妊娠線とお腹の出方は関係あるの?お腹の大きさと妊娠線できやすさの関係

あれだけ体重管理をしっかりと行なっていたのに、気がついたら妊娠線があちこちに…!

不思議なもので、きっちりと妊娠線予防を実践していた方にかぎって妊娠線ができてしまい、一方でまったくケアをしなかったにもかかわらず妊娠線ができない方も多いんです。

妊娠線は、妊娠中の体重や体型の変化だけでなく、もともとの体型や遺伝的な肌質といった部分も大きく左右するのです。複雑な条件が絡み合ってある日突然、できちゃうのです。

お腹の出方がすごいほど、妊娠線のできる確立って高いの?

妊娠線を絶対に予防するなら、体重管理って何kgぐらいまでにおさえておけばいいのかな?

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

厄介なことに、一度できてしまった妊娠線は放置したところで自然治癒は見込めませんし、薄く目立たなくなるまでは何年もの時間を要します。

どちらにせよ、発見したら1日でも早い妊娠線ケアがポイントとなってきます。

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

お腹の出方によって妊娠線のできる確立は変わらない!?

こういった妊娠線を予防・解消するための情報をサイトを運営しているためか、多くの方から妊娠線についての意見を求められる機会がありますが、非常に多い疑問というのが・・・

妊娠線について当サイトに多いご質問

  • 自分はお腹の出方が凄いので妊娠線ができてしまうのでは…
  • 何kgぐらいの体重増加でおさえておけば妊娠線を予防できるのか?

といった疑問や質問の数々・・・。

そこで今回は、こういった疑問や質問に対して管理人から詳しくご説明しておきます!

お腹の出方が凄いと妊娠線ができやすいのか?

体重管理が・・・

この件ついては冒頭でも少し説明しました。

お腹の出方が凄い場合もそうでない場合も、妊娠線のできる確立に大差ない…というのが管理人の見解です。

たしかにお腹の出方が凄い妊婦さんの方が、そうでない妊婦さんよりも妊娠線のできる可能性は高いのは言うまでもありません。

ですが実際にはそれ以上に、

  • 伸びやすい肌質かどうか
  • 真皮層や皮下組織のコラーゲン繊維が健康的で弾力が保たれているかどうか

という部分が大きいと思いますね。つまりできやすい体質なのか、できにくい体質なのかが大きく関係しています。(参考ページ:妊娠線ができやすい人とできにくい人

またお腹の出方というよりも、お腹が大きくなるスピードの方が大きく妊娠線に影響するのは間違いありません。

同じお腹の出方でも、数ヶ月かけて大きくなった方と、1ヶ月くらいで急激に大きくなった場合では表皮を始め真皮層にかかる負担も違うはず。

時間をかけてお腹が大きくなれば、真皮層や皮下組織も上手く対応して亀裂やヒビ割れの可能性も低いため、妊娠線のできる確立も少ないのは言うまでもありません。

何kgぐらいの体重増加なら妊娠線を予防できるのか?

残念ながらこの手の質問に関しては、なんとも答えようもない…というのが正直なところかもしれません。

というのも上述したように、妊娠線は単純に体重が何kg増えたら突然できてしまう…といった類の症状ではありません。

肌質や体型、体重増加のスピード等、様々な変化が絡み合って亀裂や断裂となって現れるのです。

妊婦さんの中には僅か5kg程度の体重増加で出産を迎えた方でも、沢山の妊娠線ができた方もいます。

一方で13kg以上も体重増加したにもかかわらず、まったく妊娠線ができなかったような方も少なくありません。

たしかにもともとの体型や肌質がまったく同じ2人であれば、なるべくしっかりと体重管理して体重増加を「おさえた方が妊娠線のできる確立は低いでしょう。

ですが実際には妊婦さん一人ひとりで体型も体質も違うもの。

また初産か二人目、三人目といった条件でも妊娠線のできる確立は変わってきます。(こちらの記事、妊娠線を絶対につくらない!予防したい人におすすめの妊娠線ケアも参考にして下さい)

どちらにしても妊娠線対策だけはやっておきたい!

ここまでの話の流れでは、

  • 残念ながら妊婦さん一人ひとりで条件が違うので何ともいえない・・・
  • どれだけ体重管理を行なってもできちゃう時はできる!完璧な妊娠線の予防なんて無理!

という感じに聞こえるかもしれません。

ですが確実に妊娠線の確立を減らす方法というものもあるので、以下に紹介しておきます。

それは体型の変化や体重増加で皮膚組織が伸ばされる前に、伸びやすく柔らかい肌質に変えておく方法です。

そもそも人間のカラダには細胞分裂の際に生じた皮膚割線(ランゲル線)とよばれる目に見えない分裂線が存在します。

この分裂線は、過剰にストレスがかかった場合、他の部分よりも裂けやすいため、一般的に妊娠線や肉割れ線はこの皮膚割線(ランゲル線)に沿ってできるとされています。

なので事前に皮膚割線(ランゲル線)の流れを知って、皮膚割線と垂直方向に伸びやすく準備しておけば、万一の体重増加や体型の変化でもそう簡単には裂けないはずですね。

(※詳しくはこちらの記事、妊娠線を予防と解消に効果のあるマッサージで解説しています)

本格的に妊娠線ケアするなら本気の妊娠線ケアクリームを用意する!

肉割れクリームって効くの?

ちなみに皮膚割線には個人差もありますが、基本的には誰でも同じように流れています。

できるだけ保湿されて柔らかい状態…例えば入浴後のようなタイミングで、上記の皮膚割線(ランゲル線)と垂直方向に伸ばすようにマッサージしながら保湿しましょう。

もちろん市販の保湿クリームやミネラルオイルでも構いません。自分がリラックスできる香りの商品を選ぶことで癒やし効果も期待できるはずです。

もちろん、より本格的に妊娠線予防を行なってみたい場合は、市販の妊娠線専用のクリームやオイルを一つ用意しても良いかもしれません。

妊娠線に特化したクリームはビタミンC誘導体化やシラノール誘導体といった線維芽細胞に必要な栄養成分を多量に含んでいます。

よってより一層効果が期待できるはずですね。妊娠線予防で効果のある商品を以下で比較しています。万が一、妊娠線ができた時にも慌てず対応できるよう、ひとつだけでも用意しておくと安心できますよ!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...