肉割れの赤みを消すために始めたいセルフケア!保湿とマッサージでWケア

あれだけ注意していたはずなのに、気がついたらミミズ腫れのような赤みの強い肉割れ線が!

そんな場合、慌てず冷静に対処することが肝心。

残念ながら肉割れや妊娠線といった症状の大半は、日頃の生活習慣だけに原因があるものでもありません。

生まれ持っての遺伝的な肌質、もともとの体型なんかも大きく関係しているのです。つまりどれだけ注意しても条件が揃えば簡単にできてしまうもの。

落ち込んでいる時間はありません。早めの肉割れケアが大切ですよ!

赤・赤紫・赤茶色のできたばかりの肉割れの赤みを消すには?

今後、赤い肉割れ線・妊娠線はどういった症状に進行するの?

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

赤みの強い肉割れ線の状態、範囲、または周囲に肉割れ予備軍が控えていないかチェックし、1日でも早く効果的な肉割れケアがポイント。

症状や部位、できた範囲によっては以下のような本格的な専用クリームを使った方が手っ取り早く赤みは消える可能性、大!視野に入れておきましょう。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

肉割れケアを開始する前に肉割れの仕組みと基礎知識を知っておく!

大切なのは自分に合った肉割れのセルフケア。

でもその前に、自分の体にできてしまった肉割れの現状や今後の展開を知っておくことも肝心ですよ。

参考までに、赤みの強い肉割れ線、ミミズ腫れのような肉割れ線の仕組みと、その後の展開について簡単に説明しておきますね。

巷では肉割れ線や妊娠線、ストレッチマークとよばれる症状は、医学的には線状皮膚萎縮症とよばれる症状を指しています。

表皮の奥の真皮層や皮下組織が、体型や皮下脂肪の増加によって過剰に引っ張られて裂けてしまうのが主な発症の理由といわれています。

中には肉割れと妊娠線は違う症状だと認識しているユーザーさんもいるかもしれませんが、妊娠中に発症した肉割れを総じて妊娠線と呼ぶだけで症状に違いはありません。

もちろんお腹まわりにできたものがだけが妊娠線というわけでもありません。妊娠中にできた肉割れはバストでも太ももでも妊娠線と呼んで構わないでしょう。

肉割れができる前、できてからの時系列を考える

では肉割れを時系列で考えてみましょう。

まずは肉割れの予兆や前触れです。(詳しくはこちらで解説しています 肉割れの症状や前兆とは?

発症前に表皮下で真皮層や皮下組織のコラーゲン繊維に微妙な亀裂やヒビ割れが起こった際、軽い痛みやむず痒い感覚が起こるのが一般的なパターンといわれています。

中にはまったく前兆や予兆を感じなかった…というユーザーさんもいますが、皮膚組織の感覚が敏感なタイプと鈍感なタイプでは大きく感じ方が違うのが実情といえます。

そういった予兆や前兆を感じた数日~数週間後、赤みの強い肉割れ線が表皮に現れるのが典型的な肉割れ発症のパターンといえます。

真皮層や皮下組織の亀裂やヒビ割れした部分から内部の毛細血管などが透けて赤みの強い肉割れとなって確認できるはずです。

裂けずに伸びることで対応した表皮も、過剰に伸ばされたことで菲薄化し、非常にデリケートな状態といえます。

その後、肉割れケアを行なうかどうかによって、流れは変わってきますが、基本的に赤みは一定期間で引けて徐々に菲薄化された表皮も元の厚みに戻り、白く光った感じの肉割れ痕が残るのが通常のケースといえるでしょう。

赤みが引いたことでミミズ腫れのような症状は解消されますが、亀裂やヒビ割れが生じた部分の皮膚組織は細胞密度が普通の部分とは違うため、残念ながら元通りの状態とまでは改善しないのも肉割れの特徴です。

肉割れの赤みを消すためにやるべき事って?

では次に、今回のテーマである赤みの強い肉割れ、ミミズ腫れのような肉割れについて考えてみましょう。

肉割れの赤みが強い状態やミミズ腫れのような肉割れ線といった場合、肉割れの時系列を考えてみても、できてから短期間の肉割れだと推測できますよね。

つまり、真皮層や皮下組織で亀裂や断裂が生じてから、それほど時間が経過していない状態といえます。

肉割れや妊娠線とよばれる症状も、起こった場所が表皮上でないだけで、結局のところ小さな裂傷やヒビ割れ。

表皮上と比べて自然治癒力の低い場所で起こった裂傷のようなものです。

つまり初期に適切な治療を施すことで、治療期間も短期化できるし、最終的な傷跡も綺麗に薄くなることが期待できるのです

ただし表皮上の擦り傷や切り傷と違い、直接軟膏を塗りこんだり、テープを貼ったり…といった処置ができない厄介な部分も・・・。

できるだけ浸透力の高いクリームやオイル、ローション等を用いて、表皮の上から真皮層や皮下組織にアプローチする以外に方法はありません。

最終的な手段として、美容整形外科や皮膚科でのレーザー治療といった方法もありますが、高額な費用と若干のリスクもあるので、あくまで最終手段です。

まずは浸透力が高く、強く柔らかいコラーゲン繊維を作るために必要な栄養成分を含んだクリームやオイルを塗りこんでみましょう。

Click→管理人が実際に試した肉割れ・妊娠線解消クリーム詳細

 

肉割れが赤いのを消すために始めたいマッサージ法

マッサージで肉割れを!

肉割れの赤みやミミズ腫れのような肉割れ線を少しでも早く解消したい!

そんな場合、肉割れが起こった現場である真皮層や皮下組織といった部位に刺激を与え、コラーゲン繊維の生成を活発化させるのが効果的です。

また、現状で赤みのある肉割れができている場合、肉割れのできやすい肌質や体型と判断できますから、周囲にも肉割れ予備軍が控えている可能性も否定できません。

そんな今後に現れるかもしれない肉割れを予防する意味でも、肉割れ専用クリームを塗り込むついでにマッサージを行なっておきましょう。

入浴後のようなお肌が保湿されて潤った状態、かつお肌が柔らかい状態を狙って、表皮を優しく擦る、軽く叩くようにマッサージし、肉割れ線の方向を意識して事前に伸ばすようにマッサージしてみましょう。

肉割れのできる方向、皮膚割線を意識したマッサージを!

ランゲル線実は肉割れ線や妊娠線のできる方向は、どんな方もある程度は決っているものです。

目に見えない皮膚割線(ランゲル線)とよばれる細胞分裂で生じた線に沿ってできることが分かっています。

イラストのように体の部位によって皮膚割線の方向もほぼ決っているのです。

イラストを参考に、この皮膚割線と垂直方向に伸ばすようにマッサージを行なうことで、肉割れしにくい伸びやすい皮膚組織となり、万一の肉割れでも裂けずに対応できるはずですよ。