肉割れの症状や前兆とは?ストレッチマークの前触れを知って予防する

短期間での急激なダイエットやそれにともなうリバウンド、妊娠中期で徐々に体型に変化がでてきた妊婦さん、または過激なトレーニングで体型が短期間で大きく変化した方。

事情はいろいろですが肉割れのできる原因も違えば、肉割れの症状も人それぞれです。赤紫色の細い線が数多くできる方や、白っぽい凸凹のある線が数本だけできてしまった方などいろいろです。

肉割れの症状に合わせて、しっかりと予防・解消ケアを実践するのが大切ですが、それ以前に肉割れなのか微妙なケースもありますよね。

つまり、自分の症状が肉割れなのか?もし肉割れならば、どんな肉割れケアが必要なのか?といったことを知ることが肝心なんです。

今回は肉割れや妊娠線の初期段階をはじめ、できる直前の前触れや予兆、見分け方なんかをまとめておきます。

で、もし残念ながら肉割れ線や妊娠線だった場合、本気で治すなら以下のようなクリームをひとつ用意しておけば安心できますよ!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

症状からわかる肉割れの状態

まずご自分の肉割れを確認してもらって、肉割れ線が赤い線、赤紫色の細い線の方。

そのような赤みの強い肉割れ線の状態は、できてから時間の経過していない早期の肉割れ線だと判断できます。赤みの原因は真皮や皮下組織で裂けてしまった部分から細かい血管が透けて見えている状態です。

この状態を放置しておくと徐々に赤みは落ち着いて白っぽい状態になりますが、肉割れケアの面から考えると治りづらい状態ともいえます。

できれば赤紫色の肉割れ線の間に肉割れケアをスタートさせて綺麗に薄く目立たなくしておきたいところです。

で、自分の肉割れ線を確認して白っぽい線で、やや凸凹感があり肉割れ線の部分が光った感じの皮膚になっている方。この状態の肉割れ線はできてからしばらく時間が経過した肉割れといえます。

残念ながら初期の赤みのある肉割れ線よりも消すには時間が必要かもしれません。しかし根気よく肉割れケアを行うことで薄く目立たなくすることは可能です。

そもそも一度肉割れ線ができてしまった方は肉割れのできやすい肌質だと考えられます。肉割れケアでできてしまった肉割れを解消しつつ、新たにできてしまう肉割れを予防することが大切なのではないでしょうか。

初期の肉割れ線を消す方法

赤紫色の肉割れ線のような肉割れに赤みが強い場合、非常に目立つので気なるでしょうが肉割れケアの面では早期の肉割れ線なので回復しやすい肉割れだといえます。

肉割れ線も普通の切り傷や擦り傷とは出来る場所が違うだけで、結局は真皮や皮下組織で起こった傷の一種です。

ただ表皮と違って自然治癒力がとても低い場所での傷なので放置していては絶対に綺麗に消えることができないわけです。

ですので普通の傷と同じで初期の治療が大切になってきます。早期からしっかりケアできるかどうかで今後の治り具合も左右されてしまいます。もし発見した場合は1日も早く肉割れケアをスタートしておきましょう。

ターンオーバーのペースを上げることで肉割れを薄く目立たなく…

肉割れクリームって効くの?

具体的には肉割れ全般にいえることですが、肉割れがおこっている皮下組織や真皮に何らかの刺激を与えることで皮膚の組織を回復させる必要があります。

その方法が美容整形外科のレーザー治療であったり保湿クリームやマッサージであったりする違いなのです。それぞれ費用や治療にかかる期間も違ってきますので、自分に合った肉割れケアを選ぶとよいでしょう。

時間の経過した肉割れよりも治りやすい初期の肉割れ線であれば、美容整形外科でレーザー治療を行うよりも効果的な肉割れ解消クリームやマッサージによって徐々に肌質を改善させる方法でも十分に効果があるはずです。

