おへそ周り・お腹の下回りの妊娠線を予防・解消する

どんなにしっかりと妊娠線ケアを行っていてもできてしまう人もいれば、何もしないのにできない人もいるのが妊娠線…。

できてしまうと消すのが非常に大変…というか完璧に消すことはできませんから、できることなら未然に防ぎたいものですね。

 

なので理想はできる前にしっかりと予防しておくことです。とくに妊娠線ができちゃう場所で断トツに多いのがお腹の下回りとおへそ周り。

 

しっかり用心していても約8~9割の妊婦さんが何らかの妊娠線ができてしまうといわれているだけに、他の場所よりも重点的にケアしておきましょう。

幾つも必要ありませんが、何か一つでも専用クリームを用意しておけば、予防・万一できちゃった場合に慌てず対応できるはずですよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

おへそ周り、お腹周辺だけには使っておきたい妊娠線専用商品!

大きく成長する赤ちゃんによって過剰に皮膚組織が伸ばされる上、皮下脂肪も厚く乾燥しがち。

つまりおへそ周りやお腹の周辺はもっとも妊娠線のできる条件の揃った場所なんです。

 

お尻や太もも、バスト周りも妊娠線には注意が必要ですが、お腹周辺には倍以上の注意を払った方がう良いかもしれません。

中期以降だけは念のため、専用クリームがオススメ!

妊娠中期まではコスパの良い市販の保湿クリームでも構いませんが、6~7ヶ月目から出産にかけては専用クリームでしっかりと保湿と栄養成分の両面からケアしておきましょう。

もしおへそ周りやお腹周辺に妊娠線ができた場合、できるだけ早期のケアが肝心といえます。時間が経過すれば綺麗に消し去るの大変な妊娠線、まずは以下の話題の商品を少量ずつ試してお肌との相性をみてはいかがでしょうか?

ベルタ妊娠線クリーム
 ベルタ妊娠線クリーム

楽天をはじめ、大手通販サイトでも軒並み上位にランキングされている妊娠線クリームといえばベルタ妊娠線クリーム!実際にまわりのママさんにも愛用者が多いことからも、多くの方に支持されていることが伺えます。

ママさんの妊娠線を予防・解消するのはもちろん、赤ちゃんへの配慮が嬉しいベルタ妊娠線クリームはシラノール誘導体葉酸をたっぷり配合。

妊娠線を消しつつも、お腹まわりの引き締めや全体的なくすみも解消できるのが愛用者の多い理由といえるでしょう。妊娠線ケアの定番中の定番ですね!

お勧めユーザー妊娠初期~中期で計画的に妊娠線ケアを始めてみたい方、引き締めやくすみも気になる…という方
価格 ¥4,980(約1ヶ月分)  初回限定なら¥500/一個のキャンペーン中!
管理人の使用した感想使用感・妊娠線解消効果のバランスのとれたクリームと評判のベルタ妊娠線クリームは、公式サイトから注文すれば、初回に限り500円で購入可能!

まずは自分のお肌との相性を確認するのが妊娠線ケアの基本。

私の場合はお試し価格でとりあえず1ヶ月だけ様子をみてから判断しました。

ベルタ妊娠線クリームをもっと詳しく

 

ノコア

ノコア公式
他の類似商品の多くが妊娠線予防が目的という一方で、ノコアの目的は「できちゃった妊娠線・肉割れを消すこと」

それだけ妊娠線解消効果の大きなクリームなので、当然ながら某口コミサイトの妊娠線部門では高評価を獲得しているようですね。

新型ビタミンC誘導体のファンコスC-ISを配合することで、保湿成分や栄養成分をよし奥深くの真皮層まで浸透させます。

ノコアの利用者の約90%の方が1ヶ月程度で効果を感じている…というデータからも、「できるだけ短期間で妊娠線を消したい方」にお勧めできるクリームといえますね。

お勧めユーザーお腹まわりの妊娠線はもちろん、お尻・太もも・バスト・二の腕といった肉割れを全体的に解消したい…という方
価格 ¥6,980(1~1.5ヶ月分)
管理人の使用した感想妊娠線予防をメインで考えている場合、ベルタ妊娠線クリームやえAFCストレッチマーク・クリームという選択肢もありますが、くっきりとできた妊娠線を消すならノコアを選んでおきたいところ。

ぶっちゃけ「もう少し価格が安ければなぁ…」と最初は悩んだものの、実際に効果がでてきたのでまあ結果オーライかと…。

私の場合は使用して1ヶ月半程度で肌質そのものが変わってきましたね。

nocor(ノコア)についてさらに詳しく!

AFCストレッチマーククリーム

AFCストレッチマーククリーム

100人のママさんの意見をもとに、徹底的に国内生産にこだわって有効成分だけを詰め込んだのがAFCのストレッチマーク・クリームです。

もちろん赤ちゃんに優しい葉酸も配合しているし、効果は全国の産婦人科の母親学級で紹介されているクリームという事実をみれば明らか。

半年間以上は継続する妊娠線クリームだけに、ベタつかない使用感や優しいアロマの香りは嬉しい!

