肉割れにオロナイン軟膏は効果があるのか!?市販の軟膏やヒビケア商品の肉割れ解消効果

肉割れや妊娠線、ストレッチマークといったいわゆる皮膚伸展線条とよばれる症状は、部位や範囲、できてからの期間によって対処法も変わってきます。

 

そんな中、このページを読んでくれているということは、

とりあえず発見した肉割れをケアするのに、オロナイン軟膏って効くんかな?
オロナイン軟膏以外でも、ニベアやワセリン、ベビーローションとか使って肉割れケアできるかな?

もしかすると、このあたりが気になって、ネットでオロナイン軟膏の肉割れ解消効果を調べていませんでしたか?

 

当ページでは、そんなオロナイン軟膏を今にも塗り込んでしまいそうなアナタにむけ、オロナイン軟膏の成分や肉割れ解消の効果、

ぶっちゃけオススメなの?

このあたりを徹底調査したのでわかりやすく解説していきます。

 

結論からいいますと、もそもオロナインH軟膏には肉割れ解消成分は含まれていませんでした。なので残念ながら、肉割れ・妊娠線の解消効果はほぼゼロといえるでしょう。

 

正直、効果のない自己流の肉割れケアじゃ何年かかっても消えることはない上に、最悪は肉割れが悪化するリスクもあります。自己責任でケアするのは構いませんが、慎重に行いましょうね。

このへんの理由も詳しくお伝えしてます。早速みていきましょう!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

オロナインH軟膏はヒビ、あかぎれ、ニキビ、吹き出物のための軟膏

オロナイン軟膏

できてしまった肉割れを目立たなくしたい!

そういった気持ちで自宅にあった軟膏(オロナインH軟膏等)を塗りこんでいるユーザーさんも少なくないといわれています。

たしかに手足のヒビ、あかぎれ、ニキビや吹き出物に効果のあるオロナインH軟膏ですが、万能の薬というわけではありません。

そもそも配合成分から考えても肉割れやストレッチマークを解消するための具体的な成分は含まれていません。

残念ながら気休め程度にはなるかもしれませんが、根本的な肉割れの解消にはつながらない…と考えた方が良いかもしれませんね。(もちろん肉割れ部位の表皮に掻き傷等がある場合は効果ありますが…)

もちろんオロナインH軟膏のパッケージに記載されている効果効能をみても、その部分は明らかですね。

オロナインH軟膏の効果効能

にきび・吹出物・はたけ・やけど(かるいもの)・ひび・しもやけ・あかぎれ・きず・水虫(じゅくじゅくしていないもの)・たむし・いんきん・しらくもの改善

成分内容からも肉割れにオロナインH軟膏は向いていない!

コラーゲン再生!

ちなみにオロナインH軟膏の配合成分は、クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)をはじめ、ラウロマクロゴール 、ポリソルベート80、 硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン 自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水と記載されています。

主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液とは、いわゆる外用殺菌消毒剤とよばれる成分で、主に手指・皮膚の消毒のために用いられる成分といえます。

またラウロマクロゴールと硫酸Al/Kは止血を目的とした成分…つまり外傷の殺菌と消毒がオロナインH軟膏を使うべきシチュエーションといえますね。

ですが肉割れは真皮層と皮下組織の亀裂や断裂であって、表皮が裂ける裂傷とはいえません。そのため外傷の殺菌と消毒を目的としたオロナインH軟膏の本当の効果を発揮することができないのです。

残念ながら肉割れ解消効果に関してはオロナインH軟膏では完全に役不足といえそうですね。

じゃ、どんな成分が肉割れやストレッチマークにはいいの?

上述したような出血をともなわない肉割れやストレッチマーク。一体どんな成分なら肉割れ解消効果が高いのでしょうか?

結論からいってしまえば、「真皮層や皮下組織の保湿」と「線維芽細胞への栄養補給」がもっとも重要な成分といえます。

真皮層や皮下組織を十分に保湿して伸びやすく!

そもそも体型や体重の変化によって生じる肉割れやストレッチマーク…問題は表皮の奥の真皮層や皮下組織の柔軟性や伸縮性が乏しいことが関係しているのです。

で、柔軟性や伸縮性を左右するのが真皮層の乾燥状態なのですね。

古くなって伸縮性が失われた風船が破裂しやすいのと同様に、真皮層や皮下組織が乾燥している場合、ちょっとした刺激で亀裂や断裂が生じやすい状態…といえるのです。

そもそも皮脂腺の少ない、乾燥しがちな部位ほど肉割れができやすい…という事を考えれば納得ですね。

線維芽細胞へ栄養成分を与えてコラーゲン産生を促進!

表皮の奥の真皮層を具体的に説明しますと、網目状に広がるコラーゲン繊維を下からコイル状のエラスチン線維が支えている状態といえます。

で、そのコラーゲン繊維やエラスチン線維を生成する役割を担うのが線維芽細胞とよばれる細胞です。

本来、線維芽細胞に十分な栄養が行き届いていれば健康的な結合力の強いコラーゲン繊維が生成されるはずですが、何らかの理由で栄養成分が不足すると結合力の弱いコラーゲン繊維となってしまうのです。

つまり弾力性や柔軟性に乏しい、肉割れしやすいコラーゲン繊維といえます。なので線維芽細胞が必要としている栄養成分がたっぷり含まれたクリームやオイルが理想的といえます。

真皮層を保湿し線維芽細胞に栄養を!

肉割れクリームって効くの?

いろいろと小難しい話をしてきましたが、肉割れを解消したいのならやるべき事はシンプルです。

真皮層や皮下組織を保湿しつつ、栄養成分をたっぷりと摂取し、線維芽細胞のコラーゲン産生を活発化させること…といえるでしょう。

保湿力、浸透力の高いクリームやローション、天然オイル等を皮膚の柔らかいタイミングを狙って毎日これでもかと塗り込む!(できれば肉割れやストレッチマーク専用商品がベター♪)

Click→某口コミサイトでも評価の高い肉割れクリームはこの3つ!

そして食生活でも皮膚組織の生成に効果のあるタンパク質やビタミンCをたっぷり摂取する。でもって適度な運動を毎日の生活に取り入れる。

もちろん表皮を通してビタミンCを摂取できる肉割れクリーム等も活用し、線維芽細胞を活発化して肉割れ部位のターンオーバーを促進する!

あ、さらに本格的に肉割れケアする場合は、肉割れ解消のマッサージ等も取り入れるなんて方法もお勧めですね。

まとめ

以上、肉割れにオロナイン軟膏が効かない理由についてご紹介してきました。

中には一度できた肉割れは消えない!といわれる方もいますが、正しい時期に適切なケアを開始すれば十分に薄く目立たなくすることはじゅうぶんに可能。

あれこれ悩んでいる間にも、表皮の奥で新たな肉割れが増殖している可能性もあります。少しでも早維時期に肉割れケアを開始しできるか……このあたりがポイントですね。

ぜひ当ページがあなたの肉割れケアのお役に立てれば幸いです!