出産後の肉割れを消す!産後にできた肉割れ・妊娠腺の対処法

当ページでは、肉割れ・妊娠線ができてしまった女性の中でも……

出産後、油断していたら赤い肉割れ線のようなものが…これって妊娠線だよね?
出産してから妊娠線が!妊娠線って妊娠中だけにできる症状じゃないの?
こんな出産後になってから妊娠線ができてしまった方にむけ、原因や解消法、おすすめの妊娠線ケアなど、気になる部分をまとめています。

 

もっとも発生しやすい妊娠中期~臨月ほどでないにしろ、出産後でも条件が整えば、妊娠線は普通にできます。

出産中はしっかりと肉割れ予防を行っていたものの、出産後は油断して手を抜いてしまったことも大きな理由のひとつですね。

産後しばらくはホルモンバランスも元に戻っていない上に、お肌も乾燥しがちで皮下脂肪の多い状態なのでご注意ください。

 

詳しい妊娠線ケアは以下でお伝えしてますが、取り扱い専用のアフターケア商品なんかも駆使して、しっかりと肉割れケアを開始しておきましょう!

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

産後は出産前と同じくらい肉割れのできやすい時期

出産前は入念に肉割れ対策を行われていたのに、出産した途端、育児にばかり集中してまったく肉割れ対策を忘れてしまう

そんな新米ママさん、多いみたいです。

しかしお腹が膨らんでいる臨月にくらべ、若干の肉割れリスクが減るものの、出産前も産後もできやすい状況にそう大きく違いはありません。

というのも、肉割れのできるメカニズムを考えてみれば明らか。

確かに短期間での急激な体重の増加や体型の変化は最も大きな肉割れの原因ですが、他にも多くの理由が絡み合っています。

乾燥しがちな皮下組織であったり、柔軟性や伸縮性の乏しいこと。

また皮下脂肪が多い状態も肉割れのできる大きな原因の一つです。

つまり出産に備えて蓄えた皮下脂肪や、ホルモンバランスの乱れによって乾燥しがちなお肌は、油断をすればすぐに肉割れが出来る状態というわけですね。

当サイトでは何度もお伝えしていますが、肉割れ対策は早めにスタートし、産後少なくとも1年程度は続けておくべき対策なのです。以下のページも合わせてご覧ください。

妊娠線予防はいつから始めればいいの?妊娠線クリームを始める時期とタイミング
妊娠線の仕組みを知ることで、徹底的に妊娠線を予防しちゃおう! といったコンセプトで情報発信している当サイトですが、訪れていただく方の中でもけっこう多いのが・・・ 「妊娠線予防 いつ頃から?」といった言葉で検索されている方。 ...

産後の肉割れは出産前にできていた可能性も…!

出産前に肉割れが!

また産後に発覚した肉割れの中には、実は出産前に発生していたケースも考えられます。

臨月に近い状態で発生した肉割れの場合、お腹の下まわりや、お尻から太ももにかけての確認しづらい場所の場合、実は出産前からできていたケースも。

それについてはこちらのページ、赤・赤紫色の肉割れは消える?や、白く光った肉割れ、白っぽい肉割れ線を消すでも詳しく解説してます。

発見した時に白い線状となっていた場合それなりの時間が経過した肉割れです。なので出産前にできていた可能性を疑った方が良いかもしれません。

いずれにせよ、肉割れを解消するポイントは早期の対策!

あれこれ解消方法を探して無駄に時間を過ごすよりも、1日でも早く何らかの対策を始めてください。

当サイトでは、こちらの記事、肉割れをレーザー治療で消すや肉割れをクリームなしで治したい!専用クリームやオイルに頼らない解消法でも色々な肉割れ解消法をお伝えしていますが、予算やできてしまった肉割れのタイプにより、効果のある肉割れ解消法も変わってきます。

まずはご自分に出来てしまった肉割れの状態をしっかりと把握し、肉割れのタイプや状態、予算的にも無理のない肉割れ解消方をお選びください。

産後になってできたのが赤い肉割れの場合

前述のような白い肉割れに対し、赤い肉割れ線の場合、比較的出来て間もない肉割れです。

実際に産後になってからできてしまった肉割れという可能性が濃厚です。

とはいえ、できた直後のミミズ腫れのような赤い肉割れ線は、しっかり肉割れケアを行えばもっとも効果の出やすい肉割れでもあります。

裏を返せば、このような赤い肉割れ線の時期を逃してしまうと解消するのに多くの時間や予算が必要となります。なるべく早期に開始し、半年〜1年間程度を目安に継続的にケアを続けることをお勧めします。

 

産後は最も肉割れに注意すべきタイミング

肉割れや妊娠線について書かれた書籍やネット上の情報を見るかぎり、大半は妊娠中期から臨月までの妊娠線ケアを紹介しているだけで、産後についてはそう多く触れられていないようです。

しかし本当に肉割れ対策を徹底したければ、産後こそ最も気をつけるべき時期だと思います。

なぜなら、妊娠〜出産において一度乱れたホルモンバランスが元通りに改善されるまで、どんな方でもそれなりの期間を要します。

母体は産後、徐々にホルモンバランスが整い始めます。とはいえ個人差はありますが生理周期が落ち着きホルモンバランスが完全に元通りになるには、数ヶ月や1年近くがかかるものです。

また、授乳による睡眠不足育児による過労でストレスといったものも肌の状態を悪化させます。

肌の状態がイマイチ=肉割れ危険信号!