今後の新しい肉割れを防ぐ意味でも皮下脂肪雨の多い部位、皮膚が乾燥しがちの部位を徹底的に保湿しておくことが肝心です。

時間の経過した肉割れを消す方法

できれば早期に対処したい肉割れ線ですが、部位によっては発見が遅れて時間が経過した肉割れに進行しているケースもあるでしょう。

通常できて間もない肉割れはは赤みの強い状態ですが、時間とともに白っぽく光った皮膚に変化していきます。残念ながら初期の肉割れと違い解消するまで時間はかかってしまいますが、しっかり肉割れケアすれば徐々に薄く目立たなくすることは可能です。

もしこのように時間の経過した肉割れができてしまった場合、費用が許せば美容整形外科のレーザー照射やサーマクール等の施術も候補にいれても良いかもしれません。

もちろん自宅ケアでも時間とともに肉割れは解消できるでしょうが、自分に合った医療機関を見つけることができれば想像以上に効果のあるケースもあります。

とはいえどんな施術でも多少のリスクはあるはずです。事前にリスクや費用まで検討して判断しておきましょう。(参考ページ・・・肉割れの治療にかかる費用と料金を比較)

肉割れは解消したいが予算的な制約もある場合

費用が高い・・・

もし肉割れケアにそれほどの予算をかける余裕がない場合、自宅ケアという選択肢からスタートしてみてはどうでしょうか?

自宅で肉割れケアを行う場合はそれなりに長期間の継続する根気が必要です。

具体的には最低でも1日1~2回、入浴後など皮膚が潤って柔らかい状態を狙って浸透力の高い保湿クリームを塗り込んであげる方法です。

その際に優しくマッサージしながら行うとより効果的です。

肉割れのできやすい部分は多くの場合、真皮や皮下組織が乾燥しているはずです。乾燥しているために皮膚の伸縮に対応できず断裂して亀裂が入ってしまったわけです。

なので今後の肉割れが増えないように、徹底的に保湿して水分や脂分を与えて真皮や皮下組織の弾力性を取り戻してあげることが大切なのです。

市販のボディクリームで効果が無ければ専用クリーム

2ヶ月~半年といった時間はかかりますが毎日の保湿とマッサージを続けることで時間の経過した肉割れも時間とともに薄く目立たなくなってくるはずです。

どうしても肌のターンオーバーを考えると皮膚の組織が再生するには時間のかかるものです。

肉割れケアで使用する保湿クリームは自分の肌に合ったクリームであれば、どんなクリームでも問題ありません。中には妊婦さんの場合もあるので気にならない香りの保湿クリームを選んでも良いかもしれません。相性の合ったクリームを使ってください。

また、しばらく使用して肉割れに効果が感じられなければ肉割れ解消の専用クリームを使ってみてもよいでしょう。

ドラッグストアでは見かけませんがネット通販では幾つかの肉割れ解消の専用クリームが販売されています。こういった専用クリームは効率よく真皮や皮下組織まで保湿できるように考えられているために効果が高いはずです。

Click→今日から始める肉割れのセルフケアにお勧めの商品をまとめて紹介

「痒み」は肉割れ線ができる前兆

妊娠線が痒い!

妊娠線をはじめ肉割れ線は発症する前兆がわかりにくいのも特徴で、僅かな変化を感じる人もいれば実際に症状が現れるまで全く気がつかないといった方も多いようです。

しかし妊娠線でも肉割れ線でも発症前に肉割れ線のできる付近に痒みを感じる人もいるようです。

そもそも肉割れ自体が真皮や皮下組織が乾燥している部分にできやすい性質ということもあって、肉割れのできる前後には痒みがともなう場合が多いのかもしれません。

もし「最近太ったかも?」といった体型や体重の変化を感じつつも、お腹まわりやお尻太ももあたりに痒みを感じたら、肉割れが起こるサインかもしれません。できてしまってから慌てないように念入りに保湿とマッサージを行っておきましょう。

Click→理人が実際に試した肉割れ・妊娠線解消クリーム詳細