【肉割れのできるタイミング】予防開始の時期はここ!徹底的にケアしてつくらない!

なんだか最近、お腹やお尻がやけに痒いなぁ…と感じてはいたら肉割れが!

…といった肉割れの前兆の後に肉割れが現れるケースもあれば、何の前触れ無くある日突然肉割れができてしまうケースもあります。

普段から肌の乾燥具合や痒み、そして体型の変化に気をつかっていれば肉割れができるタイミングに気がつく場合もあります。

ですが、ほとんどの方は油断している時に気がついたらできているもの…(泣)。

まだ肉割れができていない方はもちろん、すでに肉割れができてしまった方も今後に新しい肉割れを増やさないように、しっかり肉割れのできるタイミングを知って予防を心がけておきましょう!

まだ1本もできていないラッキーな方は、当面は市販のクリームで大丈夫でしょう。ですが微妙に薄っすらできてきた、完璧にできちゃった・・・という方は以下のような本気度の高いクリームでケアするといいですよ♪

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

肉割れのできるタイミングは予測できる!?

体重管理が・・・>

肉割れができるには幾つもの原因があります。ですので肉割れができるタイミングがあるとすれば、そういった肉割れの原因が運悪く重なってしまったタイミングだということです。

体型の変化が肉割れのきっかけに

まず何といっても肉割れの直接的な原因は体型の急激な変化。

そもそも体型や体重の変化無しに肉割れは起こりません。

とにかく短期間の体型の変化が起こりやすいダイエットやリバウンド、筋肉トレーニングは極力避けるようにしましょう。(妊娠中の妊娠線や成長期にできる肉割れはこちらでコントロールできないので仕方ありませんが…)

事情によりダイエットや筋肉トレーニングの必要がある方もいるでしょう。

その場合は短期間に結果を出さずに時間をかけてゆっくりと体型を変化させることで肉割れを防ぐことが可能です。ゆっくりと時間をかけて行えば真皮や皮下組織も裂けずに体型の変化に対応できるはずです。

乾燥しがちな皮下組織を柔らかく

次に肉割れができる原因として真皮や皮下組織の乾燥を挙げるころができます。

肉割れが発生する真皮や皮下組織の部分は表皮と比べてずっと分厚く柔軟性が少ない部分です。

したがって表皮は対応できるちょっとした体型の変化でもブチッと裂けて断裂しやすいわけですね。

そんな真皮や皮下組織は乾燥しているとさらに伸びづらい性質でもあるので、保湿して水分や脂分を与えることが肉割れ予防に効果的です。

とはいえ、表皮の乾燥を防ぐのと違い、皮膚の奥まで保湿することは非常に大変なことです。なんだか肉割れができそう…とギリギリのタイミングで保湿したところで大きな効果は期待できないかもしれません。

時間をかけてゆっくりと継続的な保湿を行うことが大切になってきます。

皮下脂肪が多いと肉割れになりやすい

また肉割れができやすい体質として「皮下脂肪の多い人」を挙げることができます。

女性であれば多かれ少なかれある程度の皮下脂肪はついているものです。

なのでそれほど深刻になる必要はありませんが、皮下脂肪も真皮や皮下組織のように伸びづらく伸縮性や弾力性の少ない部分です。

つまり皮下脂肪が多いとそれだけ伸縮性が無いということで肉割れができてしまうようです。

体の中でも胸(バスト)やお腹まわり、お尻太ももといった肉割れのできやすい部分を考えてみれば皮下脂肪と肉割れが大きく関係していることが分かることでしょう。

肉割れの起こるタイミングを知って予防する

運動量がね・・・

全てというわけではありませんが、肉割れはこれらの条件が重なったタイミングで発生するケースが多いようです。

ですから普段から体重の変化が大きな方、年中ダイエットやリバウンドを繰り返している方、そして肌が乾燥しがちの方や、もともと皮下脂肪の多いタイプの方は注意が必要ということですね。

これらの方はすでに肉割れの原因となる条件を持ち合わせているわけです。些細なきっかけで突然肉割れができてしまう可能性が普通の人よりも何倍も大きいといえるでしょう。

妊娠や成長期といった体型の変化は別として、毎日の運動や食事の管理である程度の体型の変化は防ぐことができるはずです。

もちろんエクササイズや食事制限によって皮下脂肪も減らすことは可能です。もちろん肉割れができやすい部分は保湿クリームやマッサージによって柔らかく伸びやすい状態をキープすることもできるはずです。(参考ページ・・・生活習慣から肉割れを解消していく)

とくに一度でも肉割れができてしまったことのある方は肉割れができやすい肌質といえますから、ちょっとした体重の増加や季節の変わり目のお肌の乾燥といったことも十分に肉割れのきっかけとなります。

肉割れの前兆が現れてから予防しても間に合いません。普段から行ってこそ効果があるのです。

Click→某大手口コミサイトで高評価の肉割れ解消グッズとは?