妊娠線治療にかかる費用は幾ら?治療法別の費用

ショックなことに、予防していたにもかかわらず妊娠線ができてしまった…。

そんな場合、妊娠線痕をできるだけ綺麗に解消するには早期に妊娠線治療を始めておくべき。

とはいえ、妊娠線治療にも美容整形外科や皮膚科といったクリニックでのレーザー治療やサーマクールによる施術もあれば、自宅で地道に保湿とマッサージを続ける治療方法もあります。

もちろん解消までの期間も費用も大きく違ってくるでしょう。そこで各治療方法にかかる費用にスポットを当ててみました。

できれば低予算で効果のある妊娠線ケアを知りたい!

各妊娠線ケアにかかる費用や治療の相場をざっくりと知りたい!

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

結果からいうと、コスパ・効果の面で、まずは以下のような本気度の高い妊娠線ケアクリームあたりがバランスがいいと思いますね。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

美容外科やクリニックでのレーザー治療

もちろん妊娠線は綺麗に解消したいでしょうが、誰だって必要以上に高額な治療費は負担したくありません。

そこで治療費別に妊娠線の解消方法を分けてみることにしました。他にも様々な方法があるかもしれませんが、以下の代表的な治療方法を参考に少し説明してみたいと思います。

  1. 美容外科やクリニックでのレーザー治療
  2. 妊娠線予防解消クリームやオイルで本格的なセルフケア
  3. ドラッグストアの保湿クリームで簡易的なセルフケア

美容外科やクリニックでのレーザー治療

レーザー治療

すべての妊娠線ケアで断トツに高額な治療方法といえるのがこちらです。

もちろんクリニックでのレーザー治療と簡単にいっても妊娠線ケアで有名なクリニックと、普通のクリニックでは料金も違うでしょうし、選ぶレーザー機器によっても倍以上に違うなんてケースもあります。

また妊娠線の状態や面積、深さといって状態も大きく関係してきますので一概にトータルの費用を計算できるわけではありません。

しかしレーザー照射の施術が1回で2~3万円(中には5万円以上も…)という事をふまえて、最低でも5~6回の施術を繰り替えす必要があることを考えたら最低限必要な費用は想像できるかもしれません。

レーザー機器にもフラクセルレーザーやクールタッチレーザー、ヤグレーザーピーリングといった種類もあり、妊娠線の状態に合わせて選択されます。

レーザー機器によってもさらに高額な治療費の可能性もあるのである程度の費用は覚悟しておきましょう。参考ページ:肉割れをレーザー治療で消す

妊娠線予防解消クリームやオイルで本格的なセルフケア

もっとも一般的な妊娠線ケアがこの治療法といえるかもしれません。

高額なレーザー治療に比べ圧倒的に安くおさえることが可能ですが、費用がかからない分、自分で強い意志をもって毎日継続していく必要があります。

実際にかかる費用は、妊娠線専用のクリームやオイルの料金の実費です。

つまり選んだ妊娠線専用クリームやオイルの料金がそのまま治療費用ということです。

平均的な妊娠線解消クリームの料金だと1ヶ月分で約6~7,000円前後ということを考えると、始めるべき時期の妊娠3~4ヶ月目からスタートし、出産までの半年間を継続した場合で3~40,000円程度が相場といえるかもしれません。

ドラッグストアで安価に売られている保湿クリームよりも高額な商品ですので、まずはお試しで少量を購入し、肌に合う場合は継続するのがポイントです。

もし効果がみられる場合はまとめ買い等で安くおさえるといった選択肢もあります。まずは以下のページで定番の商品の価格帯を比較してみるといですよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...

ドラッグストアの保湿クリームで簡易的なセルフケア

ワセリン

妊娠線治療で一番手軽、そして安価な治療方法がこちらです。

ドラッグストアで市販の保湿クリームを購入して保湿ケアを続けることで妊娠線を徐々に解消していく方法ですね。

代表的なものでは白色ワセリン(ヴァセリン)ニベア、ザーネ、ベビーオイルといった比較的どこでも購入できる商品は値段が安いことや入手のし易さがメリットといえますが、効果の面でやや疑問が残る場合もあるようです。

そもそも保湿を目的としているわけですから、保湿以外の効果は最初から期待できません。

妊娠線や肉割れ専用の商品であれば配合成分としてコラーゲン生成を促進するビタミンC誘導体や人成長ホルモンだったり、人成長ホルモン真皮や皮下組織に浸透し柔らかい状態にかえるアルガンオイルのような成分は含まれていません。

ですから値段だけで決めてしまうのは無駄に妊娠線が進行したり、治療が長引くといった時間的なリスクもあることを覚えておきたいところです。(参考ページ:薬局で売っているクリームで肉割れを目立たなくすることはできない!?

費用対効果で妊娠線の治療方法を比較

以上の3つの治療方法を比較して、もっとも費用対効果の高い(つまりコスパの高い)治療方法はどれか?

…と考えた場合、おそらく妊娠線専用クリームやオイルを用いた治療方法が優れていると個人的には感じています。

確かにレーザー治療は効果が大きい人には魅力的かもしれませんが、実際には高額な費用を払ったわりには綺麗に解消されなかった…という意見もあるのも確かです。

つまりレーザー機器との相性、施術する医師の技術と経験も大きく関係してくるのでしょう。

そういった部分を踏まえても自分で地道に肉割れ・妊娠線専用クリームでセルフケアする方が長期的にも効果が大きいといえるかもしれません。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...

そもそも効果がでて肌質がかわってくれば今後、妊娠線や肉割れのできにくい予防効果も期待できますからね。ただ三日坊主になるタイプの方には残念ながらおすすめできませんが…。