【げっ!!赤・赤紫色の妊娠線を発見!】これって消えるの!?赤みのある初期の妊娠線を徹底解説

できた当初は赤・赤紫色、ピンク色、茶色っぽい(人によってはミミズ腫れのようなときも)状態で、しだいに赤みが引いて白っぽい凸凹した状態に…というのが妊娠線の一般的なパターン。

中でも初期の赤みの強い妊娠線は見た目にも目立つのでどうにかしたいですよね。

もちろん当ブログにもこれまで多くの方々から

初期の赤い妊娠線をどうにか目立たないくらいに薄くする方法を教えて欲しい!!

というお問い合わせを多数いただきましたので、今回は初期の赤みの強い妊娠線でお困りアナタの知りたい

  • 赤い妊娠線ってそもそもどんな状態なの!?
  • 赤くて目立つ妊娠線を少しでも薄く目立たなくする妊娠線のアフターケアは!?

についてわかりやすく解説していきます。

結論からいうと赤い妊娠線の状態で適切なアフターケアがなされたかどうかが最終的な妊娠線の痕を左右します!! 

赤い妊娠線を発見してショックを隠せないアナタ、必見ですよ。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

初期のピンク色・赤紫色の妊娠線に使いたい専用クリーム

もしも赤みのある妊娠線が発覚した場合、最初にやるべきことは妊娠線の状態を把握し、状況に合った妊娠線ケアをみつけること。

 

大切なのはこれ以上多くの妊娠線を増やさずに、今できた赤みのある妊娠線を薄く目立たなく改善させること・・・なのは言うまでもありません。

 

徹底的に保湿し、表皮も真皮層も伸びやすい肌質に変えてあげる一方、深部の線維芽細胞に栄養を与えて健康的な強いコラーゲン繊維を生成させることです。

栄養とマッサージ等の刺激によって、ターンオーバーを促進させることが早期解消のカギを握っています。白く治りづらい妊娠線に変化する前に以下のような専用クリームで徹底的にケアして下さいね!

プレマーム
肉割れ・妊娠線ケア用プレマームボディクリーム
価格お得な定期集中プランなら初回1800円から!!(税抜)送料無料
アピール成分独自のスリースポット方式ケアを採用(基礎+なめらか+バリア)さらに美容成分97.8%高濃度濃縮配合
使用感塗った直後からキメが整う感じでしっとり感が長続き!自然派だけどテクスチャーにもこだわってます!!
ココが凄い!180日間の満足度返金保証付き
雑誌掲載+アットコスメでの高評価
ノコア
価格定期便 12,960円/2本セット(2~3カ月分)
(※ノコアの定期便は1回から利用できます)
アピール成分ビタミンC誘導体
お肌を整えるFGF
使用感どちらかといえばゆるめでスーッと伸びる感じ、保湿力がハンパじゃない!
ココが凄い!2015、2016年度と2年連続、モンドセレクション金賞受賞
初回購入なら開封済みでも全額返金保証つき!
マタニティクリーム -AFC-
価格お得な3個セットは7500円(税抜) 送料無料!
アピール成分葉酸配合
made in Japan
使用感とても伸びがよく、あまりに馴染むので多めに塗ってしまう…というクチコミ多数。
ココが凄い!楽天ランキング第一位・総出荷個数175万個突破

妊娠線の初期症状が赤紫色の線

妊娠線は簡単にいってしまえば、お腹やお尻が大きくなったことで皮膚が引っ張られた結果、表皮の奥の真皮や皮下組織、そして皮下脂肪で起こった断裂です。

厚みのある皮下組織や皮下脂肪は表皮のように伸びやすい性質ではないので、短期間で急激に引っ張られてしまうとコラーゲン繊維が裂けてしまうのです。

 

そのコラーゲンファイバーが断裂して亀裂が入ったひび割れが表皮の上から妊娠線として現れているわけです。初期の妊娠線が赤紫色に見えるのは断裂した部分の皮膚が非常に薄いために内部の血管が透けている状態。

しかし妊娠線ケアの立場からいえば、こういった赤紫色がかった妊娠線は「治りやすい妊娠線」「消しやすい妊娠線」なのです。

 

時間が経過して白っぽくなった妊娠線、凸凹した妊娠線に比べればずっと短期間、そしてキレイに治る確率の高い妊娠線といえますからこのような状態の間に治療を始めておくべきかもしれません。

