肉割れを隠す!だったら徹底的にケアして薄く目立たなくしちゃおう!

ダイエット中、あれだけ注意していたはずなのに、気がついたらお尻から太ももにかけて横に走る赤い肉割れ線が・・・!

残念ながら、そういったダイエットを原因とした肉割れの大部分は、ダイエットを開始する前の太っていた時期にできてしまったもの。

なのでダイエット中、どんなに注意したとろで避けることはできません。そこで・・・

どうにか目立つ肉割れを隠したい!と考える方が多いはず。

目立つ赤いミミズ腫れのような肉割れ・妊娠線を隠すおすすめの方法は?

できちゃった肉割れを隠さずに消し去る方法なんてあるの?

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

たしかにできたばかりの赤みの強い肉割れ線は痛々しいだけでなく、周りから目立つ状態・・・ですが隠してるだけでは肉割れの根本的な解決につながりません。

露出を控えて肉割れや妊娠線を隠したい気持ちもわかりますが、その労力や費用を治療や肉割れケアに向けた方が根本的な解決につながるというもの。

少しでも早期に治療を始めた方がより綺麗に薄く目立たなくできる肉割れだけに、一日も早く初期の肉割れケアをスタートしておきましょう!

夏までに少しでも薄く目立たなくしてしまいたい方は、以下のような本格的な専用クリームの力を借りるというのも良い選択かもしれませんね。

Click→1日も早い肉割れケアが大切!人気の肉割れ専用クリームとは?

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

肉割れを隠すことも大事だが、自宅では肉割れケアを徹底的に!

肉割れについて知識を深めることで、肉割れを予防し解消することにフォーカスし当サイト。

連日、様々な肉割れ関連の検索ワードでこられる方がいますが、中でも意外と多いのが「肉割れ 隠す方法」「肉割れ 隠すには?」といった関連ワードといえます。

たしかに初期の赤みの強い肉割れ線や、ピンク色、紫色の肉割れ線は周囲からみても相当目立つ状態。

肉割れが生じた部位の表皮に無駄な刺激を与えないためにも、しばらくの間は露出せずに隠している方が賢明といえるかもしれません。

しかし隠しているだけでは根本的な解消につながりません。放置された肉割れ線は、時間の経過とともに赤みが引き、凸凹した白く光った感じの肉割れ線に変わってしまいます。

残念ながら初期の赤みのある肉割れにくらべ、表皮や真皮層の状態が落ち着いた肉割れは、解消しづらく綺麗に完治しにくい…といった特徴もあります。

外出時には紫外線や乾燥といった無駄な刺激をさける意味で隠しておくべきですが、肉割れケアは少しでも早い時期に開始しておくべきなのは言うまでもありません。

肉割れを隠すこともセルフケアの一部でもある

肉割れ発見

そもそも肉割れのできた部位によって違いますが、一般的に露出する頻度の少ないバストやお腹周り、お尻の場合はわざわざ肉割れを隠すといった意識は必要ないはずです。

問題は毎日の生活で露出する可能性の高い肉割れですね。

例えば二の腕、ひざ裏、ふくらはぎ…といった部分は露出する頻度の高い部位で、肉割れのできやすい部位でもあります。

こういった部位に肉割れができた場合、無理に隠す必要はありませんが、冬場などの乾燥の激しい時期、春~夏にかけての紫外線の強い時期であれば長袖シャツや長ズボン、ロングスカートといった衣服で露出を控えた方が肉割れにも負担が少ないでしょう。

というのも肉割れのできるメカニズムを考えてみましょう。

肉割れは体型や体重の変化によって皮膚が伸ばされることが最大の原因といわれていますが、その大前提として表皮や真皮層の乾燥状態も深く影響しているのです。

肉割れと皮膚の乾燥の深い関係

乾燥状態の場合、保湿されて潤った皮膚組織よりも簡単に肉割れが発症するためです。

つまり肉割れ予防において保湿は大切で、少しでも乾燥状態を避けたほうが肉割れのできる確立は減るのです。

新品の輪ゴムと古くなって乾燥した輪ゴムを伸ばしてみれば結果は明らかですね。

また肉割れができた部位は、表皮が菲薄化して極限まで伸ばされた状態といえるかもしれません。その証拠に薄くなった表皮の奥に裂けた真皮層の傷跡から内部の毛細血管が透けてみているはずです。

こういった菲薄化した表皮はとってもデリケートな状態でもあります。下手な刺激を与えることで現在の肉割れ線がよりくっきり、ハッキリと進行する可能性も少なからずあるのですね。

なので急激に紫外線に晒されてしまったり、掻きむしることで肉割れそのものが悪化するケースも考えられます。

そういった意味でも刺激をさけるために隠す…という行動も肉割れケアの一貫といえるかもしれません。

最終的には隠さなくても大丈夫な状態まで改善させること!

肉割れ消えたぁ!

肉割れができてしまった原因も違えば、それ以前に肌質や体型も人それぞれ。

残念ながらどれだけの期間の肉割れケアを続ければ、他人からバレない程度に薄く目立たなくなるのか…といった部分は個人差が大きいためにこの場でなんとも伝えることはできないのが実情です。

ですが、初期のどんなに軽い肉割れでも最低3ヶ月~半年といった期間を要するのが典型的なケースだといわれています。

というのも皮膚組織のターンオーバーは一般的に30日弱だといわれています。

どんなに効果的な肉割れクリームやオイルを用いたところで、最低限として数回のターンオーバーは繰り返す必要があるためです。

もちろん上記は表皮のターンオーバーに関しての話、真皮層や皮下組織のターンオーバーは比較にならない程の期間を要します。

なので長期的な視野で肉割れケアを続ける努力がもっとも大きなポイントとなってきます。

もちろん放置したところで勝手に消えるものでもありません。

もちろん、潔く諦めて一生できた肉割れを隠し続ける…といった選択肢もひとつの方法かもしれません。

しかし時間が経過してから「やっぱりどうにかしたい…」と考え改めたところで、解消するタイミングを逃しているので綺麗に治療するのはとうてい無理・・・。

やはり肉割れを隠す一方で、初期の治りやすい状態で徹底的にケアを始めることが肉割れケアにおいて重要なポイントといえるでしょう。

以下のページでは初期の肉割れケアを解説しています。合せて参考にしてみて下さい。

痒みは肉割れの初期症状!ダイエット中にカラダが痒い時は要注意!
妊娠中またはダイエット中(その後のリバウンドも含む)の方で、もしかすると こんな強い痒みに襲われ『もしかしてこれって肉割れ・妊娠線の前触れなの?』と不安になってネットで調べていましたね! じつは何気なく無意識にお腹や...