妊娠線のできる時期やタイミングを考える!3ヶ月前から始めておきたい妊娠線予防

妊娠線のできる一番の原因。

それはお腹が大きくなったことで、皮膚組織の張力以上に真皮層や皮下組織が引っ張られてしまうこと。

 

当然のことですが、お腹の大きくなり始める妊娠6ヶ月目辺り~臨月が、もっとも妊娠線のできやすい時期。妊娠線注意期間となります。

 

ただ注意してもらいたいのは、妊娠線はお腹まわりだけに起こるものではないということ!

 

お腹が大きくなる前から、お尻や太もも、おっぱい等、出産に向けて徐々に体型が変化しているはずです。そこで今回は妊娠線のできる時期とケアを開始すべき時期について。

 

人によっては妊娠6~7ヶ月目以前にも各所に妊娠線が現れてしまうケースもあります。できれば以下のような評判の良いクリーム等で、早めの妊娠線予防を心がけておきたいところですね。

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...
肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線のできる時期よりずっと前からスタートしておく

正直、妊婦さんの大半は、専用の妊娠線予防クリームや保湿クリームのよる妊娠線予防を行います。

 

ただ実際そういった専用商品を利用したにもかかわらず「気づいたらできちゃった…」と残念ながら妊娠線ができてしまうケースもけっこう多いようです。

 

効果の高い人気の専用クリームなのになぜでしょうか?

 

個人的には、そんな残念なパターンの多くは、妊娠線ケアを開始するのが遅すぎたのかも・・・という気がします。

 

 

妊娠線の専用クリームを使っての妊娠線予防はお腹まわりや妊娠線のできやすい部分を保湿して柔らかい状態にしてあげることがポイントです。

残念ながら妊娠線のできやすい時期までに十分な保湿が行われていないと間に合わずに妊娠線ができてしまうのです。

 

とくに妊娠線の起こる部分である皮膚の内側の真皮や皮下組織は、表皮に比べて保湿成分も浸透しづらく柔らかくなるまで時間を要します。

 

単なる表皮のスキンケアのつもりで妊娠線ケアを始めてしまうと実際に妊娠線ができる時期に間に合わないかもしれません。

肌のターンオーバーの期間を考えても、実際にお腹が大きくなり始める数ヶ月前から徐々に妊娠線ケアを始めておいた方が間違いないでしょう。

妊娠線対策で何より肝心なことは

肉割れクリームって効くの?
妊娠線対策で重要なことは早めのスタートと継続的に行うこと。

 

なるべく早く妊娠線ケアをスタートさせた方が良い事は先ほど紹介しましたが、同じように毎日しっかりと継続して塗り込むことが大切です。

 

一度でも妊娠線や肉割れ線ができたことのある人はよく知っているはずですが、一度できてしまったら本当に治すのが大変なのが妊娠線なんです。

 

やっぱりできる前に予防できればそれに越したことはないですからね。

とくに皮膚が厚く浸透しづらい部分こそ妊娠線ができやすい部分だったりするので、時間をかけて徐々に真皮や皮下組織の状態を変えてあげるしか方法はありません。

 

数日間しっかり塗り込んだ後に、数日間サボって放置していてはいつまで経っても妊娠線のできにくい肌には改善されません。

 

1日1回でも2回でも、自分で決めた予定でしっかり継続することが一番の妊娠線予防になるはずです。

 

実はできていても気がつかないケースも

また、妊娠線ができてしまっているのに気がつかずに放置してしまうケースも多いようです。

とくにお腹が大きくなるにつれお腹の下側は自分で直接確認しづらくなってきます。

お腹の上部は比較的目の届く範囲なので念入りに妊娠線ケアを行っている人が多いのですが、発見されづらい部分こそ注意が必要です。

 

他にもお尻から太ももの後ろ側なんかも全身鏡なんかを利用しないと確認しづらい部分ですよね。

 

それだけに放置されて、出産後に始めて妊娠線が何本もできていた事に気づく人もかなり多いんですよ。

 

ご存知のように、妊娠線を含めて肉割れ線全般。できてから早期の状態の方がキレイに治るといわれています。

 

妊娠線予防したにもかかわらずできてしまった場合でも、なるべく早い時期に発見して対処することが肝心なのです。

妊娠線のできやすい時期は徹底的に妊娠線ケアを

出産前に肉割れが!

そんな妊娠線ケアですが、お腹の大きさがどんどん大きくなる時期はとくに注意しておきたいですね。

 

もちろんお腹まわりも注意して欲しいのですが、この時期は同時多発的に体中で妊娠線のできやすい状態になっています。

それだけ体型に変化がでてくる時期だということです。

当然ですがホルモンバランスなども変わってくる方も多いので、これまではしっとりしていた方が急激に乾燥肌になったり肌の調子も崩れがちになってきます。

 

ですので肌の調子を見ながら乾燥状態にはとくに気をつけておきたい時期かもしれません。

もしかしたら市販の保湿クリームで妊娠線予防してきた方も、保湿が追いつかなくなってきたり、妊娠線の気配を感じる場合もあるかもしれません。

 

もしそんな時は市販の保湿クリームよりも保湿成分や浸透力にこだわった妊娠線専用のクリームに切り替えてみるのもひとつの方法です。

 

専用クリームだけあって表皮よりも真皮や皮下組織に働きかけることに重点を置いていますので効率よく妊娠線を予防できるはずです。

もちろん産後にも使えるし、生まれてくる赤ちゃんに使える商品がほとんどですので、ひとつ持っていても安心だといえますね。

Click→管理人が実際に試した妊娠線解消クリームの正直な感想と評価!