【肉割れはなぜできる!? 】肉割れができる3つの理由を分かりやすく解説します!

当記事をご覧になっているということは……

妊娠はもちろんダイエットなど体型の変化も無し……なのになぜ肉割れが!?

と、できちゃった肉割れの原因が思い当たらず肉割れの原因を調べていたのではないでしょうか。
当記事では、そんな肉割れができた理由の思い当たらないアナタの知りたい……

  • 肉割れ・妊娠線の3つの原因
  • 肉割れができてしまったアナタのやるべきケア

を分かりやすく解説し、当ブログ一押しの肉割れケアもご紹介していきます。

肉割れのできる理由や原因を知った上で、すぐに肉割れケアを開始という方は、以下のページもご覧ください!!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

なぜ肉割れができるの? 肉割れや脂肪線のできる理由

肉割れができた場合、大部分の方はできちゃった肉割れをどうにかしようとアタフタするものですが、当ブログの意見としては、

できてしまった肉割れケア以上に、今後に控えている肉割れ予備軍をを予防する方が大切!!

だと考えています。

残念ながら、すでにできてしまった肉割れは時間をかけて目立たなくケアする以外に方法はありませんが、まだ表皮に現れていない肉割れ予備軍は、正しい肉割れケアによって予防することも十分に可能なのです。

同じ肉割れケアを行うにしても、できてしまった肉割れのケアと今後できるかもしれない肉割れのケアを比較したら、できてしまった肉割れをケアすることの方がはるかに大変なのです。

以下に詳しく肉割れのできる理由、そして肉割れができる流れを説明しておきます。自分の肉割れの進行段階を知って適切な肉割れケアを開始しておきましょう!

肉割れや脂肪線ができる理由

では早速、肉割れ・妊娠線ができる理由をご紹介します。

肉割れは正式には線状皮膚萎縮症とか皮膚線条とよばれる皮膚の症状で、妊婦さんの妊娠線も同じ線状皮膚萎縮症といえます。
肉割れができる最大の原因は体型や体重が急激に変化すること

妊娠やダイエット、リバウンドと短期間で大きな皮膚の伸びるような変化が起きた時、薄くて伸びやすい表皮はその力に対応できますが、厚く伸びにくい真皮や皮下組織は表皮のように一気に伸びることができません。
その時に真皮や皮下組織の限界を超えて引っ張られた場合に裂けて亀裂が生じます、この状態が肉割れと呼ばれるものです。

もしかしたら皆さんは、肉割れの原因は「体型や体重の変化」だけが原因となっていると誤解していませんか?

スキンケア関連の情報サイト等でも、肉割れや脂肪線は体重の変化、体型の変化によってできる症状…として片付けているケースも見受けられますが、それだけではありません。

たしかに大きな2つの理由のうちの1つなのは間違いありません。

そもそも柔らかく伸縮性の高い表皮と違い、表皮下の真皮や皮下組織は柔軟性も伸縮性も乏しい部分です。

こういった伸びづらい部位の限界をこえるスピードで太ったり、皮下脂肪が増えたりする事は肉割れの大きな理由といえます。

そういった意味でも肉割れや脂肪線のもっとも大きな理由の1つといえるでしょう。

でもダイエットやリバウンドを繰り返しても肉割れできない人は何故なの?

しかし冷静に考えて下さい。

もし仮に体型の変化や体重増加だけが肉割れのできる理由だとしたら、なぜ同じようにダイエットやリバウンドを経験しても肉割れができない人がいるのでしょうか?

同じように妊娠期にできる肉割れである妊娠線も、できる方とできない方もいます。

つまり短期間での体重増加や体型の変化は、肉割れや脂肪線の大きな理由の1つには間違いありませんが、それだけが理由ではない…ということなんですね。

その他の理由としては「もともとの体型」「遺伝的な肌質」「食生活を含めた生活習慣」といった様々な要素があるといわれています。

とくに肉割れや脂肪線のできるできないは、肌質に左右される部分が多いといわれています。

乾燥状態では伸縮性も柔軟性も乏しく裂けやすいので、保湿して柔らかく伸びづらい状態を維持することが肉割れ予防、脂肪線予防に効果があるようです。

肉割れや脂肪線ができる流れ

上記の通り、肉割れや脂肪線ができる理由は、「短期間での体型の変化と体重増加」、そして「その時の肌質が伸びやすい状態かどうか」という大きな2つといえます。

もし表皮下に隠れた肉割れや脂肪線の予備軍を予防するには、上記の2つに注意して体重管理や食生活の鋳直しを実践することをお勧めします。

また、その一方で、自分の肉割れや脂肪線の進行段階を自覚することも肝心なことかもしれません。

以下に肉割れや脂肪線のできるまでの時系列をまとめておきますのでご参考にどうぞ!

1.肉割れや脂肪線の予兆や前兆、前触れ

でも詳しく解説していますが、通常の場合は個人差もありますが表皮下での微細な痛み、または肌の奥がむず痒い感じが続くといわれています。

単なる肌荒れや湿疹のつもりで無意識的にボリボリと掻きむしっている場合、その数日後~数週間後に肉割れや脂肪線ができる可能性も十分にあります。

とくに肉割れのできやすい部位、お腹周り、腰回り、太もも、お尻、バストといった部分にそういった痒みを感じた場合は注意が必要ですね。

2.肉割れや脂肪線が表皮上に出現

肉割れや脂肪線の状態は肌質や体型によって大きく左右されます。つまりどのような状態で出現するかは個人差も多いため一概に説明はできません。

ですが大抵の場合、ミミズ腫れのようなピンク色の線が複数同時に出現するケースが多いといわれています。このピンク色は薄く伸ばされた表皮の上から伸縮性の亀裂の毛細血管が透けてみえた状態です。

中には茶色っぽい肉割れ線や赤紫色の肉割れ線の方もいますが、どちらにせよ初期の肉割れや脂肪線は赤みが強いのが特徴といえるでしょう。(参照 赤・赤紫色の肉割れは消える?)

