妊娠線のできなかったタイプとは?できやすい人とできにくい人の違いはここ!

妊娠線や肉割れができやすい人とできにくい人がいるとすれば、自分はどっちだろ?

妊娠線ができやすいタイプの場合、どのあたりに注意しとけばいいのかなあ?

そんなユーザーさんを対象に役立つ情報をまとめています。

しっかりと妊娠線予防を続けていたのに、残念ながら妊娠線のできてしまう人!

反対にまったく妊娠線ケアなどしなくとも、最後まで妊娠線のできなかったなんてラッキーな方もけっこういます。

つまり妊娠線や肉割れのできやすい方とできにくい方がいるということなんですね。

一体、妊娠線のできやすい方とできにくい方ではどこが違うのでしょうか?

もし事前に、自分が妊娠線のできやすいタイプかできにくい方か知ることができれば、妊娠線ケアの本気度も違ってくるはず。

今回は妊娠線のできやすいタイプとできにくいタイプについてまとめておきます。すぐに妊娠線ケアを始めたい方は、以下のページで妊娠線ケアグッズを比較してます。参考にどうぞ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線ができなかった方はどんなタイプなのか?

妊娠線のできる人・できない人は具体的にどこが違うのでしょうか?

もともと太っている人ほど妊娠線はできやすい…という意見もあれば、反対に痩せている方ほど妊娠線ができる…という意見もみられます。

また、運動習慣のある筋肉質タイプだと妊娠線はできにくい…という意見もあれば、運動している方はできやすいなんて説もあるようです。

一体、どの意見が真実なのか!!と妊娠線ケアを始める方は余計に悩まれるかもしれません。

ですが結果からいわせてもらえば、どの説も裏付けのない都市伝説のようなもの…残念ながら妊娠線のできやすいタイプやできにくいタイプをそう簡単にタイプ分けすることはできないようです。

というのも、妊娠線のまったくできなかった方のデータをみると、肥満気味の方もいれば痩せ型もいますし、筋肉質の方もいればまったく運動習慣の無い方もいるため。

簡単にいってしまえば、妊娠線のできにくいタイプには、予想したほど共通点が多くない…ということなのです。

妊娠線ができなかった方に共通している部分とは?

出産前に肉割れが!

とはいえ、上記の妊娠線のできなかった方にも少なからず共通する部分はあるともいわれています。

つまり妊娠線のできなかった方に共通する部分が妊娠線を予防するカギを握っているのかもしれません。

以下に妊娠線のできなかった方にみられる共通する部分をまとめておきます。

  • 皮膚組織がもともと柔らかい(伸びやすい)タイプ
  • 体重管理がしっかりとできている
  • お腹の膨らみ方が想定内

こういった要素が重なると、妊娠線ができない確立が高いようですね。

裏を返せば、上記の条件を満たすことができれば妊娠線はある程度予防できる…という事でもあります。(お腹の膨らみ方についてはコントロールできませんが)以下にその理由を詳しく解説しておきます。

皮膚組織がもともと柔らかい(伸びやすい)タイプ

これは妊娠線のできるメカニズムを考えてもらえば明らかですね。

そもそも妊娠線は急激に皮膚組織が引っ張られることで、表皮下の真皮層や皮下組織の網目状に広がるコラーゲン繊維が裂けた状態です。

つまり皮下組織にもう少し柔軟性や伸縮性があれば、裂けずに伸びることで対応できるわけです。

もともと皮膚組織の柔らかいタイプの方は皮膚組織の硬いタイプの方に比べて妊娠線ができにくいといえるでしょう。

先天的に柔らかい皮膚組織の方は問題ありませんが、もともと皮下組織の硬い方の場合、少なくとも妊娠中期~臨月までの期間は柔らかい皮膚組織を維持したいものですね。

保湿クリームと毎日の妊娠線予防マッサージがポイントだといえますね!参考までに管理人の使って効果のあった商品を以下にまとめておきますね。

体重管理がしっかりとできている

妊娠中期~臨月までは出産に備えて皮下脂肪の急激に増える時期。

たしかにお腹の赤ちゃんを外部からの刺激や寒さから守るために大切な皮下脂肪ですが、必要以上に蓄えることは妊娠線の原因に他なりません。

皮下脂肪が増えることで皮下組織はより分厚くなって柔軟性は損なわれます。つまり妊娠線のできやすい状態まっしぐらです。

適正体重をキープすることが、出産だけでなく妊娠線予防の面でも重要なのです。

お腹の膨らみ方が想定内

中にはお腹が予想以上に大きく膨らんだにもかかわらず、まったく妊娠線のできなかった!

なんて方もいますが、トータルで考えてみると、やっぱり予想以上にお腹が大きくなった方には妊娠線ができちゃうケースが多いようですね。

こういった予想のできない部分だけに、どれだけお腹が大きくなって伸ばされても妊娠線ができないように準備しておくことが大切なのです。

ポイントは妊娠線のできやすいお腹まわりを中心に、お尻太ももバスト、二の腕といった部分をもれなく保湿して柔らかい皮膚組織をキープすること。

とくにお尻や裏もも等は、お腹が大きくなっってくると自分で確認しづらい部位…全身鏡を使ってコマメにチェックしつつ、保湿クリームや予防マッサージを忘れずに行っておきましょう。

商品選びはこちらからどうぞ!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...

妊娠線ができない人は特別!基本的にできると思ってケアしておく

というわけで、たしかに何も妊娠線ケアをせずとも妊娠線のできないラッキーな方もいることにはいるわけですね。

ですがこういった方は、妊娠線のできにくい各種の要件を偶然にも満たしていた相当ラッキーな方ですからね。

そういった確立に賭けてみるのも悪くありませんが、管理人としては、事前にしっかりとケアして万全を期しておいた方が良いかと思います…だってできちゃったら本当に消し去るのが大変ですからね…。

本当に妊娠線を予防したい場合、妊娠期3~4ヶ月目から臨月まで約半年間が、要注意の期間といえますが、たかだか半年間の妊娠線ケアです。

その時期にサボって、数年間も妊娠線が残ってしまうことを考えたら、ずっと楽だと思うんですけどねぇ…。

詳しい妊娠線予防については各個別ページで解説しています。以下のページを参考にしてください!

※妊娠線ケアについてはこちらのページを参考に!

妊娠線を増やさない!本気で妊娠線を増やしたくない方にお勧めの予防対策

肉割れを消す.com/post-672/”>妊娠線クリームはいつ頃から?理想的なセルフケアの開始時期妊娠線クリームの塗り方とは?妊娠線、ストレッチマーククリームの効果的な塗り方を解説