妊娠線と遺伝の関係を知って妊娠線を予防する

妊娠線はどこにできても嫌なもの。もちろんしっかり予防して未然に防ぐことが肝心です。

でも残念ながら、どんなに予防してもできやすい人は簡単にできてしまうのも事実…。

というのも妊娠線ができるには、もともとの体型や肌質、さらに遺伝的要素も深く関係しているためです。

つまりお母さんの体に妊娠線が残っていれば、自分にも妊娠線ができる可能性も高いということ。

遺伝的に妊娠線ができやすい方の場合、普通の人より早めに妊娠線予防を開始した方がよいのは言うまでもありません。

早い時期から以下のような効果の高い商品でケアを始め、妊娠線のできにくい肌質に変えておくといいですよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...

今回は妊娠線と遺伝的要因の関係についてまとめておきます。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線には遺伝的要素が関係している

コラーゲン再生!

妊娠線ができるかも…と不安な方は悩んでいる間にも進行する可能性のある妊娠線、とりあえずしっかりと妊娠線予防しておくべきです。

しかしそんな方が妊娠線ケアをする上で非常に参考になる研究がここ数年で大きな成果を発表しました。

妊娠線の遺伝子マーカー発見で根本的な治療方法も

遺伝子の研究機関である23andMeが、先日こんな内容を発表しました。

約34,000人の遺伝子データを研究することで、肉割れや妊娠線(医学的には線状皮膚萎縮症や皮膚伸展線条といいます)に深く関与する4つの遺伝子マーカーをある程度特定したとのこと。

つまり自分が妊娠線のできる人間かできない人間かが、遺伝子レベルでハッキリと確認できるという意味です。

現時点では医療の現場のフィードバックまで進んでいませんが、このペースで研究が進めば近い将来は医療機関で簡単に検査することも可能になるかもしれません。

現在は線状皮膚萎縮症や皮膚伸展線条を根本的に治療する方法は見つかっていません。

ただ今後の研究次第では、新しい治療方法や革命的な予防方法といったものも開発されるかもしれません。

少しでも早く開発が進んでもらいたいものですね。

自分が遺伝的に妊娠線ができやすい場合の予防法

残念ながら現時点では、妊娠線の遺伝子マーカーを検査してまで妊娠線ができるかどうかを調べることはまだ不可能です。

しかし本気で妊娠線を予防したいと考えるならば、まずはお母さんの体に妊娠線や肉割れができているか見せてもらうのも参考になります。

遺伝子マーカーといったレベルではありませんが、肌質や体型といった部分は確実に遺伝します。

妊娠線ができるかどうかを大きく左右するのが体型や肌質といえるので、それなりに参考になるかと思います。

もしお母さんの体に妊娠線や肉割れ痕が見られた場合、油断していれば自分にもできる可能性が高いといるので、予防も本格的に行った方がよいでしょう。

もしお母さんや他の家族にも妊娠線や肉割れがみられない場合は、体質的には妊娠線のできにくい家系といえるので多少は安心してもよいかもしれません。

(もちろん妊娠線予防はした方がよいですが…)

今は妊娠線ケアには素晴らしい環境

ではお母さんや家族の誰かに妊娠線や肉割れができている人がいる場合、自分にも妊娠線ができるのか…というとそんな事もありません。

確かに遺伝的には妊娠線のできやすい家系ですが、個人差も大きいのでそれほど深刻に悩む必要もありません。

またお母さんがあなたを出産した数十年前と違い、妊娠線予防の情報も簡単に入手できるし、妊娠線予防のための良い商品もたくさん販売されています。

つまり妊娠線予防の環境としてはお母さんの時代よりもずっと進歩しているはずです。

残念ながらドラッグストアでは妊娠線専用の商品といったものは数少ないですが、ネット通販等では海外製の効果の高い予防クリーム、マタニティブランドの予防クリーム、肉割れや妊娠線専門のブランドの商品と各種販売されています。

妊娠中でいろいろな準備も忙しい時期ですが、スマホやネットで比較してそのまま注文して数日以内に届く・・・というのは妊娠線予防の環境としては非常に嬉しい環境ですよね。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...

遺伝的に妊娠線ができやすい人が予防する時期と方法

肉割れ消えたぁ!

自分が遺伝的に妊娠線ができやすい場合、普通の人よりも早期に本格的な予防として妊娠線ケアを始めておきましょう。

というのも妊娠線予防の一番の目的は妊娠線のできにくい肌質に変えてあげることです。

具体的にいえば表皮の上からしっかりと保湿成分や栄養成分を浸透させコラーゲン繊維や線維芽細胞のターンオーバーを促し、断裂しやすいコラーゲン繊維から、弾力のある柔らかく強いコラーゲン繊維にシフトしてあげるわけですね。

そもそも遺伝的に妊娠線ができやすい人は・・・

  • 真皮層や皮下組織が乾燥気味
  • 皮下脂肪が厚い
  • コラーゲン繊維の結合力が弱い

そんなタイプといってよいかもしれません。そんな肌質を時間をかけて改善してあげることが一番の妊娠線ケアといえます。

妊娠6~7ヶ月目辺りから急速にお腹まわりや全身に妊娠線ができやすくなるものです。

それを見越して3~4ヶ月前から肌質改善をスタートしておきましょう。こちらの記事、肉割れは遺伝するの?しないの?も参考にどうぞ!