妊娠線を予防するには妊娠線の仕組みを知る!

妊婦さん全体の90%が体のどこかにできてしまうといわれている妊娠線。

大事な赤ちゃんを産んだ証明として恥ずかしいものではありませんが、女性としてはできれば予防しておきたいもの。

妊娠線とはいいますが、妊娠期にできるために妊娠線とよばれるだけで、実際には肉割れの一種です。

ただ肉割れとの大きな違いは「妊娠線はできる時期が予想できる」という部分。

つまり、できる時期が予想できるだけにしっかり予防して未然に防ぐことができるということ。

当ページでは妊娠線を予防する前に知っておくべき妊娠線の仕組みや原因を簡潔にまとめています。

結果から言いますと、妊娠線予防ケアを開始すべき時期はほぼ決まっています。この時期に効果のあるクリームやオイルでマッサージしておけば、予防確立はグーンと上がります。

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...

こういった商品をひとつ用意して万が一に備えておくことも大切だと思います。

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線は妊娠期に起こる真皮層の断裂

妊娠線が痒い!

では最初に妊娠線の原因や仕組みについて簡単に説明しておきます。

妊娠線とは分かりやすく言えば妊娠期にできる肉割れの一種。

お腹の胎児や子宮が大きくなったことで皮膚が急速に引っ張られたことで表皮の奥の真皮層に断裂や亀裂が生じた状態です。

もちろんお腹まわりが中心ですが、妊娠後期の皮下脂肪が増加によって体がふっくらしてきたことでバストやお尻、太ももといった部位にもよく見られます。

つまりお腹まわりにできた肉割れだけが妊娠線というわけではなく、妊娠期にできた肉割れを総じて妊娠線と呼びます。

妊娠線や肉割れは皮膚伸展線条という症状

そもそも医学的には妊娠線という症状などありません。

少し難しい話になりますが、皮膚の伸展方向に対して直角に生じる線条(スジ)ということから「線状皮膚萎縮症」とか「皮膚伸展線条」と呼ばれています。

残念ながら現時点では、医学的にも完璧に消し去ることは不可能。

有効な手段としてはレーザー照射やサーマクールといった美容外科や皮膚科での施術、もしくは保湿剤やマッサージを取り入れたセルフケアが中心のようです。

(こちらも合わせてご覧ください→肉割れをレーザー治療で消す

妊娠線ができる時期は妊娠6ヶ月目~10ヶ月目

時系列

では妊娠線がいつ頃発生するのか具体的にご説明しておきます。

そもそも妊娠線は真皮層の状態と、お腹まわりや全身の体型の変化によって起こるものです。

つまりお腹まわりが急激に大きくなり始める時期、皮下脂肪が急速に増える時期になると発生します。

大手マタニティ雑誌のデータでも多くは妊娠中期~後期、具体的には6ヶ月目後半~臨月までがもっとも肉割れが起こりやすい時期だと発表されています。

では妊娠6ヶ月目になって妊娠線予防を始めれば良いのでしょうか?

といえば残念ながらその時点で開始しても妊娠線を予防することはできないかもしれません。

最低でも妊娠線のでき始める2~3ヶ月前から

というのも妊娠線予防の主な目的は、お腹まわりや全身の体型の変化が起きても断裂しづらい柔らかく弾力性、伸縮性のある真皮層を作ることです。

つまり表皮の奥の真皮層のコラーゲン繊維や線維芽細胞のターンオーバーを繰り返し時間をかけて肌質を変えてあげる必要があります。

もちろん予防に使用するクリームやオイル、マッサージ方法によっても変わりますが、2~3ヶ月はかかることは覚悟しておきましょう。

そういった事を踏まえるとお腹が急速に大きくなる3ヶ月前、つまり妊娠3~4ヶ月目には妊娠線予防をスタートしておくべきかもしれません。

妊娠線予防で気をつけたい3つのポイント

不思議なもので妊娠線はどんなに予防してもできてしまう人もいれば、まったく予防もケアもせずとも何も妊娠線ができないといわれています。

というのも妊娠線はその人のもともとの肌質や遺伝的な部分も大きく関係しているからです。

できてしまったら簡単に消すことができない妊娠線だけに、確実に予防はしておくべきです。

中でも妊娠線を予防する時にもっとも気をつけたいポイントを以下にまとめておきます。

1.乾燥した皮膚は裂けやすい

妊娠中期~後期にかけてお腹まわりを中心に体がふっくらしてくることは妊婦さんにとって避けることはできません。

ですので体型の変化を予想して事前に真皮のコラーゲン繊維や線維芽細胞を保湿し、柔軟性、弾力性のある伸びやすい真皮層を作っておくことです。

しっかり保湿された皮膚は乾燥状態の皮膚にくらべずっと柔らかくハリもあって伸びやすいものです。

とくに妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンといった黄体ホルモンの影響でホルモンバランスが崩れがちです。

普段ではぷるぷる肌の人でも油断していると乾燥肌になるものです。また妊娠線のできやすい腹部、臀部、胸部は体の中でも皮脂の分泌量が少なめの部分、しっかり保湿して水分の蒸発を防いでおきましょう。

2.皮下脂肪が厚い人ほど妊娠線ができる

表皮の奥の妊娠線ができる部分、真皮と皮下組織のうちで皮下組織の多くは皮下脂肪から構成されています。

そし薄く伸びやすい表皮に比べ皮下脂肪は厚みがあって伸びづらく些細な刺激で亀裂が生じやすい部分です。

つまり皮下脂肪が増えればそれだけ妊娠線のできる可能性が高いということ。

出産に向けて赤ちゃんを保護する意味でも大切な役割を果たす皮下脂肪ですが、必要以上に皮下脂肪が多いと妊娠線の原因にもなるし健康的とはいえません。

つわりが落ち着き、過剰に食べてしまったり、バランスの悪い食生活によって必要以上に体重が増加し、皮下脂肪が増えてしまわぬよう注意しておきましょう。

3.安定期には無理のない運動を

運動量がね・・・

妊娠初期は安静が必要かもしれませんが、安定期に入った妊婦さんには適度な運動が大切です。

これは妊娠線予防の面でも同様で、毎日の無理のないウォーキングやマタニティ・ヨガといった運動によって基礎代謝をあげることができます。

基礎代謝が上がることで新陳代謝がアップし肌のターンオーバーも正常化して強いコラーゲン繊維や線維芽細胞を作ることが可能となります。

また軽い有酸素運動でも毎日継続することで脂肪を燃焼しやすい体質に変わります。

その結果、筋肉量が増えて皮下脂肪を減ることで妊娠線のできづらい強い皮膚に変わってくるはずです。

これらのポイントに注意して、少しでも早い時期にスタートすることが妊娠線予防における最重要項目。

早期に以下のような効果の高いクリームやオイルを駆使して、妊娠線のできにくい肌質に改善してあげてくださいね!

【2018年最新版】管理人も利用中!肉割れ・妊娠線クリームの定番商品を発表!
当記事では、突如としてあらわれた肉割れ・妊娠線を撃退するべく… というアナタの知りたい なぜ肉割れ・妊娠線クリームを使わないとマズいのか!?(理由) 何を基準にどうやって選べば失敗しないのか!?(選び方) ...