妊娠線を予防・解消する食事とは?食生活から妊娠線ケア!

妊娠線を予防する、または残念ながらできてしまった妊娠線を消すためすぐ始めたい妊娠線ケア。

時間の経過して白く光った凸凹した妊娠線の場合は消すのが非常に大変ですから、なんとしても初期の段階で治療しておきましょう。

そこで普通の方であれば、妊娠線解消クリームやオイルを塗り込み保湿された状態をマッサージするという流れで妊娠線をケアするかと思います。

しかし外部からの保湿や栄養補給、手のひらでの直接の刺激といったケアと同様、食生活の見直しも妊娠線を薄く目立たなくさせる効果が大きいのです。

もちろん大前提として、効果の高い妊娠線クリームを用いて皮膚組織の状態をキープすることも大切ですが・・・。

妊娠中期~はもっとも危険な時期、以下のような専用クリームを何か一つ用意しておかれることをお勧めします。

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

食生活からコラーゲン生成をサポート

妊娠線ケアといわれると、どうしても表皮の上からのケアをイメージしがちですが、予想以上に効果が大きいのが体の中からの妊娠線ケアです。

つまり食生活を見直して、断裂してしまたtコラーゲン繊維やエラスチン線維、代謝の悪くなってしまった線維芽細胞をサポートして、健康的な強靭なコラーゲンを再生する妊娠線ケアですね。

食生活と妊娠線解消の関係

コラーゲン再生!

妊娠線ができた状態とは簡単にいえば、お腹や体がひと回り大きくなったことで0.2mmといわれる非常に薄い表皮のすぐ奥で、真皮層のコラーゲン繊維が裂けてしまった状態です。

少し突っ込んだ話になりますが、真皮層は主に基質という部分に網目状にコラーゲン繊維が走っている状態です。

そしてそのコラーゲン繊維を下からサポートしているのがゴムの5倍の強度もある伸縮性、弾力性の高いコイル状のタンパク質であるエラスチン線維といわれています。

また基質に浮かびながら基質、コラーゲン繊維、エラスチン線維を作りだし、古いコラーゲン繊維やエラスチン線維を新しいものに入れ替える役割を果たしているのが線維芽細胞(フィブロブラスト)といわれています。

つまり食生活から線維芽細胞(フィブロブラスト)、コラーゲン繊維、エラスチン線維の生成をサポートする栄養成分を意識的に多めに摂取することがポイントになってきます。

(参考:妊娠線を予防するには妊娠線の仕組みを知る!

コラーゲン食材やサプリメントの罠

ではコラーゲン繊維やエラスチン線維、線維芽細胞をサポートするなら…と思いつくのがコラーゲンを多量に含んだ食材やサプリメントです。

主にゼリー類、手羽、うなぎ、豚肉といった食材に多く含まれています。

または今ではコラーゲンに特化したサプリメントも手軽に購入できるので、安易に利用してしまいがちですが、少々注意が必要かもしれません。

そもそもコラーゲンとは一種のタンパク質で、体内に吸収される場合は他の成分と同じアミノ酸として分解されて吸収されます。

つまり残念ながらコラーゲンを多量に摂取したからといって体内のコラーゲンが豊富になるわけではありません。

安易にコラーゲンが豊富になることをイメージさせる情報が溢れていますが、本格的に妊娠線ケアを始めるならば注意しておきましょう。

コラーゲンを生成する立役者がビタミンC

ビタミンたっぷり!

ではコラーゲン食材やサプリメントより真皮層のコラーゲン繊維の強化につながる栄養成分は?といった場合、まず第一に摂るべき栄養成分がビタミンCです。

そもそもビタミンCは万能な栄養素ですが、とくに皮膚や軟骨等のコラーゲン繊維の生成を行う張本人でもあります。

また傷痕を綺麗に治す、そしてメラニン色素を破壊するといった健康な皮膚にはもっとも大切な栄養成分だといえます。

ビタミンCは皮膚組織の他にも脳や各臓器でも利用されるため、また代謝にも使われてしまうため、実際には多めに摂っても摂り過ぎということは無いともいわれています。

通常の成人の場合、100mg/日といわれていますが、非常に壊れやすく摂取量の2~3倍は摂っても構いません。

良質なタンパク質で基礎代謝をあげターンオーバーを促進

もちろんビタミンCの他にも皮膚組織をつくる原材料として良質なタンパク質も必要です。

タンパク質が不足すれば新陳代謝が低下し、そもそもコラーゲン繊維の結合力も弱くなるため。

よって、良質なタンパク質をたくさん摂取することで基礎代謝も上がり、真皮層でのターンオーバーを促進します。

結果として短期間で妊娠線の解消することが可能となるといわれています。主に肉類、魚類、卵、乳製品、大豆といった食材に多量に含まれています。

栄養バランスも注意して摂取しておく

もちろんビタミンCやタンパク質も妊娠線ケアの面では大切な栄養成分ですが、他の栄養素でも新陳代謝アップや皮膚組織の再生に効果のある栄養成分はいろいろとあるものです。

例えばビタミンAやビタミンE、亜鉛といった栄養素も皮膚のターンオーバー促進に効果が大きいといわれています。

こういった食事を通して体内からお肌のターンオーバーを促進させつつ、表皮の上から浸透力の高い保湿クリームやオイルを使う…というのが妊娠線予防・解消に理想的な方法といえます。

最近ではビタミンC誘導体やシラノール誘導体といった浸透力の高い成分たっぷりの妊娠線専用クリームも出回っているので試してみる価値があるかもしれませんね。

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...