で、もっと嬉しいのは妊娠線クリームとしては良心的な価格…やっぱり高過ぎると継続できないですもんね…。

お勧めユーザー海外製の商品のような強い刺激やキツい匂いが苦手、できるだけ安心成分の商品がいい…という方
価格 ¥2,800(約1ヶ月分)
管理人の使用した感想 妊娠線ケアにとって大切な妊娠初期といえば、匂いに敏感な妊婦さんも多いもの。AFCのストレッチマーク・クリームは優しいビターオレンジの香りなので癒し系で気になりません。

さらに体を芯から暖めるヘスペリジンという成分も配合で冷えに困る妊婦さんにとっても嬉しい配慮。

妊娠線解消を科学的に考えて、根拠の無い成分は配合していないのも嬉しい部分。海外製の商品が苦手な方にお勧めのクリームといえるでしょう。

ストレッチマーククリームを詳しく知る!

ターンオーバーを考えて数カ月前から予防

時系列

妊娠中期、とくに7ヶ月目以降になるとお腹もどんどん大きくなって最も妊娠線のできやすい時期に入ってきます。

 

中にはそのタイミングになってから

「ヤバい!妊娠線ケアしなきゃ…」

と始める人もいますが、妊娠線ケアの視点ではもう既に手遅れかもしれません。(もちろん気がついてすぐに始めておくべきですが)

 

というのも妊娠線はお腹が大きくなって始めて現れますが、お腹が急激に大きくなったことだけが原因ではありません。

 

ホルモンバランスの関係によるコラーゲンの減少や肌質の変化による真皮や皮下組織の弾力性や伸縮性が落ちたこと、出産にむけて除々にふっくらと皮下脂肪がついてきたこと…といろいろな原因があります。

妊娠3~4ヶ月めからは妊娠線予防をスタートしておきたい

そもそも妊娠線は大きくなったお腹や体の皮膚に引っ張られた結果、表皮の奥の真皮や皮下組織、そして皮下脂肪が耐え切れずに断裂して亀裂が入った状態です。

 

つまりお腹が大きくなるタイミングのずっと前から、断裂しづらいコラーゲン繊維のためにビタミンやプロテインを意識したコラーゲンを生産しやすい食生活に気をつけたり、真皮や皮下組織をしっかりと保湿して柔らかい状態を維持しなければなりません。

 

人間の皮膚組織にはターンオーバーといった約30日程度で再生するサイクルがあるので、数回のターンオーバーを考えても、妊娠3~4ヶ月めからは妊娠線予防をスタートしておきたいところです。

 

おへそ周りとお腹の下回りは最も妊娠線のできやすい部位

妊娠線が痒い!

妊娠線は条件が合えば体中のどこにでも発生するものです。

中にはお腹まわりだけに集中して妊娠線ケアを行っている方もいますが注意しておきましょう。先ほど説明した幾つかの原因が整いやすい部位はとくに妊娠線が起きやすい部位ともいえます。

 

具体的にはお腹まわり以外には、

お尻、太もも、胸(おっぱい)、二の腕等が一般にできやすい部位といわれています。

 

もちろんその中でも断トツでできやすいのがお腹まわり。とくにおへそ周りとお腹の下回りは約8~9割の妊婦さんができてしまうといわれている部位ですのでとくに用心しておきましょう。

とくに妊娠7ヶ月目以降の大きくなったお腹はおへそより上部は確認できますが、下回りは自分では見えづらいものです。そのため保湿やマッサージも行いづらいせいか、気がついたら妊娠線ができてしまっていた…という方も多いようです。

 

具体的なおへそ周りとお腹の下回りの妊娠線ケア

マッサージで肉割れを!

基本的におへそ周りとお腹の下回りの妊娠線ケアは、徹底的に保湿して表皮の上から真皮や皮下組織まで水分を浸透させて蒸発を防ぐことです。

 

ホルモンバランスの関係からか妊娠中期にもなると潤い肌だった方も乾燥肌に変わることも多く、そういった表皮が乾燥した状態は概ね、真皮や皮下組織も乾燥している状態です。

まずは保湿に注意しましょう。

 

また保湿と同時に手のひらで優しくマッサージすることも忘れてはいけません。

保湿されることで断裂しづらい状態になった真皮や皮下組織を、さらに皮膚の拡張に耐えられるように柔らかく伸びやすい状態にマッサージしてあげましょう。

 

参考までにお腹まわりのマッサージ方法で分かりやすいものをご紹介しておきます。

この時にランゲル線(皮膚割線)という皮膚の裂けやすい方向を意識して行うとさらに効果があります。

人間の皮膚にはランゲル線といって部位によって方向は違いますが、細胞分裂で生じた分裂線があるものです。妊娠線が起こるのはランゲル線に沿って発生しやすいといわれているので、その方向に伸ばしてあげると良いでしょう。

そして臨月に近づくと大きなお腹がジャマして下回りの保湿や妊娠線の確認も大変になってきます。その時期は妊娠線が最もできやすい時期でもあります。

場合によっては旦那さんに協力してもらって妊娠線ケアを行うのもよいかもしれませんね。

1日も早く妊娠線ケアを始めることが予防・妊娠線を綺麗に消し去る最大のポイント。ぜひ当ページを参考にがっちり妊娠線ケアを実践してみてくださいね!