妊娠線を増やさない!本気で妊娠線を増やしたくない方にお勧めの予防対策

完璧に予防対策したつもりが、いつのまにやら妊娠線があちこちに…!

適切な妊娠線予防ケアを行なったつもりでも、お腹の赤ちゃんの成長スピードや皮下脂肪の増加するスピードによって簡単にできてしまう妊娠線。

他にも、遺伝的にできやすい肌質とそうでない肌質だったり、元々の体型といった部分も関係しているんです。

ヤバイ!これって妊娠線かも・・・これ以上増やさないためにはどうすれば?

出産後も水着を着て子供と海やプールに行きたい!だから妊娠線をつくらない!

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

しっかりと妊娠線の予防ケアを行い、防げる妊娠線はできるだけ未然に防ぐこと。そして残念ながら妊娠線や肉割れができてしまっても最小限におさえ、速やかにケアして薄く目立たな状態へ変化させる。

そんな状況に合った妊娠線ケアが肝心!

そこで早い時期から正しい妊娠線ケアを開始することが重要なんですよ。

妊娠線の症状によっては、以下のような本格的な専用クリームの力を借りなければ厳しいケースもあります。すぐに開始したい方はご参考に!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

できてしまった妊娠線よりも、妊娠線を増やさないことが肝心!

すでに表皮上に現れた妊娠線、残念ながら現代の医学でも残念ながら完璧に消し去ることはできないといわれています。

妊娠線を絶対につくらない!妊娠線防止の対策と妊娠線予防のポイント
妊娠線の予防と解消にフォーカスした当サイトに先日、妊娠線を絶対に作らない!といった検索ワードで辿り着かれた方がいました。 おそらく妊娠初期~中期の妊婦さんで「何が何でもぜーったいに妊娠線は作りたくない!!」といった気合の入った方だと推...

高額な費用や施術によるリスクを覚悟した上で、美容整形外科や皮膚科によるレーザー治療という選択肢もありますが、できた直後の妊娠線の場合、あまり現実的とはいえませんね。

そこで妊娠線の専用クリームやオイルによるセルフケアが中心となってきますが、数ヶ月~数年といった長期的なケアが必要となるのは言うまでもありません。

その一方、今後できるかもしれない妊娠線を徹底的に予防することは十分に可能。

すでに妊娠線ができた方の場合、妊娠線のできやすい体質なことは間違いありませんからね。

今後、何らかの予防対策をしないかぎり、ほぼ確実に同じような妊娠線ができることが想像できます。

もしかすると、すでに表皮下の真皮層に妊娠線の予備軍ができはじめている可能性もあるかもしれません。

そんな妊娠線予備軍が表皮に現れる前に徹底的に予防することが、できてしまった妊娠線治療以上に優先すべき妊娠線ケアの最重要項目だといえます。

妊娠線を増やさないために、もっとも重要な妊娠線ケアとは?

出産前に肉割れが!

そこで今後新たな妊娠線を増やさない…といった場合に実践すべき妊娠線ケアとはどういった内容がお勧めなのでしょうか?

この部分は妊娠線のできるメカニズムを考えれば答えはシンプルです。

そもそも妊娠線や肉割れといった症状は、皮膚組織の限界を超えたスピードで引っ張られることで発生します。

妊娠期のお腹や急激に肥満が進んだ場合をみれば納得ですね。(こちらで詳しく解説しています)

つまり皮膚組織が引っ張られることを前提として、伸びやすく裂けづらい柔軟性の高い皮膚組織にしてあげることに他なりません。

では伸縮性や柔軟性の高い皮膚組織に変えるには、一体どんな方法がベストなのでしょうか?

管理人の経験上、以下に2点が皮膚組織の改善に効果があると考えています。

妊娠期を増やさない柔らかく伸びやすい肌質に変える方法

  • 徹底的に保湿して柔らかく潤った状態に!
  • 強く裂けづらい健康的なコラーゲン繊維に作りかえる!

上記の2点をしっかりと実践しておけば、妊娠中期~臨月までのお腹の変化や皮下脂肪によるバストアップ等にも十分に対応できるはず。もちろん体重管理に失敗しても、そう簡単に妊娠線はできない皮膚組織に変わるはずです。

徹底的に保湿して柔らかく潤った状態に!

管理人のような乾燥肌タイプの方はもちろん、妊娠期に入るとホルモンバランスの影響から、誰でも乾燥しやすい状態に変化します。

表皮が乾燥しがちであれば、すぐ裏に存在する真皮層、皮下組織も高確率で乾燥しているのは容易に想像できますね。乾燥状態の皮膚は潤った皮膚組織にくらべ、ちょっとした刺激でも簡単に亀裂や断裂が生じます。

本当は妊娠線専用のクリームやオイルを使うのがベターですが、保湿だけで考えれば市販のドラッグストアに並んでいるワセリンベビーオイルのような一般的な保湿クリームでも構いません。

どんなクリームやオイルを使っているか…という部分よりも、どれだけコマメに保湿しているか…という部分が大切なことなのです。

参考までに市販の保湿クリームを用いた妊娠線ケアについてはこちらの記事を参考に。

妊娠線、市販のクリームで予防できるのか!? 薬局の商品で消せるの?
妊娠線の仕組みを知ることで、嫌な妊娠線を未然に防ぐ…。残念ながらできてしまった妊娠線をできるだけ早く綺麗に解消するのが目的の当サイト。 そんな当サイトに先日「妊娠線 予防効果 市販」という検索ワードを経由してこられたユーザーさんが。 ...

強く裂けづらい健康的なコラーゲン繊維に作りかえる!

上記のように皮膚組織をコマメに保湿する…という部分だけみれば、管理人としてはどういった保湿剤でもミネラルオイルでも一向にかまわないと思います。

しかし真皮層のコラーゲン繊維を強く健康的な状態につくりかえるには、それなりの栄養成分が必要なのは言うまでもありません。

強く健康的なコラーゲン繊維を作るには、そもそもコラーゲンを生成する真皮層の基質に浮かぶ線維芽細胞を活発化させるのがもっとも効率的なのです。

妊娠線を絶対に増やしたくない人はここに注意!

ビタミンたっぷり!

生活習慣からできることは、毎日の食生活を見直して良質なタンパク質やビタミンCを適量よりも多めに摂取しておくことです。

もし摂取量が多すぎても不要な分は排出されるので問題はありません。

同時に表皮上からビタミンCや様々な栄養成分を真皮層に届ける方法も効果が大きいかもしれません。

ネット上で販売されている妊娠線や肉割れ専用クリームの多くは、そういった線維芽細胞を活発化させる効果の大きなものも存在します。

数多く販売さえている妊娠線・肉割れクリームの中から、自分の妊娠線に合った商品を選ぶのは手間のかかることですが、逆に自分の肌質に合った妊娠線クリームをみつけることができれば妊娠線ケアは8割以上は成功したようなものです。

まずは少量ずつ購入できるクリーム。

肌質に合わなかった場合を考えて、返金保証のようなシステムを用意してくれる販売元から購入されるのがクリーム選びのポイントです。

「乾燥を避けて毎日の食生活を見直して、お肌のターンオーバーを促す食材を豊富に摂る」

当たり前といえば当たり前の内容かもしれませんが、妊娠線を増やしたくない!という方にとって、もっとも基本的かつ効果のある方法といえるんですね♪

以下は妊娠線を含めた最近の売れ線の肉割れ解消グッズです。参考までにみておくといいですよ!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...