3.表皮も真皮層も徐々に落ち着き白く凸凹した状態に

本格的に肉割れケアを実践するかどうもかも関係してきますが、通常の場合、数ヶ月~1年以内に赤みは引いて白く凸凹した線条(スジ)に変化します。

これは肉割れや脂肪線がターンオーバーを繰り返して、亀裂やヒビ割れだった部分の傷がふさがり、薄く伸ばされた表皮も他の部分のように厚みを取り戻したためです。

残念ながら一度伸ばされた肉割れ部分は、細胞の密度が他の部分とは違うので、完璧に消えることは無く、たいていは皮膚の質感に違いが残ります。(※こちらで詳しく解説しています︰白く光った肉割れ、白っぽい肉割れ線を消す

肉割れのできる理由を知ったら今度は自宅で肉割れのセルフケアを!

では肉割れや脂肪線のできる理由を知ったところで、ここからは自宅でできる肉割れや脂肪線予防、できてしまった肉割れの対処法をご紹介しておきます。

肉割れや脂肪線のケアで大切なことは、その状態に合った対処法を行うこと。

まずはご自分の体にできた肉割れや脂肪線の状態をしっかりとチェックして把握しておきましょう。

肉割れや脂肪線ができそうだが、まだ表皮上にみられない場合

このタイミングで重要なことは「体重管理」「肉割れのできやすい部位への保湿」ですね。

すでに表皮下の真皮層では亀裂や断裂、小さなヒビ割れが発生している可能性も十分にあります。

ちょっとした刺激でも簡単にブチっと大きな肉割れ線ができる確立も無くない状況といえるでしょう。

デリケートな皮膚組織に十分な保湿剤を与えて潤った柔らかい状態を維持しておきましょう。

もちろん言うまでもなく体重管理にも注意して下さい。

基本的に肉割れや脂肪線は伸ばされた事で起こるもの。痩せるタイミングで起こるものではありません。

少しでも肉割れや脂肪線のリスクを減らすために、ゆっくりと時間をかけて体重を落とすことが最高の予防法といえますね。

このタイミングで過激なダイエットは避けておきましょう。効果の早い過激なダイエットの場合、大半はリバウンドを伴います。こういったリバウンドこそ肉割れや脂肪線のできやすいタイミングなのです。

また、保湿成分の多い肉割れ予防クリームや妊娠線クリーム等を使用することで万全な予防といえますが、コスパの面を考えた場合、この時点では市販の単なる保湿剤でも十分な効果が期待できるはずですよ♪

すでに薄っすらと肉割れができた、赤みの強い肉割れが確認できる

こういった表皮上に出現した肉割れや脂肪線を発見した場合、もっとも注意して欲しいことは「とにかく早期に肉割れケアをスタートすること」といえます。

あれこれ肉割れケアに悩んで肉割れケアが遅れることは、それだけ治りづらい状態へ進行することを意味します。

あれこれ悩む前に、とりあえず何らかの肉割れケアを開始しておきましょう!

残念ながら真皮層のコラーゲン繊維に亀裂やヒビ割れが生じた状態なので、市販の保湿剤くらいでは根本的な解決にはなりません。

このタイミングで必要な成分は、今後新しい肉割れが起こらないように、そしてできてしまった肉割れを薄くするために真皮層に必要な栄養成分を補給すること。

食生活や生活習慣を見直しつつも、肉割れや妊娠線の専用クリームやオイルで必要な栄養成分を届けてあげると、より効果が大きいかもしれません。

Click→この段階で使っておきたい肉割れ・妊娠線クリームのまとめ

できてから時間が経過して赤みの引いた白い肉割れや脂肪線

肉割れや脂肪線は、早期に発見できれば比較的、短期間でキレイになるケースが多いといわれていますが、お尻や太ももの裏側、ひざ裏のように目につきづらい部位の場合、発見が遅れるケースもあります。

中には気がついた時点で、赤みが引いた白っぽい肉割れに進んでいたケースもあるでしょう。

こういった場合、まずは上記のような肉割れや妊娠線の専用クリームをまず試してみましょう。中でも肉割れや妊娠線のできた場合に効果のある「アフターケア・クリーム」とよばれるタイプがお勧めです。

一般的な予防クリームよりも、配合成分等は強く効果が大きい場合が多いと口コミサイト等でも評判なので試してみる価値は大きいかもしれません。

レーザー治療という選択肢も視野にいれる

そういったアフターケア・クリームを数ヶ月間試してみたけれど思うような効果がでない…こういった場合は、部位によっては美容整形外科や皮膚科でのレーザー治療という方法も無くはありません。

使用するレーザー機器と、自分にできた肉割れのタイプの相性が合えば非常に効果が大きく、肉割れによっては4~5回の施術でだいぶ目立たなくなるケースも多いようです。

ですが費用が20~30万以上の場合もある上、クリニック選びも難しいという面もあります。もしレーザー治療を検討する場合は、施術費用や自宅からの距離といった部分だけで選ばず、しっかりとカウンセリングした上で信頼できるクリニックを選ぶよう注意して下さい。

またレーザー治療の方法によっては、肉割れ部位が軽いやけど状態になる…といったリスクも少なからずあるといわれています。

肉割れや脂肪線の施術経験の豊富なクリニック、様々なレーザー機器を用意しているクリニックという部分も重要な判断基準といえるでしょう。(参照 肉割れをレーザー治療で消す