹底的に保湿することができれば、クリームタイプでもオイルでもローションでも構いませんが、できれば刺激が少ないもの、保湿効果の大きなものを選んでおきたいところです。

ドラッグストアやネット通販でも各種の妊娠線クリームや妊娠線オイルが販売されていますが、お肌もニオイにも敏感な妊婦さんにとって、なかなか自分に合った妊娠線クリーム選びって難しいものです。

そこで今回は、妊娠線クリームの選びのポイント、おすすめの妊娠線クリームなんかを紹介しています。

Click→管理人が実際に試した妊娠線解消クリームの正直な感想と評価!

 

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線クリーム・オイル選びの外せないポイント

肉割れクリームって効くの?

もちろん妊娠線クリームや妊娠線オイルとして販売されている商品であれば、どの商品も妊娠線予防効果はあるはずです。

 

とはいえ値段も違えば、配合成分も様々。それだけに妊娠線の予防効果も意外と違うものです。

有名口コミサイトやマタニティ雑誌を参考に選ぶのも悪くありませんが、妊娠線クリームで大切なポイントを知っておけば選ぶ基準になるはずです。

 

好みもあるし予算もありますが、もし妊娠線クリームを選ぶときは以下のポイントに注意しておくといいですよ。

1.妊娠線予防成分がたっぷり

何はさておき、妊娠線クリームですから妊娠線を予防する成分がたっぷり配合されていることが最大の条件です。

 

妊娠線は皮膚の奥にある真皮や皮下組織が引っ張られた結果、伸縮性や弾力性が足りずに断裂してひび割れのように亀裂が入った状態です。

なので一番大切なのは真皮や皮下組織を保湿して、潤いや弾力性、伸縮性をキープすること。

 

つまり皮膚の奥まで浸透力の高いクリーム、保湿して真皮や皮下組織を柔らかくする成分が多ければ効果も大きいということ。妊娠線予防に大切な3大要素を以下にまとめておきますね。

保湿成分

妊娠線は乾燥するほどできやすい状態になってきます。まずは表皮だけでなく真皮や皮下組織といったコラーゲン繊維の部分が断裂しにくいように、奥まで届いて保湿してあげることが大事。アミノ酸などの保湿成分にこだわった妊娠線クリームなら安心です。

肌を柔らかくする成分

妊娠線クリームによっても違いますが、必ずチェックしておきたいのが肌を柔らかくする成分です。

今話題のアルガンオイルのような肌に馴染みやすく柔らかくする成分をはじめナチュラル系のオイルをたっぷり配合しているものを選んでみるのも良いかもしれません。

真皮や皮下組織を柔らかく弾力性のある状態に保つことができれば妊娠線はできません。

できれば妊娠線のでき始める7ヶ月あたりまでには、皮下組織や皮下脂肪を柔らかい状態にしておくことができれば理想的ですね。

皮膚の弾力性をサポート

真皮や皮下組織、皮下脂肪の弾力が失われた状態だと、皮膚の急激な成長のようなきっかけで簡単に断裂してしまうのです。

それだけに妊娠線クリームの力で皮膚の弾力性をサポートしておきましょう。成分としてはモイストコラーゲンや低分子コラーゲン、エラスチンサポート成分といった成分が弾力性アップにつながるといわれています。

 

2.余計なものが入っていない

あらゆるモノに敏感になっている妊婦さんだけに、低刺激で無添加のような妊娠線クリームや妊娠線オイルを選んでおきたいところです。

 

着色料や鉱物油、界面活性剤等も不使用なのはもちろん、普段は気にならない程度の香料でもつわりの時期には気持ち悪くなって使用できない方も多いようです。念のため無香料だとさらに安心かもしれません。

3.保湿力が持続する

毎日しっかりと保湿するといっても、できるだけ保湿が持続してくれた方が効果も大きいし、塗る手間も省けるというもの。

 

妊娠線クリームでも妊娠線オイルでも保湿効果は十分ですが、保湿の持続性といった部分では保湿クリームの方がおすすめ。

しっかりと保湿して皮下組織や皮下脂肪を柔らかくした状態を油分でフタをすることができます。

もちろん潤いが蒸発するのを防ぐことができるので、しっかり保湿が長時間続きます。

 

よって妊娠線クリームの方は一度で済みますが、妊娠線オイルを使用する場合は、塗り込んだ後に何らかのクリームで保湿してあげる必要があるってことです。

Click→某大手口コミサイトで高評価の妊娠線を解消クリームとは?

 

妊娠線クリームは産後にも、赤ちゃんにも使えます

ニベアで治る?

妊娠線予防効果はもちろん、細かい部分にまでこだわってしまうとドラッグストアで手軽に購入できる妊娠線クリームよりも、ネット通販等で入手できる口コミや評判の良い妊娠線クリームがいいのでは?となってしまうかもしれません。

 

確かにネット通販で入手できる人気の妊娠線クリームは成分にもこだわっているので、ドラッグストアで販売されている安価な妊娠線クリームよりも予防効果も期待できるといわれています。

もちろん価格も妊娠線クリームを選ぶひとつの基準ですから、トータルで自分に合った妊娠線クリームを選ぶのが失敗しない妊娠線クリーム選びといえます。

 

普通のボディクリームと比べ、なんだか割高な感じもしてしまいますが、特殊な成分をたっぷり配合していること、もし予防しても妊娠線ができちゃった場合も使えること、そして多くは生まれてくる赤ちゃんにも使える優しいクリームです。

 

そう考えれば多少高めの妊娠線クリームをひとつ購入しておいても、決して無駄な出費ではないはずです。こちらの記事、妊娠線予防で低刺激な方法はこれ!敏感な妊婦さんでも利用できる妊娠線予防クリームも合わせて参考にしてください。