妊娠線をレーザー治療で消す場合の注意点とクリニック選び

妊娠線悔しい!!

しっかりと妊娠線予防を続けていたのに

「ううっ 気がついたら…!!」

と妊娠線ができてしまいショックな方も多いといわれています。

 

 

どんなにコマメに保湿やマッサージを続けても、遺伝的要素も大きく関係する妊娠線はできてしまう時は簡単にできてしまうもの。

そんなできてしまった妊娠線を解消する場合、おもに

  1. 美容整形外科やクリニックでのレーザー治療
  2. 時間をかけて保湿やマッサージを続ける自宅ケア

という2つの選択肢が考えられます。

 

費用やリスクの面では自宅ケアが手軽で安心ともいえますが、妊娠線の程度・範囲によっては美容整形外科やクリニックのレーザー治療が効果的なケースも…。

どちらにしても効果だけでなく、費用やリスクを考えて判断して下さい。

 

いずれにせよ、妊娠線や肉割れの最大の特長は『時間が経過するほど治りづらい』こと。なので治療方針が決まるまでも暫定的なケアは大切。

 

とりあえず以下のようなクチコミ・評判のクリームをひとつ用意しておけば安心できますよ!

【最新版】効果のある妊娠線予防・解消クリームを徹底比較
こんな風に、肉割れ・妊娠線ケアにつかうクリーム選びに悩んでいませんか? そんな女性に向け、当ページでは妊娠線予防クリーム・肉割れ解消のアフターケア・クリームを徹底調査して比較しています。ぜひクリーム選びにご活用ください。 恐...

 

肉割れケアの人気記事
肉割れケアを始める方は以下の記事もご覧ください!
ランキング第一位 話題の肉割れクリーム『プレマーム』の成分が凄すぎた!!
オススメ記事 売れ筋の肉割れクリーム3種をすべて比較してみた結果!!

妊娠線に効果のあるレーザー治療の種類と効果

コラーゲン再生!

まず妊娠線の仕組みについて簡単にお伝えします。

 

妊娠線は簡単にいえば、表皮、真皮、皮下組織といった3層から構成される皮膚の中間層の真皮やその奥の厚みのある皮下組織で起こる断裂のこと。

内部のコラーゲン繊維(膠原線維)が大きくなるお腹や体の皮膚に引っ張られた結果、弾力や伸縮の限界を超えてしまった状態なのです。

皮膚の拡張に耐え切れずに断裂してひび割れた状態ですね。

 

そもそも擦り傷や切り傷が放置していても勝手に修復されるのは表皮が自然治癒力が高い部分のためです。

残念ながら真皮や皮下組織には高い自然治癒力が無いために、妊娠線を解消するには表皮の内部の断裂部分を再生させてあげる必要があります。

美容整形外科やクリニックのレーザー照射という選択肢

レーザー治療

そこで美容整形外科やクリニックのレーザー照射を利用するのが効果的だといわれています。

レーザー照射によって皮膚の奥の真皮や皮下組織に熱刺激を与え、コラーゲンの再生や修復を促しま、凸凹を軽減させ妊娠線を目立たなくしていきます。

 

クリニックにより違いますが、レーザー機器にもフラクセルレーザーやクールタッチレーザーといった様々な種類のレーザー機器があり、妊娠線の部位、程度、範囲に応じて使い分けるのが一般的です。

 

また、さらに強力なラジオ波を利用したサーマクールという施術方法やYAGレーザーピーリングといった赤血球のヘモグロビンや血流にはたらきかけることで赤みの強い妊娠線を軽減させる方法ももあり、どちらも非常に妊娠線解消に効果が高いといわれています。

 

妊娠線を消すためのレーザー治療にかかる費用と期間

費用が高い・・・

こういった妊娠線の種類に合わせたレーザー照射やサーマクール、YAGレーザー等の施術ですが、効果が大きい一方、どうしても費用が高額になってしまうというデメリットもあります。

 

例えば平均的なクリニックでお腹まわりの妊娠線(程度にもよりますが…)を治療する場合、1回で解消できることはありませんから、通常5~6回は施術するはず。

 

 

料金もクリニックによって大きく変わってきますが、平均的な金額でも1回が2~3万円程度でしょうか、つまり最低でも15~20万円はかかってしまうのです。(もちろんサーマクールやYAGレーザー等、他の施術を行えばさらに高額です)確かに効果が大きいかもしれませんが、非常に高額な治療費がかかってしまうのです。

費用だけでなく期間も予想よりかかるものです。1回の施術の時間は20~30分程度かもしれませんが、レーザー照射にしろサーマクールにしろ皮膚に熱刺激を与える方法ですので、負担がかかります。

 

そのため施術と施術は1週間から2週間は間隔を空けるのが普通です。なので2ヶ月以上かかることも覚悟しておきましょう。

 

妊娠線をレーザー治療で治す場合のクリニック選び

時系列
また勘違いしている方もいますが、美容整形外科やクリニックでのレーザー治療やサーマクールを行ったからといって必ず妊娠線が綺麗に治るというものでもありません。

むしろ時間の経過してしまった妊娠線などは思ったほど効果を感じていない方が多いのも事実です。

そもそも妊娠線や肉割れと呼ばれる線状皮膚萎縮症という症状は、未だに医学的にも根本的な治療法が見つかっていない状況です。

 

治療といっても完璧に治すのではなく薄く目立たなくさせる方法だと考えておきましょう。

そう考えると、いきなり美容整形外科やクリニックで施術するのも悪くはありませんが、まずは自宅で地味に保湿やマッサージを行い様子をみるのが無理のない方法かもしれません。

一定期間続けてみて効果を感じなかった時に美容整形外科やクリニックを検討する方が無駄がありません。

 

そして美容整形外科やクリニックでのレーザー治療に挑戦する場合は、料金の安さやネット上の口コミといった部分で判断せずに、実際にカウンセリングを行い、信頼できる先生か?施術環境は?完備されているレーザー機器の種類は?といったことも含めて慎重に判断して下さい。

Click→レーザー治療の前にまずはセルフケア! できてしまった妊娠線をに効果のある商品一覧