結果、肉割れや妊娠線のみならず、シミや肌荒れといったものも頻発するのが産後のこの時期なんですね。

こちらの記事、肉割れは保湿だけで治らない!? できてしまった肉割れと妊娠線の徹底ケア!でもお伝えしていますが、お肌の乾燥状態と肉割れや妊娠線は密接に関係しています。

表皮が乾燥しているということは、その奥に位置する真皮層も乾燥し柔軟性や伸縮性が乏しい状態です。

つまりちょっとした刺激でも、網目状に広がるコラーゲン繊維に亀裂や断熱が生じやすい状態なのです。

しっかりと浸透力の高い保湿クリームやボディオイル等で肉割れのできやすい部位を重点的に保湿しておいてください。

Click→効果とコスパで選ぶ肉割れ専用クリームを比較してみた!

そういった意味でも、生理周期が落ち着きホルモンバランスが整うまでは肉割れや妊娠線のもっとも注意しておきたい時期だといえますね。

産後は運動不足になりがちなため肉割れや妊娠線ができやすい

また、運動不足も肉割れや妊娠線の出来やすい原因のひとつです。

運動不足な状態は、基礎代謝を下げ皮下脂肪が蓄積しやすい状態に体を変化させます。

皮下脂肪が増えることで、皮膚組織も徐々に伸縮性や弾力性が失われ、肉割れや妊娠線のできやすい刺激に対して弱い皮膚組織と変わっていきます。

同じく、良質なタンパク質やビタミンC と言った皮膚組織の生成に必要な栄養素が不足することも肉割れを助長します。

真皮層のコラーゲン繊維を作り出す線維芽細胞は、ビタミンCが不足すれば十分に活動できずにコラーゲン繊維も不健康な状態になります。

出産前以上に食生活や摂取する栄養素には注意しておきたいものです。

参考までに食生活と肉割れの関係についてはこちらの記事、肉割れを消すのに効果のある食材と栄養素でも詳しくお伝えしています。併せて参考にしてみてください。

産後にできた肉割れを消す、目立たなくするには?

コラーゲン再生!

厳しい言い方になってしまいますが、結果から言うと一度できた肉割れは完全に消し去る事は不可能。

真皮層に亀裂や断絶が生じ、表非常に現れた稲妻型の線条は正常な部分とは皮膚組織の密度が違うため、完全に元通りに戻すことは皮膚移植以外の方法はありません。

なので通常の皮膚組織とは艶や皮膚感など、微妙な違いまでは消し去ることができません。

ですがターンオーバーを繰り返すことで、徐々に薄く目立たなくすることは十分に可能。

いいかえれば

肉割れを消す、目立たなくさせる=ターンオーバーを促進してあげる」

ということ。

肉割れの程度・範囲・部位・自分の肌質に合った治療法を見つけよう!

ちなみに方法としては、表皮上から皮膚組織のターンオーバーを促進させる栄養素を塗り込んであげる方法とレーザー治療により真皮層に直接的な熱刺激を与える方法が一般的な2つですね。

どちらの方が効果が大きいかは、肉割れのタイプや状態、お肌のタイプによっても違うため、治療法選びがポイントとなってきます。

ちなみにこちらの記事、肉割れの治療にかかる費用と料金を比較でも詳しく両者の違いや書く方法のメリットデメリットについては詳しくお伝えしています参考にしてみてください。

ただ、治療にかかるコストは圧倒的にクリームやオイルにある肉割れケアの方がコスパが高く、最初に選ぶ方法としてはおすすめの肉割れケアだといえるでしょう。

暫くの間、クリームやオイルにより肉割れケアを継続して効果がイマイチだった場合、全く変化が見られなかった場合は、レーザー治療に切り替えるという方も多く見られます。

いずれにせよ、時間が経過すれば治りづらくなる肉割れ。

あれこれ悩んでいるうちにどんどん治りづらい状況に・・・。

気づいたら手遅れとならないうよう、以下の専用クリームの力を借りてでも、早めの肉割れケアがカギを握っっていますよ!

妊娠線クリームはいつ頃から?理想的なセルフケアの開始時期
しっかりと保湿していたはずなのに、いつの間にかお腹まわりに赤いヒビ割れが!! 人によっては痛みや痒みをともなう妊娠線、ある程度の予兆や前触れを感じる方もいますが、予想外のタイミングで発症されるケースも・・・。 残念ながらどんなに...