妊娠線はジョンソン・ベビーオイルで予防できるのか!?

妊娠線の正しい知識を身につけて妊娠線を予防する。

万が一できてしまった場合は早急に解消する。

そんな妊娠線や肉割れ解消にフォーカスした当サイト。

当サイトには連日さまざまな検索ユーザーさんがこられますが、昨日「ジョンソン・ベビーオイル 妊娠線 予防」といった検索ワードを経由してこられたユーザーさんがおられました。

おそらく妊娠線ができる兆候・予兆が感じられている、もしくは妊娠中期の方で、「ジョンソン・ベビーオイルで妊娠線を予防できるのか?」と情報を探されているのかと。

ジョンソン・ベビーオイルを妊娠線予防ケアに使うことって可能?

肉割れ線や妊娠線にジョンソン・ベビーオイル、ニベアやワセリンといった市販のボディクリームは効く?

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

今回はこの辺りを中心にお話しておきます。

結果からいいますと、ごくごく初期の妊娠線予防ならいざしらず、妊娠中期~出産のような危険な時期は厳しいと思います。

もちろんジョンソン・ベビーオイルでも予防できちゃう人もいるけど、本当に予防したいなら本気度の高い以下のような専用クリームをひとつ用意した方が賢明ですよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

ジョンソン・ベビーオイルの妊娠線予防効果は?

低刺激・無着色・微香性がウリの赤ちゃんにも優しいジョンソン・ベビーオイル。

さらっとしてベタつかない塗りご心地から、大人に女性でも愛用者が多いので誰でもご存知の商品ですね。

管理人も過去に愛用していた時期がありました。何より安いのが嬉しいですね^^

 

では肝心な妊娠線の予防効果について考えてみましょう。

ジョンソン・ベビーオイルの配合成分はというと、主にミネラルオイル、酢酸トコフェロール、香料といった感じで非常にシンプルな配合成分だといえます。

まずミネラルオイル(鉱物油)が主成分ですから、ワセリンと同様、保湿効果は期待できるかと。

で、酢酸トコフェロールについては知らない方もい多いかもしれませんが、一般的な効果としてビタミンEの誘導体という効果をもっています。

具体的にいえば末梢血管の血流促進や脂質の代謝促進等の効果が酢酸トコフェロールの主な働きといえます。

つまりお肌の活性作用や血流を促す効果、ひいては日焼けによってできたシミやそばかす、にきび等の症状やしもやけやヒビ、あかぎれ等の症状にも有効な成分といも考えられます。

そういった意味では妊娠線の予防・解消に効果の大きい商品と考えることもできるでしょう。

中にはジョンソン・ベビーオイルで副作用がでる方も…

ただ注意しておきたい部分もあります。

というのもジョンソン・ベビーオイルを使用することで、けっこう多くの方が副作用を感じている部分です。

この辺りは某大手口コミサイトでも数多くの口コミが見受けられますね…。

ジョンソン・ベビーオイルを塗った部位に内出血や赤いブツブツが広がる…というのが主な副作用の症状で、おそらく管理人の経験としては「酢酸トコフェロールに対するアレルギー反応」かなあと感じています。

そもそも酢酸トコフェロールは、末梢血管の血流促進効果が大きい成分。過剰に摂取した場合は副作用が起こる成分として有名です。

もちろんジョンソン・ベビーオイルといった大手の商品ですからアレルギーテストも合格していますが、誰にでもアレルギーがでないという保証ではありません。

つまり酢酸トコフェロールとの相性の悪い方、過度な敏感肌のタイプの場合、内出血のような症状や赤い湿疹のような症状として副作用がでてしまうのでしょうね。

とはいえ、皮膚科にいって処置するほどの大袈裟な副作用というケースではなく、使用を中止すれば数日で消え去る程度の内出血や湿疹が大半なので、それほど深刻なケースではないようですね。

妊娠中の敏感な時期だけに副作用は避けたい!

で、今回のテーマである「ジョンソン・ベビーオイルで妊娠線は予防できるのか?」という話に戻します。

管理人の個人的な見解としては副作用の可能性も考えてジョンソン・ベビーオイルは避けておく方が無難なのでは…と考えています。

そもそも妊娠線ケアを行なう妊娠中期~後期といえばお肌の調子も不安定で敏感な時期…こういった時期こそ副作用の可能性のある商品は避けていおくべき。

わざわざジョンソン・ベビーオイルを使用するくらいなら、副作用の心配の少ない白色ワセリン等でケアした方が、まだ安心かなーと思いますよ。

ワセリンで妊娠線を予防・解消できるのか?市販のクリームの妊娠線予防効果!
油断しているとお腹まわりをはじめ、全身にできてしまう妊娠線・・・できちゃうと消すのが大変なだけに予防しておきたいもの。 そんな中、 こんな感じで、どうにか予算をかけずに手軽なワセリンなどで妊娠線予防・解消ができるのか...

そもそもジョンソン・ベビーオイルには妊娠線解消成分は含まれていない!

出産前に肉割れが!

まあどちらにせよ、妊娠線を根本的に解消できる成分は一切配合されていません。

あくまで初期の妊娠線予防という時期限定で使用しておいた方がいいでしょうね。

当サイトとしては妊娠3~6ヶ月目あたりの初期の妊娠線予防までは、市販の保湿系クリームや化粧水による妊娠線ケアでも充分というスタンスです。

ですが消し去るのが大変な妊娠線、妊娠中期以降となれば本格的にケアが必要といえます。やはり妊娠線の専用クリームを利用するのがベストだと考えています。

妊娠線クリームにも様々なタイプがあるので、以下の記事でしっかりと商品を比較してみてくださいね。

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...