肉割れが痒い!掻きむしることで悪化する肉割れ線には要注意

わざわざこのページを読んでくれているアナタはもしかすると…

無意識にお腹やバスト、お尻、太もも辺りを掻きむしっている……これって肉割れの前ぶれ?

と、お腹やお尻、太ももの強い痒みが、肉割れ・妊娠線によるものか不安でネットで調べまくっていませんでしたか?

当記事では、お腹やバスト、お尻、太ももの痒みに悩めるアナタの疑問を解消するべく、肉割れ・妊娠線の前触れや前兆である痒みや痛みを徹底解説

痒みやチリチリとした痛みを感じた場合、

  • 単なる皮膚の乾燥(または肌荒れ)
  • 表皮下の真皮層や皮下組織でゆっくりと肉割れや進行している

以上の2つのパターンがあり、もし肉割れ・妊娠線による痒みならノンビリしている時間はありません。

事実、当ブログにも『お腹まわりやお尻、太ももがむず痒いと思ったら、数日~数週間後に肉割れ線を発見!!』という方も少なくありません。

できてから後悔しないよう、痒みのある段階でやるべき肉割れケアを行ったおいた方が安心ですよ!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

肉割れが痒いからと掻きむしると肉割れを悪化させる!

上述したように、表皮の乾燥が理由の痒みであれば、そう大した問題でもありません…時期的な痒みですので数日で落ち着くはず。

それに比べ、深部で肉割れや妊娠線が進行している場合はずっと痒みが継続、慢性化する傾向があるので要注意といえるでしょう。

そもそも肉割れや妊娠線は表皮の奥の深部で起こる小さな裂傷のようなもの。

出血こそありませんが、小さな痛みは生じるもの。その小さな痛みを痒みとして感じるのが肉割れや妊娠線による痒みの原因です。

痒みの前にまず肉割れを増やさないこと!

そこで対処法としては、まず今後に新たな肉割れや妊娠線を増やさないこと。そして既にできてしまった肉割れや妊娠線に刺激を与えないこと…といえます。

その意味でも、肉割れや妊娠線が痒いからと掻きむしってしまうのは絶対に避けておくべき…。

表皮の裂傷にくらべ、自然治癒力の低い真皮層や皮下組織の傷は自力で回復するのが困難な部分です。

掻きむしる行為は、その肉割れや妊娠線の回復をさらに遅らせてしまうだけでなく、最終的な傷痕をより濃くしてしまう可能性もあるという事を知っておいて下さい。

肉割れが痒い場合の対処法とは?

では具体的に、肉割れや妊娠線が痒い場合はどう対処すれば良いのでしょうか?

僅か0.2ミリという薄い表皮の奥で起こっている肉割れや妊娠線…表皮を傷つけることは真皮層や皮下組織にもダメージを与えるのは間違いありません。

どうしても痒みがおさまらない場合、当サイトとしては「軽く叩く」「冷却材等で冷やす」といった対処法がよいかと思います。

痒みの強い部分を軽く叩くという直接的な刺激によって、一時的には痒みが消えるケースも多いですし、痒みは体温の上昇も関係しているので、冷やすことで結構な確立で痒みがおさまるものです。

もちろん痒みの起こる周辺を徹底的に保湿しておくことも大切。

敏感肌の方の場合、表皮が外的な刺激によって痒みを起こしている可能性のあるので、外部からの刺激から表皮を保護する意味でも、保湿して皮脂膜で保護しておくことも重要ですね。

真皮層や皮下組織まで浸透できる、保湿力の高いクリームやオイルで日常的にケアを行なっておけば痒みも徐々に軽減されるはずです。

こちらのページでも痒みと肉割れの関係をお伝えしています。良かったらあわせて参考にしてみてください。

痒みは肉割れの初期症状!ダイエット中にカラダが痒い時は要注意!
妊娠中またはダイエット中(その後のリバウンドも含む)の方で、もしかすると こんな強い痒みに襲われ『もしかしてこれって肉割れ・妊娠線の前触れなの?』と不安になってネットで調べていましたね! じつは何気なく無意識にお腹や...

痒い肉割れを掻きむしるとい傷痕が目立ちやすくなる理由とは?

これは肉割れや妊娠線のできる仕組みを考えてもらえば明らかです。

肉割れや妊娠線はご存知の通り、真皮層や皮下組織が体重の変化や体型の変化に対応しきれずに裂けてしまった状態。

初期の肉割れのような赤・赤紫・ピンク色の状態は、裂けてしまった傷痕が菲薄化した表皮を通して透けて見えている状態です。

つまり「掻きむしること」は、薄く伸ばされている表皮に「過剰な刺激を与えること」に他なりません。

とくに肉割れ直後はもっとも表皮に負担のかかっている時期です。刺激をおさえてターンオーバーに必要な栄養成分を与えることが肝心といえるでしょう。

肉割れ・妊娠線も場所は違えど皮膚の裂傷!だから初期治療が肝心!

そもそも傷痕というのは、できてから早期の対処が後々の傷痕を左右するといわれています。

そういった意味でも肉割れや妊娠線も起こる場所は違えど同じ傷の一種、早期に適切に対処された方が最終的な傷痕が残りにくいのは言うまでもありません。

人間の様々な感覚の中でも、我慢するのがもっとも苦痛な感覚が「痒み」だともいわれています。

痒みが起こった場合の対処法も大切ですが、痒みが生じないように予防しておくことも肝心です。市販の保湿クリームやオイル、ローションでも構いません。

1日1~2回の保湿を習慣づけることをお勧めします。もちろん浸透性の高い肉割れや妊娠線クリーム・オイルを用いれば痒みを抑えつつ、肉割れや妊娠線を解消することも十分に可能です。

白く光った凸凹した肉割れのような時間の経過した場合、解消するには非常に根気や時間がかかるといわれています。できれば適切なタイミングで利用しておきたいところですね。

普段は市販のボディクリームでケアしつつ、症状の様子が改善されない場合、明らかに悪化しているように感じたら、本気の専用クリームをひとつ用意してみるといいです。

以下のページで選び方についてまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!