妊娠線の原因!ストレッチマークのできる理由とは?

妊娠線ケアを開始する前に知っておきたいこと。

それは妊娠線ができちゃう仕組みやできてしまう条件など、具体的な理由を知っておくことに他なりません。

 

仕組みや理由を知ることで、毎日の生活習慣を見直すこともできます。また今後の妊娠線を増やさないためにもスキンケアそのものを変えることだってきます。

そこで今回は、妊娠線の仕組みやできる条件、注意してもできちゃう理由なんかをご紹介しておきます。

 

理由はいいからすぐに妊娠線ケアを始めたい!って方は以下のページで、話題の妊娠線クリームをチェックしてみてください!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線の一番の原因

コラーゲン再生!

妊娠線の一番の原因はご存知の通り、大きくなったお腹に皮膚が引っ張られてしまったことです。

 

そもそも妊娠線は急激に大きくなったお腹に、皮膚の伸縮が追いつかず皮膚の奥の真皮や皮下組織がブチッと裂けてしまった状態ですから、直線的な原因はもちろんお腹が大きくなったことなのは間違いありません。

 

妊娠中は6ヶ月目あたりから急激にお腹まわり(人によっては胸、お尻、太もも等も)が大きくなってきます。

その時に皮膚の一番表面の表皮に関しては薄く伸縮性があるのでお腹の変化に対応できますが、表皮の内側の「真皮」や「皮下脂肪」は対応しきれません。

 

真皮や皮下組織は表皮に比べ厚みもあって、そもそも伸縮性が少ない部分ですのでお腹の変化に対応しきれずに裂けてしまうのが原因なんです。

 

妊娠線ができない人もいる

データ上では程度は違えど、妊婦さん全体の90%の方が何らかの妊娠線ができてしまっているようです。

ただ裏を返せば、一部の妊婦さんはお腹が大きくなったにもかかわらず妊娠線ができなかったということ。

 

つまり「お腹が大きくなることだけが原因ではない」という事でもあります。

 

ですので妊娠~出産でお腹が大きくなるのは避けることのできない事実です。それ以外の原因を知って対処しておけば妊娠線を予防できるということかもしれません。

 

もちろん妊娠線のできやすい体質の人、できにくい体質の人がいるのも確かです。

どんなに原因を知って予防していても、できてしまう人は残念ながらできてしまうといわれています。とはいえ妊娠線のできる範囲をおさえたり、妊娠線を軽くする効果があるのは間違いありません。

まずは他にも考えられる妊娠線の原因を知って、1つずつ対処しておくことが肝心ですね。

乾燥肌も原因に

肉割れ発見

急激なお腹の変化に対して妊娠線が起こってしまう大きな原因のひとつが「皮膚の乾燥」があります。

もちろんこの場合は一般的なスキンケアの「皮膚の乾燥」とは少し意味合いが違うのですが・・。

スキンケアでは皮膚の表面、いわゆる表皮の状態を指していますが妊娠線の場合、どちらかと言えば皮膚の内側です。

 

実際に妊娠線が起こっている真皮や皮下組織の乾燥を防ぐことが大切になってきます。

 

一番の目的は妊娠中に大きくなったお腹に引っ張られても、裂けてしまわず表皮と一緒に伸びるように、伸縮性や弾力性をアップさせることです。そのためにしっかりと保湿するわけですね。

 

しかし妊娠線のできやすい部位であるお腹まわりや胸(バスト)、お尻、太ももといった部位は皮膚も厚く皮下脂肪も多い部分です。

つまり妊娠線のできやすい部分は皮膚の奥まで保湿することが難しい部分だともいえるのです。

 

普段からお腹まわりやお尻、太ももといった妊娠線ができやすい部位の表皮が乾燥しがちな方は、真皮や皮下組織も乾燥しがちなタイプかもしれません。普通の方よりも念入りに保湿に気を使っておきましょう。

皮下脂肪も原因に

妊娠前から皮下脂肪の多い体質の方、つまりポッチャリ体型の方は妊娠線ができる可能性が高いといわれています。

皮下脂肪は伸びにくい性質のため、皮下脂肪が多いことは妊娠線ができやすいことに直結しているというわけです。

ただでさえ妊娠中は運動不足になりやすく、食事管理も大変になってきます。もちろん皮下脂肪は妊娠中には必要不可欠ではありますが、無駄に皮下脂肪が増えないように気を使うことも大切なことかもしれません。

 

妊娠線の原因を知って対処することが一番の予防に!

時系列

妊娠線の原因には他にもいろいろありますが、これらの原因を知って予防しておくだけで妊娠線ができずに済むかもしれません。

例えできたとしても最低限の妊娠線で済むはずです。

 

食べ過ぎや運動不足に気をつけて急激な体重の増加や体型の変化に気をつける。

妊娠中期のお腹が大きくなり始める前からしっかり妊娠線の可能性の高い部分を保湿、マッサージする。

 

ある程度の妊娠線はこういった毎日のケアで十分に防ぐことができるものです。できてしまうと消すのが大変な妊娠線だけに、しっかりと予防しておきたいですね。

 

せっかくなら保湿クリームにもこだわってみる

もちろんドラッグストアで入手できる保湿力の高いボディクリームでも、しっかり正しいマッサージ方法に注意して塗り込めば十分に効果はあるかと思います。

その他、今ではネット通販でも妊娠線の予防、解消を目的とした専用クリームもいくつも販売されています。保湿成分や浸透力の面ではそういった商品が優れているはずです。

産後にも使える商品がほとんどですのでひとつ手元に置いておけば安心かもしれませんよ。

Click→1日も早い妊娠線ケアが大切! 定番のの妊娠線を専用クリームをまとめて紹介!