多くの場合、数ヶ月以内に赤紫色の新妊娠線は赤みが落ち着き、徐々に赤みが引いて白く光った感じの凸凹した旧妊娠線へと変化していきます。

初期に比べると目立ちにくいともいえますが、妊娠線解消の立場からみると消すのに時間のかかる妊娠線、完治しづらい妊娠線ともいえます。

できてしまった妊娠線を消す以上に予防を考える

赤紫色やピンク色の妊娠線ができてしまった人が、まず最初に注意すべきことは「できてしまった妊娠線を解消する」ことと「新たな妊娠線を予防する」ことです。

どうしても既にできてしまった妊娠線ばかりに注意がいきがちですが、

それ以上に新たに妊娠線が増えないようにケアすることも大切です。

 

というのも1か所でも妊娠線のできてしまった方は間違いなく妊娠線のできやすい状態ということ。

このまま放置していれば今後も必ずどこかに妊娠線ができてしまうはずです。ですので今後の妊娠線予防をできてしまった妊娠線のケアを同時に行っていくことを意識しましょう。

 

予防と解消を同時に行う方法といった視点で考えた場合、始めるべき妊娠線ケアは絞ることができます。

そもそも美容整形外科でのレーザー治療のような施術はできてしまった妊娠線を解消するための治療です…いわば事後対応の方法です。レーザー治療には高額な費用の上に多少のリスクがあるので、最終手段として考えておくべきかもしれませんね。

 

結局のところ、できてしまった妊娠線を解消しつつ、新たな妊娠線を予防するためには広範囲の妊娠線ケアが必要ということ。

レーザー照射やサーマクールのようなピンポイントの治療ではなく妊娠線クリームとマッサージのような対処法がベストなのです。

赤・赤紫色の妊娠線を解消する具体的な方法

では早速、今日からでも始めておきたい妊娠線ケアを具体的に説明しておきます。まずはドラッグストアでもネット通販でも構いませんが、何らかの保湿力の高いクリームやオイルを用意してください。(ローションでも可)

 

ネット通販では妊娠線専用のクリームを見つけることもできるので、面倒くさがりな方はそういった専用のクリームを用意してもよいかもしれません。もちろんそういった専用のクリームは保湿力はもちろん、浸透力、美容成分等も考えられているのでかなりの効果が期待できるでしょう。

もちろん個人の好みでオーガニック系のオイルが肌に合う方はオイルでも、そしてマタニティ・ブランドから販売されている妊娠線向けのローションタイプでも問題ありません。大切なのはブランド名や値段では決して選ばないこと。

 

大切なのは塗った時の使用感と保湿成分、そして敏感になりやすい時期ですので香りが強いのは避けた方が良いでしょう。

中には葉酸が配合していたり、肌の引き締め効果の高いシラノール誘導体といった成分を配合している商品もあるので、そこは好みで構いません。

 

毎日たっぷりと塗り込むことを考えたら高額すぎるクリームやオイル、切らしたら入手するのが大変な商品は面倒なので使用しない方が良いかと思います。

Click→妊娠線解消の定番商品は…管理人が実際に試した妊娠線解消クリームの正直な感想と評価!

 

塗るだけで満足しない、マッサージも忘れずに

よく妊娠線ケアと言いつつ、こういったクリームやオイルを塗るだけで満足している妊婦さんもいますが、実際のところ塗り込むだけでは妊娠線予防・解消の効果はそれほどではありません。

塗り込む時に妊娠線のできやすい部分をしっかりとマッサージしながら行うことでより効果が大きくなるのです。

約9割の妊婦さんが妊娠線予防を行っていたにもかかわらず、その中の半数近くの人が妊娠線ができてしまったのは、そういった妊娠線クリームを塗って満足してしまった結果なのかもしれません。

いくら保湿力、浸透力の高い妊娠線クリームだとしても、表皮の奥の真皮や皮下組織、そして皮下脂肪を柔らかく伸びやすい状態まで弾力性をアップさせるのは難しいということです。

しっかりとマッサージして外部から刺激を与えることで、より柔らかく伸びやすくしてあげることが可能になるのでしょう。

具体的な妊娠線予防のマッサージ方法はこちらの他のページに紹介していますが、ポイントはコリや疲れを解消するマッサージではないので、あくまでソフトに優しく擦るようにマッサージすることです。

円を描きながら、部位によっては決められた方向を意識して、皮膚の裂けやすい方向に沿って伸びやすい状態にもっていくのがポイントです。

※こちらに詳しくマッサージについて説明しています→妊娠線予防・解消の効果的なマッサージ方法